「蘭学事始」

杉田玄白「蘭学事始」(全訳注:片桐一男)について。

Rangaku-kotohajime_katagiri.jpg 図書館の書棚で見つけて、「風雲児たち~蘭学革命篇」を見たあとだったので、借りて読んだ。

「蘭学事始」は、高校の国語の教科書に一部が収録されていたことは覚えているのだけれど、どの部分だったのか、おそらく冒頭ではないかと思うのだけれど、もう一つ記憶が曖昧である。

本書は、現代語訳、原文、解説からなる。現代語訳はとても読みやすい。全部読み通すのに1時間もかからない。(文庫版で70ページ)
現代語訳を読んだあと、原文も読んでみたが、書き下し文で、ルビもふられているから、こちらも、そう苦労なく読める。前述の、本書収録の教科書も現代国語のものだったのではないだろうか。
また、原文には、豊富な注(132個)が付いている。34ページもある。原文は50ページだが、大きな活字でルビもふられている。注のフォントサイズは小さいから、実量としては注のほうが多いだろう。

現代語訳
蘭学事始上の巻
蘭学事始下の巻
原文
長崎本『蘭東事始』凡例
蘭東事始上之巻
蘭東事始下之巻
解説
一 『蘭学事始』執筆の目的と著作の意義
二 「蘭学事始」「蘭東事始」「和蘭事始」
三 底本「蘭東事始」
四 古写本とその分類
五 杉田玄白の著作
六 蘭学事始附記
七 杉田氏略系図
八 記念碑・史跡・墓地
九 『蘭学事始』に関するおもな参考文献
 
あとがき
『蘭学事始』年表
件のドラマでも、ネタに面白く使われていた「フルヘッヘンド」については、解説ではなく、注に記載があった。
「フルヘッヘンド」を「堆し」(うずたかし)と訳すくだりは、訳語をあてる苦労の代表例として有名な個所であるわけだけれど、それだけでなく、原文で10行もあって、玄白の得意な様子がうかがわれる。
ところが、近年の研究で、ターヘル・アナトミアにはその語自体が見当たらないということで、さらに有名になったといういわくつきの場所である。
本書では次のように注が付されている。

(82)フルヘッヘンドせし物 玄白が例にあげた鼻の個所に該当する記述を原書に探しても「フルヘッヘンド」という発音に当たる文字はみえない。しいていえば附図のXIにみえる鼻の解剖につけられたa印に対応する本文aのところにみえる文、a Dorsum, de rug, naamentlyk de verhevene langte der Neus. のうちのverheveneを指すということになろう。意は「盛り上がった」である。玄白の老齢故の記憶違いかと思われる。

本書のように老齢に帰するのが妥当なところかもしれないが、なかにはこれを玄白の創作と見る向きもあるようだ。私は、むしろ玄白がその後、オランダ語の習熟度を上げた、その結果、単語の派生関係なども理解するようになって、親縁の語を取り違えるに至ったのではないかと想像する。
なお、ネットのオランダ語辞書で、verhevene(verheven)を調べると、その例文中に、verhevenheidという語が見いだせる。

ドラマで前野良沢が一節切を吹くシーンがあったが、みなもと太郎の原作では特にこれには触れられていないが、「蘭学事始」には、そのことが書かれている。
此良沢といへる男も天然の奇士にてありしなり。専ら医業を励ミ東洞の流法を信じて其業を勤め、遊芸にても、世にすたりし一重切を稽古して其秘曲を極め、又をかしきハ、猿若狂言の会ありと聞て、これも稽古に通ひし事もありたり。

三谷幸喜氏は、原作をドラマ化するにあたって、そのさらにもとになった史料も読んでいたということだろうか。
なお、なぜ良沢が「世にすたりし一重切」を演奏したかについては、上の引用個所のすぐ前に、良沢を養った伯父宮田全沢の教えとして、「人と云者は、世に廃れんと思ふ芸能は習置て末々までも不絶様にし、当時人のすてはててせぬことになりしをハこれを為して、世のために後にも其事の残る様にすへしと教られし由」とある。

