テンプレート人間

template_tn751_01.jpg 昔から、ある種の人を「テンプレート人間」と呼んでいる。

言葉そのままだと「型で押したような人」という意味になるけれど、私の使い方は、その人が言うことがテンプレートばかりで、内容・実質については語らない人のこと。

つまりこういうことだ。
会議などの席で、

問題点を明らかにして、課題を設定し、その解決策を検討する。

というような発言をする人のこと。

こういう人は、実は優秀な人が多い。
如才なく仕事をまとめる能力があると言って良い。

この言葉を思い出したのは、テレビで報道されている政治家たちの主張を聞いていて。曰く、
  • 未来を作り、時代を切り開いていくという思いで、しっかりとした信頼できる政党に育て上げ、力を合わせてこの国を担う。その先頭に立つ覚悟で頑張りたい
  • 安倍政権としっかり対じし、打倒を目指して戦っていくというスタンスを明らかにする。党の基本的な立ち位置や方向性を示し、多くの同志の賛同を得たい

政治家の公約とか、マニフェストっていうのは、だいたいがフィージビリティを欠く。具体的な手順とか、予算裏付けなどが吟味されていないものが多い。
「年金財政の健全化」というのが、掛け金の値上げや支給開始年齢の引き上げだったりするから、なんとでも言えという気にもなる。

そして、フィージビリティがないと批判すると、主張はこうなる。

問題点を明らかにして、課題を設定し、その解決策を検討し、
あらゆる選択肢を比較衡量し、フィージビリティを明らかにし、ロードマップを示す。

ずっと良くなった、いや、そういうふうに直せと言っているわけじゃないんだけどな。

これと対極にあるのが「職人」。
経験に裏打ちされた直感で仕事をする。暗黙知の世界。

テンプレートが悪いわけではない。
Microsoft PowerPointなどには、立派なテンプレートが用意されている。
このテンプレートに沿って、中味をきちんと書けば、わかりやすいプレゼンテーションができるだろう。

しかし、テンプレートを知っているだけでは、問題解決にはならない。
テンプレートと(暗黙)知の両方あって、整理されたコンテンツができあがる。

2017-11-10_110230.jpg

スポンサーサイト

Amazon prime reading

Screenshot_20171005-145414.jpg またまたAmazon primeのユーザー特典。
こんどは"Amazon prime reading"、プライム・ユーザーなら無料で読める電子書籍。

もちろん対象書籍は限られていて、ふれこみでは雑誌も読み放題とあるが、対象はAERAぐらいだから、今契約している"dマガジン"の代わりにはならない。
書籍もかなり限られている。
どんなものがあるかざっと見てみたが、これはダウンロードしておいても良いかなというのはそれなりにある。
このサービスは、同時に10冊までダウンロードでき、さらに読みたい場合はどれかを読書終了とする。これはKindleオーナーライブラリーに似ている。オーナーライブラリーは同時に1冊だから、Prime readingのほうがずっとユーザーにはありがたい。

そもそもこのところずっとKindle端末は使ってないから、Kindleオーナーライブラリーも使っていないけど。


テスト的にダウンロードしたのは、
  • 手塚治虫「鉄腕アトム1」
  • ルース・ベネディクト「菊と刀」
  • ダーウィン「種の起源(上)」
など。このうち種の起源は上下になっているが、下は対象外だった。(アトムも1だけみたい。)

Amazon prime readingで、読書ニーズが完全に満たされるなんてことはないけれど。
こうなるとKindle Unlimitedは、Amazon取扱いの全書籍が読めないと値打ちがないというものでは。

USBライター

P_20170826_235512_vHDR_Auto-crop.jpg P_20170826_233315_vHDR_Auto-crop.jpg 100円ショップで電気式のライターが売られていた。

100円ショップだけれど、これは200円。
USB電源から充電して使うもの。
商品説明では、満充電でたばこ40本ぐらい着火可能だという。

もっとも内蔵充電池が劣化するだろうから、いずれその半分ぐらいになるのかもしれない。


ライターというと、オイルやガスを燃料にするものがある。
また、着火もフリント式、電子式がある。電子式も電池で放電させるタイプ、バネ仕掛けで静電気を起して放電するタイプなどがある。

私はライターに凝るほうではないので、いわゆる100円ライター、それもたいていはたばこのおまけについてくるものを使っているけれど、風の強い屋外では、炎が飛ばされて、たばこに着火しにくい。
ターボライターという商品があって、仕掛けはよく知らないけれど、ガスを加熱して高圧で噴射させて、炎が風に負けないようになっているものがある。登山家が使うような本格的なものは高いし、100円ショップで売っているものもあるが、すぐに具合が悪くなった。

そういう不満があったので、このUSBライターは電気式、つまり電熱線でたばこに着火するわけだから、炎が風で飛ばされるということはないだろうから、これはきっとその不満を解消してくれると思う。

100円ライターだと、ガスの残量を気にして、残りが少なくなると、予備でもう一つ携帯したりするが、このUSBライターだと、そろそろ危ないと思ったら充電したらよいわけだ。
充電はUSBからで、ライター本体にUSB端子がついているから、PCのUSB端子や、USB充電器に直接接続して充電できる。職場でもPCはあるから、充電で困ることもなさそう。

実際に使うと、スイッチを入れる(着火部分が出てくるようにスライドする)と、2秒ほどで着火部分が赤熱し、たばこをあてればすぐに火が着く。ガスライターで炎にたばこを当てるよりも短時間だと思う。