P_20180130_101531_vHDR.jpg 本書の底本は「長崎本」と呼ばれる長崎浩斎が入手したもの。
浩斎は、大槻玄沢の弟子で、玄白への入門を希んだが既に玄白は病中であったため、玄白の一の弟子である玄沢に入門した人だそうだ。高岡市の出身で、この原本は高岡市立図書館に寄託されている。
高岡市立図書館には古文書のデジタル画像を公開しているのだけれど、これはその対象となっていない。(公開してほしいなぁ、減るもんじゃなし。)

そしてこの底本の表紙は「蘭東事始」(蘭学東漸事始)となっているのだが、本書では、このタイトルを巡って、少々面倒くさい議論がなされている。
私は何の疑いもなく「蘭学事始」と思っていたが、こうした題名の本があり、また「和蘭事始」というものもあるのだそうだ。結局、元の本を持っていた大槻玄沢も、「蘭学事始」が良いと考えていたらしいと推測されている。(その結論までに随分の紙幅が費やされている。)

ところで「蘭学事始」によれば、「蘭学」という言葉自体が、「解体新書」後に使われ出した言葉だという。だからこそ、蘭学事始なのである。なお、蘭学事始の冒頭部分、蘭学が興る前に、西洋の医術を少しでも学んで実践する医術は「南蛮方」というような言い方がされていたとある。

先日、NHKの「大岡越前」を見ていたら、小石川養生所の蘭方医というのが出てくるのだけれど、これは吉宗の時代の話であるから、もし玄白が云うとおりなら、「蘭方医」という言い方ははなかったかもしれない。

スポンサーサイト

どうして「一本化」したがるんだろう

20170321-00000044-mai-000-view.jpg ローマ字の表記で学校が混乱しているから、教員が一本化を要望しているというニュースを見た。

またか、どうして学校の先生というのは、何でもかんでも正解を決めておかないとダメという発想をするんだろう、と思った。
どっちでもいいという教育はなぜできないんだ? 試験の採点(減点)が目的か?

Google大先生なんて、訓令式でもヘボン式でも理解してくれる。ローマ字に限らず、表記のゆれにはかなり広く対応している。
「おんな城主 直虎」でも言ってるじゃないか、「答えは一つとは限らない」って。

前に数学の場合で、学校の先生の理不尽な質問について書いたけれど、ローマ字の問題も、これが問題になること自体が嘆かわしい。

と、反射的に思ったのだけれど、この問題については、先生方の言い分にも一理あると思うところがある。
それは、記事にもあるように、文部科学省は「特段の理由がない限り、内閣告示で定められた訓令式で教えることになる」としているからだ。