一番気になるのは、充電池の劣化など、性能が落ちること。何しろ100円ショップの商品であるから、そんなに高い品質は期待しないほうが良いのだろう。

そういえばPloom TECHのパチモンは、充電池がはやくも劣化してきているように思う。

100円ライターだと、サイズにもよるが、千本以上のたばこに着火できると思うが、このUSBライターだと数十回充電するような計算になると思う。そのぐらいは劣化しないで使えるだろうか。

ところで、USBはもともと情報を流す規格だと思うが、USB扇風機とか、USBヒーターみたいな電力を流すために使われることも多くなってきた。USBのバージョンが上がると電流量も上がっているようだ。
そのうち家庭にUSB電源コンセントができたりして。


【追記】(2017/10/4)

40日ぐらい使ったら、発熱部が壊れてしまった。
約300本着火した計算だが、これなら普通のガスの100円ライターの方がずっと割安である。
これから冬の風が強い時期になって、活躍しそうだと思っていたところなのに。


Excelの動作が変

昨日の記事で、Excelのマクロの動作がちょっとおかしいと書いた。
その報告に入る前に、今までのPCのバグ遭遇経験についてちょっと。

PCやスマホのユーザーが「この機械、おかしい」と騒ぎ立てることは珍しくない。
しかし、ほとんどの場合、使い方が間違っているわけで、機械は律儀に動作している。

学生のとき、「最近はヘタなプログラムも、最適化されるようになっている、

無駄な繰り返し(ループ内で値が変更されない変数なのに、ループを通るたびに同じ値を代入するなど)や、不適当な演算順序(桁落ちを起すおそれのある順序で計算式が書かれている)など

けれど、学生ゴトキのプログラムは実行しないというのが最高の最適化だ」、などと言われたりもした。

というわけで、コンピュータの動作が変というのは、私もそれなりに慎重に考えるわけだけれど、過去には何度かMicrosoft Officeの変な動作とか、スマホアプリのそれとかに遭遇している。

あるとき、Wordで資料を作っていると、突然、何のメッセージも出さずに、Wordが落ちてしまうことがあった。やっていた作業(文に文字を挿入するだけ)を繰り返すと、必ず同じところでその現象が起こる。
なので編集している行を除いてすべて消去したファイルを作って、同じことをやってみたのだが、やはり同じ現象が起こる。
結局、その文で使っている単語や順序を少しいじって、目的の作業は完遂したのだけれど、どうにも腑に落ちないので、前述のファイルと行った作業をたまたま来てたMicrosoftの人に見てもらった。
1~2週間後、Wordのバグでしたという返事があった。

また、Outlookの予定表をエクスポートして別のソフトに取り込んでいたのだけれど、指定した期間に存在する予定の数と、エクスポートされた予定の数が合わない。状況を調べると、指定最終日の午後の予定が跳んでしまっている。どうやら期間指定の日時はGMTで計算されているようだ。
このこともMicrosoftに連絡したら、後日、バグでしたと連絡があった。

スマホのアプリでは、電子書籍リーダーのKoboで、特定の電子書籍について収録されている画像が表示されないことがあった。サポートに連絡したところ、数ヶ月後にバグでした、アップデートを配布していますと連絡があった。

2017-08-25_194119.jpg というようなわけで、ちょくちょくメーカー公認のバグにぶつかっている。

今日、とりあげるExcelの変な動作だけれど、マクロを実行すると"Microsoft Excelは動作を停止しました"とメッセージが表示されて、停止してしまうというもの。

昨日も掲載したけれど、この記事を読んで試してみようという奇特な人のために、ソースを公開しておく


Sub BJSIM()
'ブラックジャックのシミュレーション
'目標値(Target)と試行回数(i)を設定して実行する
'結果はカレントシートに書き込む
'※実行前にカレントシート全体に「数式と値をクリア」をしておくこと
'  (試行結果書き出し時にクリアしないので前の値が残ることがある)

Dim RCD(52) As Integer
Dim ncd(12), dcd(12) As Integer

'************** 実行条件の設定 ***************************
    Target = 15 '目標値(この値に達してたら次のカードを引かない)
    Ntry = 1000000 '試行回数
    Ndsp = 1000 '初めのNdsp回の試行状況をシートに書き出す
    Ichk = 10000 '途中経過の書き出し間隔
'*******************************************************

    NNW = 0     '子(Non-dealer)の勝
    NDW = 0     '親(Dealer)の勝
    NDR = 0    '引分
    NBJ = 0    '子がブラックジャック
    NBS = 0     '子がBust

    Cells(1, 1).Value = "目標値"
    Cells(1, 2).Value = Target
    Cells(2, 1).Value = "勝"
    Cells(3, 1).Value = "うちBJ"
    Cells(4, 1).Value = "負"
    Cells(5, 1).Value = "うちBust"
    Cells(6, 1).Value = "引分"
    Cells(7, 1).Value = "勝率"

    For i = 1 To Ntry '試行回数
       Call rdcard(RCD)
       Call PKcard(nn, ncd, Target, RCD, 0)
       Call PKcard(dn, dcd, 17, RCD, 26) '親の目標値は17とする

       WLFLG = ""
       BJBS = ""
       If nn >= 22 Then
          WLFLG = "D" '子がBustのときは親の勝ち
          NDW = NDW + 1
          NBS = NBS + 1
          BJBS = "BUST"
       ElseIf nn > 21 Then '21.1はBlackJack
          NNW = NNW + 1
          NBJ = NBJ + 1
          BJBS = "BJ"
          WLFLG = "N"
       ElseIf dn >= 22 Then
          NNW = NNW + 1
            :
プログラム・ミスではなくて、変だというのは、Excelが動作を停止するのは、自宅のExcel 2016/Windows10で、自宅のサブ機・職場はExcel 2010/Windows7で、こちらでは発生しないから。なお、自宅のExcelは64bit版、他は32bit版という違いもある。

以前、32bit版で動いていたマクロが、64bit版で動かなくなったことがあったのだが、このときは、ファイル・ダウンロードというExcelからすれば外付けのdllを呼び出す手順がからんでいて、適切なdeclareをすれば問題なく動作したのだけれど、今回は、ソースを見ればわかるとおり、外部dllを呼ぶような手順は入っていない、純粋のExcelの世界。


件のマクロは、昨日説明したとおり、ブラックジャックのプレイで、一定のロジックで次のカードを引くか引かないか決めて、その戦略の勝率を、モンテカルロ・シミュレーションで求めようというもの。したがって、カードをシャッフルしてそのロジックで勝敗を判定するという試行を、何万回も繰り返すわけだが、不思議なことに、自宅のExcel 2016/Windows10環境では、最初の40数回の試行までは正常に動作しているのに、そこで突然「動作を停止しました」となる(Excel 2010/Windows7環境では全く問題ない)。

ネットで調べると、Excelがこのように動作を停止する現象はちょくちょくあるようで、回避策なるものもいくつか紹介されている。マルチスレッドを抑止しろとか、グラフィック・アクセレーションを抑止しろなど、簡単にできることはやってみたけれど、全く改善しない。

マクロのソースをテキストファイルにとって、あらためて新しいExcelファイルを作って、そのテキストをマクロにコピーしてみたけれど、これも律儀に同じところで動作を停止する。

もともとの目的は達成できたので、あんまり騒ぐこともないし、こんなマクロはそうそう書くものではないから放置しておいても問題ないのだけれど、気持ちが悪いことは否めない。
ネットでも、Excelのバグで苦労したという情報や、アップデートにより解消されたという情報を散見する。
今回の現象も、いつしか修正されているかもしれない。

バグといっても、動作しないというバグはまだ罪が軽い。
計算間違いのバグが一番困る。
これからAI利用が本格化すると、計算間違いかどうかすらわからなくなるだろう。
恐ろしいことだ。

安心して利用できるAIというのは、人間がやると面倒くさいことだけれど、AIが出した答えを人間が見たら一目でOKと判断できる、そうした問題をやることだと思う。(ちょっと保守的すぎるかな)


テキストスキャナー

Android_text_scanner.png Android_OCR_appli.png スマホの文字認識アプリが、随分、良くなっている。しかも無料。

本の一部を抜き書きすることが時々ある。
たいして長いテキストではないから、手入力しても良いのだけれど、漢字変換などが間違わないか(自分の文章なら誤字でなければ良いのだが、他人の引用だとそうはいかない)、少々、気を遣う。

自宅のPCには、スキャナ付きプリンタに付いてきたOCRソフトをインストールしている。ソフト自体は比較的使いやすくて、認識精度もなかなかのものなのだけれど、少量の抜き書きのために、わざわざプリンタの電源を入れて、該当ページをスキャンして、その画像をPCに取り込んで……とやるのは面倒である。

Screenshot_20170627-113413.jpg ペン型のスキャナで、文字の書かれた行をなぞると認識するというものがあった。過去に伝票の読み取り用で使えないかと検討したことがある。仕事ではちょっとというものだったが、個人的には欲しかった覚えがある。とはいうものの、そうそう使う機会があるわけじゃないから、お金を出して買うというのも躊躇した。

以前から、スマホ用のOCRアプリがあることは知っていたけれど、あんまり性能が良くないようで、使っていなかった。
しかし、何気なくネットを見ていたら、Googleの人工知能を利用したという触れこみのAndroidのアプリがあることに気付いた。「文字スキャン」という名前。
早速、ダウンロードしてテストしてみた。

アプリを起動すると、カメラからか、既存画像データからか選択するようになっている。カメラで手近な本のページを撮影すると、認識するブロック(矩形)を指定するようになっている。
認識はすぐに終わる。まあまあの精度である。
ただ、このアプリは、読み取ったデータを保存・利用しようとするには「ポイント」が必要。ポイントというのは、インストール直後には10ポイント付いてくるのだけれど、使い切ったら有料になるらしい。

なので、似たようなアプリが他にもあるだろうと探すと、やっぱりあった。「テキストスキャナー」
こちらのアプリは起動すると、すぐにカメラの画面になる。既存画像の認識もできるが、それは画面上部のメニューで指定するようになっている。
このアプリは、カメラで撮影したら、すぐに認識が始まる。つまり、認識すべき領域の指定はできない。だから、ごちゃごちゃした対象だと、読み取り対象外の部分は白紙かなにかでマスクするほうが良い。あるいは、一旦写真をとって、画像編集ソフトでトリミングする。

"Adobe scan"というアプリも文字認識するのだけれど、こちらはPDFにテキストを埋めるようになっている。データもAdobe document cloudに置くのが基本になっていて、メモ的に使うには大袈裟すぎると思う。


Screenshot_20170627-113229.jpg “テキストスキャナー”の認識精度もなかなかのものである。これもGoogleのAIを使っているのではないだろうか。
一つ一つの文字を認識するだけでなく、単語や分節などの解析も併用して、精度を上げているのではないかと思う。

とはいうものの、「文字スキャン」も同様だけれど、やはり完全に認識するというほどあまくない。
文字の認識自体は割りに良いのだけれど、不思議なことに、テキストの部分部分の順序が入れ替わることが多い。横書きのテキストの場合はあまりそういうことは起きないようなので、横書き基準でアプリが作られているのかもしれない。縦書きか横書きかは自動でも判定できると思うのだけれど。
また、段組みとか表が混じると、地の文とそれらが干渉してうまく読み取れない。
ルビがふられていると、ルビも読み取って、これが随分と変なところに割り込んできて、テキストの流れがぐちゃぐちゃになってしまう。
AI技術で、レイアウトを認識して、ハイパーテキストとして組み立ててくれたら良いのにと思う。