問題は、学校の先生じゃなくて、それを指導する文科省か。


<ローマ字>表記で混乱 
 英語教科化、教員ら「一本化を」


 2020年度から実施される学習指導要領改定案に基づき、小学校のローマ字教育が従来の国語だけでなく、新たに教科化される英語でも始まる。ローマ字には「ち」を「ti」と表記する訓令式と「chi」と書くヘボン式があり、使い分けに混乱する児童もいることから、教育現場から「どちらかに一本化してほしい」との声も上がっている。
 ローマ字は小学3年の国語の授業で習うことになっている。読み書きのほか、情報通信技術(ICT)教育の一環として、コンピューターで文字を入力する操作を学ぶ。これに加え、20年度からは小学5、6年で教科化される英語でも「日本語と外国語の違い」に気付かせることを目的に、ほぼ母音と子音の2文字で構成されるローマ字について学習することになった。
 学校では現在、ローマ字を原則的に訓令式で教えている。しかし、名前や地名など実際の表記は圧倒的にヘボン式が多く、国際的な身分証明書となるパスポートもヘボン式だ。使い分けに困惑する児童もおり、教え方に悩む教員も少なくない。
 2月に新潟市で開催された日本教職員組合の教育研究全国集会でも、ローマ字について小中学校の教員から「いつヘボン式を教えればいいのか」「ヘボン式を教えると子どもが戸惑う」などの意見があった。兵庫県の中学校に勤務する女性教諭は「訓令式とヘボン式の2通りあるから子どもが混乱する。学校で教えるローマ字はどちらかに一本化すべきではないか」と話した。
 これに対し、文部科学省は「特段の理由がない限り、内閣告示で定められた訓令式で教えることになる」としている。
 ローマ字教育に詳しい清泉女学院大の室井美稚子教授(英語教育)は、訓令式について「日本語の音の大半を母音と子音の2文字で表すことができ、読み書きがしやすい」と利点を挙げたうえで「日本語の音に対応しているヘボン式と混同する恐れはある。訓令式は外国人に間違って発音されやすく、自分の名前や地名はヘボン式で書けるように指導する必要がある。自分で名刺を作製するなど楽しい活動を通じて練習させるべきだ」と指摘している。【伊澤拓也】
毎日新聞 3/21(火) 12:19配信
先生が困っているのは、文科省の指導が現場と合っていないということなのかもしれない。
それなら話は違うぞ、先生を逆説的に応援したくなる。

社会通念と異なる指導を行わなければならないということになる学校現場において、それでも内閣告示の通りに教えなければならないということを、はっきり言ってもらいたい、と。


もちろん、ものごとには標準化とか一本化とかが必要なことがある。スポーツのルールなどはその典型で、野球でホームラン性の打球を観客が客席から身を乗り出してキャッチしたらどうなるのかなんてのは、適切な判断が示されていないともめる元になる。

しかし、ローマ字の使い分けって、そもそも社会的になされていない。そんなものに「正解・不正解」なんて決めようがないだろう。

文科系の学問では、よく言葉の定義でもめる。けれど、理科系ではそういうことはあまりない。
理科系では、この研究で使われている言葉は、こういう意味で使われているということを理解し、了承したうえで、成果の正否や効能を評価するのが普通だと思う。もちろん、普通の使い方とか、優勢な使い方ってのが、次第に定まるだろうけど、それこそ、その言葉の定義の有効性の証拠でもある。
学問に限らず、まず相手を理解しよう、そういう姿勢こそ尊重し、教育すべきじゃないだろうか。


さて、ローマ字だけど、記事にはヘボン式と訓令式の違いが掲載されているけれど、日本語のローマ字表記には、これに該当しないものも多くある。
たとえば、「ジ」というのはヘボン式では「ji」、訓令式では「zi」だけれど、「gi」というのも見かける。これは英語圏での表記に多い。フジナミがFuginamiとなる。
ところが訓令式では「ギ」を表すことになっているから、初めて見たときには違和感があった。
なぜ「gi」が「ジ」になるのか。英語でもフランス語でも、「ギ」と発音する場合は普通uを挟んで「gui」と綴り、そうでない場合は「ジ」である。

また、PCが普及して、日本語をローマ字入力する場合には、独特のローマ字綴りを使うということもあるかもしれない。

というか、英語由来のカタカナを入れる場合、もとの英語の綴りを入れてしまいヘンテコになるという経験は多くの人がしていると思う。


ところで、訓令式って、一体誰が決めたんだろう。
記事中に「日本語の音の大半を母音と子音の2文字で表すことができ、読み書きがしやすい」ことを訓令式の利点としながらも、ヘボン式を教える必要性を説く先生が紹介されている。
しかし、これって利点だろうか。タ行で、タ、テ、トの子音と、チ、ツのそれは別の音である。同じ文字で違う音を表す訓令式が教育的とは思えないのだけれど。
やはり、日本語では子音と母音の可能な組合せがすべてそろっているわけではない、訓令式の子音字母は正しい音を示さないことを教えるほうが良いのでは。