また、写真の撮り方も結構影響するようだ。
なお、「日本語OCR」とされているが、英文も認識する。

「文字スキャン」も「テキストスキャナー」も、認識するのは活字のみ。手書きは無理である。(読ませようとしたら「エラー テキストが読み取れません」となる。)

「テキストスキャナー」では、認識結果は、共有メニューから、Google KeepやGoogle Driveに保存したり、メール送信したりできる。あるいは、認識結果画面上で標準の手順(つまり長押しでテキストを選択)でクリップできるから、エディタその他、何にでもペーストして使うことができる。この点は「文字スキャン」よりも使いやすい。

また、読み取り対象に、WebへのURLや、メールアドレスが入っていると、読み取ったテキスト上のそれらにはリンクが付され、タッチすれば、直ちにブラウザやメーラーの起動ができる。

それにしても、これがタダだなんてねぇ。

電子書籍リーダーの栞(ブックマーク)機能

Screenshot_20170814-164414-crop.jpg 国語や日本史の授業では、万葉集、古今集、新古今集を三大歌集と教わるわけだが、正岡子規などは「貫之は下手な歌よみにて古今集はくだらぬ集に有之候」などと言うものだから、歌集といえば、近代では万葉集をありがたがるようになっている。

追い打ちをかけるように、古今集は、定型的とか、技巧的とか(定型をはずすという技巧もある)、どちらかというと、否定的な評価につながる語で説明されたりする。

しかし、みんなが日本人の基礎教養として大事にする百人一首では、そこに採られた歌のうち24首が古今集からである。

ということで、いつかは古今集も読んでみたいと思っていたわけだけれど、先般、ようやく電子書籍版の古今和歌集を買った。

新版 古今和歌集 現代語訳付き (角川ソフィア文庫) 高田祐彦 (翻訳)


実は、購入前に少々悩んだ。それは、Amazonにあった次のレビュー記事が原因である。

Kindle版は買ってはいけない

投稿者Amazon Customer2014年2月13日
形式: Kindle版|Amazonで購入
Kindle版のレイアウトは最悪です。買って失敗しました。
紙本と異なり、現代語訳・注釈が巻末にまとめて記載されています。
つまり、原文を読みつつ、現代語訳・注釈を同時に参照することができないのです。
本の内部にリンクがあればまだしも、それすら無いとは…
端末を2台購入して片方に原文、片方に現代語訳・注釈を表示して読めということでしょうか?

逆に、原文のみまとめて読みたい(あるいは現代語訳・注釈のみまとめて読みたい)方には良い仕様だと思います。

【追記】
結局返品・返金処理をしてもらい、紙の本を購入しました。
Amazonの対応には感謝です。

古今集について、私ごときが論評できるわけはない。
今日は、電子書籍リーダーについて、ちょっと思ったことを書く。

私は楽天Koboで古今集を買ったのだけれど、このレビュアーが言うとおりのレイアウトで、リンクもない。
(他にもhontoからも電子版が販売されているけれど、おそらく同じフォーマットだろう)

こういう本文と注釈を行ったり来たりしたくなるような本の場合こそ、電子書籍が有利だと思う。Amazonのレビュアーもそう考えていたはず。
実際、そういう電子書籍もある。
ヘロドトス 歴史 (岩波文庫) 松平千秋」は、本文にある注釈番号をタッチすれば、その注釈へリンクされている。跳び先の注釈中に「戻る」も用意され、これにタッチすれば元の本文へ戻れる。

さて、私もこのレビュアーと同じ問題に直面したわけだけれど、電子書籍リーダーの「しおり(ブックマーク)」機能を使うことで、リンクなしコンテンツでも、それなりに使えると思う。

Screenshot_20170810-205746.jpg Screenshot_20170810-205802.jpg Screenshot_20170810-205812.jpg


具体的には、今読んでいる本文(歌)のページに栞Aをつける。この歌に対する注釈のページに栞Bを付ける、これだけのこと。栞A、Bを行き来して、本文・注釈を読み比べるわけだ。
次のページに進んだら、前のページの栞を消して、新しいページに栞を付ける。栞の加除は画面右上のタッチだけでできるからそう苦痛ではない。

面倒なのは、実際に栞の場所へ移動する操作である。
Koboリーダーの場合は、メニューから目次を出して、その画面にある「書き込み」タブをクリックする。これには、まず読書画面をタッチしてメニューを表示させる、メニューをタッチする、「書き込み」タブをタッチする、表示されたしおりを選択する、という4段もの操作となる。
hontoのリーダーの場合も同様である。
栞を行き来するたびにこの操作をしていては、当然、集中が途切れやすい。

Koboのリーダーの場合は、栞を使って移動した場合は、画面左下に「戻る」を意味する矢印が表示されるので、半分はラクになっている。


Screenshot_20170818-110458.jpg それで思うのだが、画面のどこか、たとえば下辺とかに栞を常時表示して、そこをタッチすれば直ちにその場所へ移動するような仕様、ワンタッチ栞というようなものにできないものだろうか。

どのリーダーアプリも、余白の設定など、表示調整はできるようになっているわけだけれど、数mmのマージンを表示するのなら、そこに栞を表示しても見苦しくはならないと思う。

右のスクリーンショットはKindleのもの。読書画面にタッチすれば下にロケーションを示すバーが表示され、このバーを使って移動した場合は履歴が3つまで、バー上のドットで示され、そこをタッチすればその場所へ移動する。
こういうイメージで良いのだけれど、Kindleでは特定の場所を指定して保持しておくというような使い方はできないようだ。


このブログをアプリの開発者が読むとも思えない。
サポートへ改善要望としてあげようか。

ところで、ワンタッチ栞の数だけれど、少なくとも3つは使えるようにすべきだと思う。
というのは、「伊勢物語―付現代語訳 (角川ソフィア文庫) 石田穣二」の電子版の場合、本文、語注、現代語訳が別々の場所にある。語注は各段の後にあるのだけれど、現代語訳は本全体の後半に連続して置かれている。なので、本文、語注、現代語訳を行ったり来たりするためには、3つの栞が必要というわけである。

それと、栞(ブックマーク)は、同期の対象となっていないのか、Koboリーダーでは、端末を変えると栞が変わってしまう。これは考え方もあるかもしれないが、同期させるか、させないか、せめてユーザーが設定できるようにしてもらったほうが良いと思う。

NASのクラウド同期

NAS(QNAP TS-231P)のクラウド同期を設定してみた。

同期先のクラウド・ストレージはOneDrive
先日、障害じゃないかという現象を体験しているので、大丈夫かという気がしないでもないが、アクセス上の問題でデータ自体が損傷したわけではないので、バックアップ的な使い方ならば、重大な事態には至らないだろう。

私はOffice 365を契約しているので、OneDriveの容量は1TB。
職場のPC、自宅のPCで同じデータを利用することはもちろん、一部のデータについてはスマホやタブレットでも同期するように設定している。(なので、先日のトラブルではあせったわけだ)

2017-08-06_132652.jpg さて、今回は、PCではなく、NASとOneDriveを同期させようということ。
これは、以前も少し書いたけれど、前のNASはミラーにしてデータの滅失防止を図っていたのだけれど、そもそもバックアップを必要とするデータ自体がそう多くない。結局、撮りためた写真やビデオぐらいがバックアップの対象になる。
もちろん、NASにUSB接続したストレージにバックアップをとっても良いのだけれど、OneDriveには十分な空きがあるので(そして使い切る見込みもないので)、使い勝手のテストのつもりで、こちらにバックアップというか、同期させることにした。

2017-08-06_132753.jpg NASとクラウドの同期は、用意されているNASのアプリ“Cloud Drive Sync”を使えば簡単にできる。
NASのアプリケーション・ステーションから、これをダウンロード/インストールし、起動すれば、同期先のクラウド・サービスの選択、認証(ユーザーID/パスワード)設定をして、同期させたいフォルダ(NASの共有フォルダでも、そのサブフォルダでも可)と、OneDrive上のフォルダのペアを指定するだけ。

同期タイミングも指定でき、常時、一定間隔、一定日時、手動があるけれど、同期を本来の形で使うなら常時だろうということで、常時同期に設定した。(外出先で写真をOneDriveにアップして、家に帰ったらNASで見るというような使い方なら、一定間隔でも十分だと思う。)

2017-08-09_102352.jpg もう一つ、同期方法の指定がある。
バックアップと同期では若干、使い勝手が違い、バックアップは一方通行だけれど、同期の場合はOneDrive側にデータをアップロードすれば、NAS側にも自動的にそれが反映するわけだが、この場合、同じファイル名がある場合の扱いを決めておく必要がある。
Cloud Drive Syncでは、図のとおり、
  1. ローカル側の名前変更
  2. リモート側の名前変更
  3. ローカル側の置換
  4. リモート側の置換
  5. 古い方を上書き
の5通りがあるのだけれど、1の「ローカル側の名前変更」にしていたら、一方で削除しても、もう一方で復活してしまった。
通常のOneDriveの同期だと、削除やリネームもきちんと同期されるのだけれど、OneDriveの同期と、Cloud Drive Syncの同期のどちらが優先されるのかが良くわからない。ということでCloud Drive Syncが「余計」なファイルを作らないように、5の「古い方を上書き」にして使うことにした(それでも、OneDriveとCloud Drive Syncのどちらが優先するかの問題は解決していないと思うけど)。

さて、この同期を使うのは上述のとおり、まずは写真類のフォルダである。

GoogleでもAmazonでも、写真のアップロードは無制限とはなっているけれど、オリジナルの品位で保存してくれるわけではないらしい。撮った写真そのものをきちんと保存するなら、やはり自前のストレージが良いだろう。

というわけで、外出先で写真を撮ってOneDriveへアップロードすれば、自宅NASにもそれが反映するわけだ。(VPN接続や、Qfileを使ってNASへ直接アップロードすることもできるわけだけれど。)

同期しようとしている写真などの保存フォルダ全体のサイズは170GBである。
それなりに大きいから、最初の同期にどのぐらい時間がかかるか心配だったが、結局、2時間で70GBぐらい処理が進んでいて、そのままにして寝たのだが、おそらく6時間以内には同期が終了していたと思う。遅めにみても8MB/sというところ。契約しているインターネット回線の速度からして妥当なところだろう。

反省点は、フォルダ設計。
実は、クラウド同期の対象となるのが、最上位の共有フォルダでないといけないのかどうかわからなかったので、写真を入れているフォルダとそれ以外は別の共有フォルダにしていたのだけれど、実際には、サブフォルダできめ細かく設定できる。音楽とかと同じ共有フォルダ内でサブフォルダにした方が使いやすかったかもしれない。
アクセス権限で共有フォルダを分けるのがベストだろう。

OneDrive側のフォルダも注意が必要だ。フォルダ全体に同期設定をしていると、そこにサブフォルダを作ったら自動的に同期対象になる。OneDriveも、実際の使用状況を想定して、同期するもの・しないものを別フォルダに分けておくべきである。(恥かしながら、従来、そこまで考えていなかった。)

データサイズが大きいから、そう頻繁に設定変更(つまりデータの移動)をするわけにはいかない。
当分、今の設定で使うつもりだけれど、はじめに良く考えておくことが大事だと思う。

OneDriveの障害?