パスポートの表記はヘボン式だったように思うし、クレジット・カードも、特に希望しなければヘボン式だったと思う。それこそ、ヘボン式のほうが通用する場面が多いことの証拠だろう。

折り返し翻訳辞書

finvfimage.jpg 「折り返し翻訳辞書」というのが話題になっている。

リンク先で確認してもらえれば良いが、日本語を入れると、一旦、英語、オランダ語、イタリア語に翻訳、それを再び日本語に戻すというサービス(?)である。
順像の逆像は、元の集合には戻らないという状況である。

ググると、珍妙なケースが多数紹介されていることがわかる。
私もやってみた。
orikaeshihonyaku1.jpg
画面のとおり、「二重行政の無駄」は「ダブル廃棄物管理」になった。
どうやら大阪府も大阪市も廃棄物だったらしい。

もう一つやってみた。
維新」は「復元」なんだ。てっきり改革だと思っていたのだけれど。

それにしても維新の党の泥仕合はどうなってるんだろう。
橋下氏の政治団体だから、氏を抜いての党には求心力が感じられないわけだけど。




orikaeshihonyaku2.jpg 随分昔、中学か高校ぐらいのときから、和英辞典を引いて、英和辞典を引くということをやっていた。
これは真っ当な英語の勉強という意味と、単なるお遊びという意味がある。折り返し翻訳辞書で遊ぶのはもちろん後者である。

真っ当な勉強というのは、和英辞典が引いてくる英語は、必ずしも表そうとしている状況・対象を指しいるわけではないから、その英語を英和辞典で引いて、ニュアンスや用例を含めて確認するほうが良い、というものである。

実は、もう一つ実用的というか、苦し紛れの使い方もときどきすることがある。
文章を書いているとき、適当な言葉が思い浮かばないとき、国語辞典やシソーラスを引いてもぴったりくる言葉が出てこない、そういうときに、一旦英語にしてみて、英和辞典を引く。そうすると、たまに「なるほど」と思わせることがある。

ところで、この折り返し翻訳辞書は、折り返しポイントは、英語なのだろうか。それともオランダ語、イタリア語だろうか。

Sleeping Lady

日本―ギリシアは引き分け。通勤電車の中でタブレットに付いているテレビ、フルセグは不安定なので、時々ワンセグ。
こういうイベントのときはやはりテレビの威力だが、通勤の慰みは普通は読書。通勤読書用の本が手元にないことがある。そういう時はタブレットで電子書籍を読むことにしている。
といっても、予めいくらかストックしておかないといざというときに電車の中で検索してダウンロードすることになるので、Amazon Kindleの無料本をときたまチェックする。以前は青空文庫をチェックしていたが、この頃は青空文庫がKindleに収録されてきているので、Kindleだけチェックすれば十分である。

そんなことをしていると、Kindleではpornographyも無料で配信されていることを発見した。このブログのカテゴリは、学校の教科を基本にしているわけだが、外国語のカテゴリはこれからもあまり成長しそうにないから、このことを書いて数を稼ぐことにする。

日本語のポルノ小説もあまり経験はないが、英語のpornographyは全く慣れない分野。そういう私のような人のために、試しにダウンロードした作品の一部分を引用して、その雰囲気を伝えることとしよう。もっとも、本来の目的である通勤電車内読書には不向き(スポーツ紙のエロ小説を読んでるオヤジをたまに見かけるけど)。
sleepinglady.jpg     His cock nudged into her entrance. He was so thick that she knew she was going to come whether she wanted to or not. Maybe not a big, body-shaking orgasm, but he wouldn't be able to miss her inner muscles gripping him. He pressed in, deeper and deeper, so slowly that the inevitable moment was barely kept at bay. Then he cupped her breasts, and she squeezed her eyes tight, her brow tense. His thumbs passed over her nipples, teasing them to eager little peaks. She was trembling, barely holding back.
     He rocked his hips back and entered her again. And again. She moaned, giving into her needs. Her legs involuntarily spread so she could better accommodate all of his girth, and she pressed her heels into the mattress, her body arching up and meeting his thrusts.