昨日夕方、仕事の資料に目を通そうと思って、例によってOneDriveに保存してあるWordファイルをスマホから見ようとしたら、開けない。
ダウンロード自体ができないという状態。
家のネットの問題かと考えて、スマホのWiFiをオフにして、モバイル回線からアクセスしても同じ。

今までもときどき、スマホからのアクセスがおかしくなることはあった。
それはクラウド・ストレージへのアクセス機能を持っているファイル・エクスプローラーから、アクセスできなくなるという現象で、一旦、クラウド設定を削除してやり直せば復旧する。

今回はどうもそれとは違う。
PCからアクセスすると、Webページからはエラーで返される。
同期フォルダの方をアクセスすれば見えるけれど、これは、PC側に事前に同期されているものだからである。

2017-08-11_195202.jpg

こういう現象ははじめてなので、OneDriveのサービスに、障害情報などがアップされていないのかとネットを見てみたのだけれど、障害情報を伝えるページ自体が見当たらない。
PCから問い合わせメールを送ろうとしても、OneDriveのサービスからではエラーになってしまう。
お手上げ状態で、放置するしかなかった。

NASからもエラーメール(NASにエラーなどの通知設定をしてある)が届いていた。

2017-08-12_083500m.jpg

だいぶ経ってから、スマホに"OneDriveと同期しました"メッセージ。
障害のときには"OneDriveとの同期に失敗しました"通知だったから、復旧したらしい。

あらためてOneDriveへアクセスしたら、いつも通り。復旧している。
やはりOneDriveの障害だったのだろう。

それにしても、Microsoftは、運用者として障害状況を緊急広報することなど考えていないのだろうか。
長時間にわたって障害を起こすということ自体を考えてないのだろうか。

ユーザーとしては(有料ユーザーである)、不具合があれば、まず自分の環境を疑う。
その無駄な作業をしなくて済むように、Microsoftは、障害が発生したら、直ちに広報してもらいたい

このブログの下書きもOneDriveに入れている。
頼むよ、Microsoftさん。

自宅Webサーバーを立てて良かったこと

昨日に続いて、NAS(QNAP TS-231P)に付いているWebサーバーについて。

FabPlayer_[20170804-202809-116] ネットを良く使う人は、リンク集を自前で作ったりしていると思う。私も、自分用のリンク集を作っている。

以前は、家や職場のPCそれぞれのローカル・ドライブに、同じものをコピーして使っていたこともあるが、同期をとるのが面倒なので、プロバイダ契約に無償で付いてくるホームページに置いて、これにリンクするようにしてきた。

ただ、今のプロバイダ契約では、無料で使える容量は50MBしかないので、リンク集だけなら問題ないけれど、動画などサイズの大きなものは置けない.。
このブログでもときたま動画を紹介しているけれど、こういうものはfc2動画に置いている。
しかし、fc2動画へのリンクをすると、fc2の枠組み、CMが表示されるし、動画の画質も勝手に変えられる。

ということで、自宅Webサーバーに置いてみたら、そのまんまのものが見えるようになった。
試しに、去年の淀川花火大会の動画をアップしてみた。(画像クリックでも同じものを再生)

比較のため、fc2動画にアップしてあるものはこちら。


もともとホームページは自分用で、他人に見せるようなものではないけれど、見られて困るというようなものでもない。
本ブログでも、動画などのコンテンツ置き場として、ときどき使うつもり。

NAS上のWebサーバーを使ってみたけど

QNAP TS-231Pで遊ぶシリーズ。
今日は、Webサーバーとして使う話。

2017-08-02_095325m.jpg QNAP TS-231Pは、はじめからWebサーバー機能(Apacheらしい)が組み込まれている。他のアプリケーションは後からインストールするものが多い(たとえばVPNも)けれど、これははじめから入っている。
で、Webサーバー機能を有効にするには、管理画面でWebサーバーを有効化するチェックを入れるだけ。
気になるセキュリティだけれど、Webサーバーがアクセスするフォルダは、"Web"という名前(デフォルトなのか固定なのかわからない)で、このフォルダへのEveryoneアクセス権は読み出しのみにしておく。

とりあえずのセキュリティの考え方としては、フォルダを守れば良いだろうから、他のフォルダは登録ユーザーにしかアクセス権を与えないようにしてある。これだけではネット上のセキュリティには不足(踏み台にされるなど)かもしれないが、NASがウィルス感染などしなければ、ルーターと同程度のセキュリティレベルだろう(やや甘いかな)。

2017-08-02_101929-crop.jpg
外部公開するには、NASのWebサーバー設定で、公開サービスとしてチェックしておくことも必要。
インターネットからは、Dynamic DNSを使ってアドレスが解決されるわけだけれど、これはVPN用に使ったmyQNAPcloudのものを使用する(VPN用と同じ名前)。

ネット情報を見ると、myQNAPcloudのものを使うと、QNAPユーザーであることがバレバレになるから避けるという人がいるけれど、私の場合は自分用で積極的に公開するつもりはないので、気にしない。

2017-08-04_195514m.jpg それとお約束というか、VPNではPPTPサーバーであるNASにたどり着くためにポートマッピング設定をしたように、Webサーバーでも同様、外部からの80ポートへの通信はNASへ向けるように設定する。