Cleo Peitsche "Sleeping Lady"


FannyHill.jpg描写が抑制的なのは、主人公は眠ったふりをしつづけるように言われているという設定のためだろう、女性にも読みやすい作品ではないだろうか。
Kindleは簡単に電子辞書(プログレッシブ英和中辞典、俗語もある程度収録)を引けるので便利、お試しあれ。

ところで、翻訳では読んだことのある古典中の古典"Fanny Hill"をネットで検索すると、Project Gutenbergに全文が採録されている。Project Gutenbergは米国版青空文庫だからKindleにも収録されているのではないかと考えて、あらためてKindleを検索するとやっぱり無料で配信されている。
("Sleeping Lady"に比べると長編だから読み通す気はおきないけど。)

なお、"Sleeping Lady"も"Fanny Hill"も売春防止法違反であり、この点では不適正な作品であることはいうまでもない。

ginkgo、gingko、ginkyo

少し前、3月の話になるが、公立高校の入学試験で出題ミスがあったそうな。

英語の試験で、設問文中で、「銀杏」に ginkgo gingko の二様の綴りが混在していたそうだ。
報告してくれた人(英語の先生)によれば、念のために辞書を調べると ginkgo gingko も載っているのがあったそうだ。
話を聞いて、すぐに、もともと ginkgo と綴ること自体が ginkyo の誤植だろう、何を今さら。100416_04.jpg

ginkgo の綴りについては思い出がある。
昔、世話になった通訳さんが「銀杏はなぜ ginkgo と綴るのか、 gingko なら分かるが…」と仰っていたのが記憶に残っていて、それから何年も経ってからだが、IBMのCI誌「無限大」を読んでいたら、ケンペルの「日本誌」のことが書かれていて、ケンペルは ginkyo と書いたのだが、 y g と紛らわしくて、 ginkgo と誤植したのが印刷されて広まったという解説があり、そういうことだったのか、と合点し、昔から気にかかっていたことをあらためて思い出し、かつ解決したということがあった。
(今だったらインターネットで調べるとすぐに答えが見つかるような話だが、すぐ見つけて、すぐ忘れるような気もする。長い間ひっかかってるからこそ忘れないのかも)

こういう過去の経緯があったので、入試のミスの話を聞いて、直ちに、そもそも ginkgo ginkyo の誤植でしょう、と返したわけだ。
(結局、間違いとは言えないが、受験生を混乱させたかもしれないとして採点対象外になったそうだ。スペルの違いに気づいた人もほとんどいないらしいが、この問題を一所懸命やった子には不利になったのでは。だいたいこの手のスペル違いは実社会でしょっちゅう遭遇するはず。それで混乱してては英語力はありません。)

英語の綴りというのは例外が多くて、有名なジョーク(?)で、 fish はこれからは ghoti と綴ろうというのがある。 gh enough とか tough とかの gh で音 f を、 o women o で音 i を、 ti nation とかの ti で音 sh 、結局、 fish となるという話である。
例外的な綴りを改めようという話もあるようだが、なかなかそうはならないようだ。一方で、 you u through thru to 2 (例えば、com to exe を com2exe)としたりするのも良く見かける。(英語失敗小噺で、日本人がアメリカで電車の切符を買おうと思って、"to New York" と言ったらチケットが2枚出てきた、これはいかんと思って、"for New York" と言ったら今度は4枚出てきた、これは困った「エーと、エーと」と考えていると8枚出てきた、という噺があった)

ところで ginkyo が載っている英語辞書はないらしい。英米ではいまだに誤植を修正する気はないようだ。

Gallery
検索フォーム

 ⇒記事一覧

記事リスト
外国語の記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
アーカイブ
プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
現在の閲覧者数
聞いたもん