今、契約しているプロバイダから無償で利用できるホームページの内容を、NASにコピーして動作確認。
ローカル・アドレスではもちろんOK。

ところが、LAN側からはDDNS名を使うとたどり着けない。試しにスマホのWiFi接続を切って、モバイル回線(つまり完全外部)からアクセスすると、こちらはOK。

ネットで情報を探すと、同様の現象が起こるルーターとそうでないのもあるようだ。なぜそうなるのか、理由はわからない。したがって解決策もわからない。

PCは常時LAN接続だから、ローカル・アドレスでつなげばよいわけだけれど、なんとなく気持ち悪い。
それで、このPCについては、hostsファイルを使って、DDNSの名前をローカル・アドレスに振り向けることにした。

PCは通常、家の中で使うからこれで良いのだが、家と外出先を往き来するスマホやタブレットはそうはいかない。通信環境が違うことでブラウザが動作したりしなかったりすることになるのは具合が悪い。
つまり、hostsファイルが威力を発揮するのはスマホのほうなわけだけれど、残念なことに、Androidのhostsファイルをいじるにはルート権限が必要らしい。

スマホのルート化の情報はネットで見つけたが、タブレットの方は未だにルート化情報がない。


まとめて解決するには、LAN内にDNSサーバーを立てて、まずこちらを引くようにすれば良さそう。
ネットには、QNAPにLinuxのDNS(dnsmasq)を導入するという記事もあることはあるのだけれどどうしよう。

"Linux station"というQNAPのアプリを入れれば、NASがLinux PCになるらしいが、それにはUSB接続のキーボードやディスプレイが要るようだ(ディスプレイはHDMI経由でテレビで代替できるけど、キーボードは持ってない)。

dnsmasqのようなアプリをQNAPが提供してくれるか、ルーターにそういう機能があったらラクだろうなぁ。
メーカー側で用意したら利用しようというユーザーは多いのでは。

NASを利用したVPN接続

昨日の続き。
自宅NASへのVPN接続である。

自宅のLANへのVPN接続は、以前にもやっていたことがある。
そのときは、ルーターにPPTPサーバー機能があり、スマホの回線(SoftBank)やタブレット用のデータ専用回線(IIJ)もVPN対応していた。
その後、データ専用回線をU-mobileに変えたらVPNを通さなくなり、また、有線インターネットの契約を変更してオマケで付いてきたルーターもPPTPサーバー機能がなく、結局、VPN接続からは縁遠くなっていた。

この間、クラウド・ストレージを使うようになって、仕事上などでは自宅LANへアクセスする必要がなくなり、VPNができなくても特に困ることがなくなった。
近年、MVNOの利用が増加中のようだけれど、VPNを通すか通さないかなんていう情報は業者側から積極的には出されていないと思う。それまでアタリマエに使えていたものが使えなくなるのはショックだから、キャリアを変更する前に良く調べた方が良いと思う。


さて、今回導入したQNAP TS-231Pは、いろんな機能が使えるわけだが、その中にVPN機能もある。
今使っているスマホの回線はBIGLOBEだけれど、この回線はVPNを通してくれるのだけれど、あまりニーズのないVPNのためにVPNサーバーを用意するのはお金の無駄だと思って、今までやってなかったのだけれど、NASにその機能があるというなら、試してみたくなった。
昨日の記事に書いたように、QNAPの標準的なQfileを使ったアクセスでは、ストリーミング再生がうまくいかないということもある。

QNAP TS-231Pがサポートするのは、PPTP、L2TP/IPsec、OpenVPNとあるのだけれど、以前から使い慣れていて、スマホでの接続実績もあるPPTPでやることにした。(というか他の2種類については知識がない)

設定手順は以下の通り。

2017-07-29_161419.jpg 〇NASへのVPN機能のインストール
QNAP TS-231Pは初期状態ではVPN機能はインストールされていないので、APPセンターから"QVPN"というアプリケーションをインストールする。






2017-07-29_122653.jpg 〇VPN環境設定
利用する方式(PPTP)、認証方法、暗号化などの設定
(VPNプールは使い方が良くわからないので、デフォルトのままにしている。)







2017-07-29_122819m.jpg 〇VPNユーザー設定
VPNで接続するユーザーを設定する。







ここまではPCのQNAP QTSで作業する。

次はルーターでの作業。

2017-07-30_203658.jpg 〇ルーターのポートマッピング設定
NASはWANからみてルーターの奥にあるから、VPNコネクション要求がNAS上のPPTPサーバーに届くように、ポートマッピングを設定する。

我が家のルーターは、"Aterm WR8750N"という機種である(プロバイダから無償貸与)。





2017-07-29_161622.jpg 以上で宅内側の設定は終わり。

次にスマホ側であるけれど、Android標準のVPN接続機能を利用する。
ホスト名は、myQNAPcloudでもらっているDynamic DNSの名前、ユーザーは上で設定したPPTPユーザーである。

そして問題は、インターネットからのNASへの接続は、昨日も書いたようにmyQNAPcloudユーザーの認証が必要となる。
Android標準のVPN設定では、そんな機能はない。
Screenshot_20170729-131746m.jpg このため、QNAPの"Qmanager"というスマホアプリをインストールし、これを使ってmyQNAPcloud(QID)認証をしておく。

以上で、インターネットからの自宅LANへのVPN接続ができるようになる。
もちろんLANへの接続だから、NASだけではなく、LAN上の機器にもアクセスできる

さて、この環境で、flac音楽ファイルの再生はどうだろう。
宅内LANと、論理的には同じなのだけれど、ハイレゾ音源は、やはり無理のようだ。ストリーミング再生をしようとするのだけれど、回線速度が追い付かない。

外出時に自宅のマルチメディア・コンテンツを視聴するには、やはりWiFi接続かな。

自宅NASへのインターネットからの接続

新しいNASのQNAP TS-231Pには、多彩な機能が用意されている。
前のNASにもついていたiTunesサーバーやDLNAサーバーは標準で付いているし、Video stationとか、Music stationというようなマルチメディア系の配信機能も付加できる。

インターネットからの接続機能もある。

前のNASでも、メーカーが用意したDynamic DNSを使ってインターネットからアクセスする機能は付いていたのだけれど、残念なことに、今使っているルーターがサポートしているDynamic DNSは限られていて、しかも有償だったので使わなかった。


今度のQNAP TS-231Pは、ルーターを超えてDynamic DNSが使えるようになっている。
また、そのDynamic DNSも、メーカーが提供する"myQNAPcloud"というサービスに無償のサービスが含まれている。至れり尽くせりである。
2017-07-29_164508.jpg
そして、これを簡単にできるように、メーカーから"Qfile"というスマホアプリが提供されている。

インターネットからのNASへの接続では、NASのユーザーID/パスワードだけでなく、myQNAPcloudに登録したユーザーID/パスワードも必要である。
下のアプリ画面で、QIDというフィールドに、myQNAPcloudのユーザー情報を設定する。

そして、実際にNASへアクセスする場合は、NASの共有フォルダ、ユーザー管理が有効となるから、NAS自体のユーザーID/パスワードを入れるようになっている。


Screenshot_20170729-163453.jpg Screenshot_20170729-163814m.jpg


というわけで、簡単にNASにアクセスすることはできるのだけれど、NAS上の音楽データの再生では不満が残る。
オーディオやビデオのデータにアクセスして開くと、メーカー標準のプレイヤーで再生が始まるのだけれど、私が標準にしているオーディオファイルは、flacである。これの再生ができない。
もちろん一旦ダウンロードすれば自由にプレイヤーを選択できるわけだけれど、そんなことはしたくない。やはりストリーミング再生したいのである。

ということもあって、やはりVPN接続をやることにした。
(続く)

NASのデータ復旧と反省

NASのQNAP TS-231Pがちゃんと動作するようになったので、いよいよ前のNASから退避していたデータを新NASへ戻す作業となる。

2017-07-27_222908r.png 単純に、PCにつないだ外付けドライブから、LAN経由でQNAPにコピーするわけだが、ありがたいことに、転送速度は100MB/s前後が出ている。極めて高速である。

我が家の有線LANケーブルは、建築時に壁面に埋め込んでいるもので、17年も前のことだから規格はカテゴリー5、1Gbpsは出ないものと思っていたけれど、どうやら1Gbpsが出ているらしい。
前のNASのときは、転送速度は20MB/sも出ていなかったから、圧倒的に速い。LAN経由だから仕方がないと考えていたけれど、そうではなくて、NAS自体の性能である。(フォルダ・プロパティを見るのもかなり時間がかかっていたから、うすうすNASの性能だとは感じていた)

新しいNASは、QNAP製品にしようか、Synology製品にしようか、随分迷ったのだけれど、結局はCPUの速さでQNAPにした。Synologyでも同等の速度だったかもしれないが、とにかく遅いコンピュータはイヤなので、速いと期待できる方を選んだ次第。

QNAP TS-231P前面のUSB端子に外付けドライブを挿せば、これからのバックアップはLAN(もちろんPCも)を介さずNASだけでできるらしい(従って超高速のはず)のだが、そのためには、QNAP TS-231P側でドライブを初期化して、バックアップするフォルダのペアの指定とかをしておく必要がある。
実際に外付けドライブをQNAP TS-231PのUSBに接続すると、「バックアップストレージに設定するか」などとPCに聞いてくる。もしそうしたら、外付けドライブが初期化されてしまう危険があると感じたので、今回はやめにしたが、今後、定期的なバックアップに利用できれば良いと思う。


もう一つ、QNAP TS-231Pで良かったことは、作動音が小さいこと。
アクセスがないときはもちろんだけれど、書き込み中も意外に静かである。PCのファンの音の方が大きいぐらい。
前のNASは、結構ファンの音がして、だから普段人がいない(昔の子供部屋)に置いているのだけれど、この程度の音だったら、リビングなどに置いても良いかもしれない。

さて、前のNASのデータ復旧でのトラブルについて。

写真のデータ、約150MBは順調にPC外付けドライブから、NASへコピーできた。
次に、音楽データのコピーにとりかかって、しばらくすると……

2017-07-27_223350.jpg コピーが途中で停止。
メッセージを見ると、ファイル名が長すぎるという。


データの多くがCDからのリッピングデータだけれど、そのファイル名にはやたら長いものがある。
これは、曲名などのタグ情報をもとにファイル名を付けているからである。

一番長かったのは、オペレッタ・アリアのメドレーで、5曲をメドレーで歌っているのだけれど、ファイル名がなんと、その5曲の[演目名|曲の歌い出し]を連結していたもの。


実は、前のNASから退避先ドライブへコピーするときも同じトラブルにあっている。このときは、ファイル・システムの違いでファイル名として許容される長さが違うのかなと考えて、引っかかった数も少なかったので、ファイル名を変更して対応した。

そうやって極端に長いファイル名は変更したから、復旧するときに同じ現象が起こるとは思っていなかった。しかも、フォルダのプロパティを確認してファイル数を数えると、100を超える差がある。大量にエラーが発生しているわけだ。

これはファイル・システムの問題ではない、パス名の長さの問題なんだと気がついた。
深い階層を持つフォルダを丸ごとコピーしていたから、フォルダに含まれる階層の分だけ、パス名が長くなっている。このせいで、パス名がシステムで扱える長さを超えたようだ。
(良く見れば、エラーメッセージにはちゃんと「パス名」と書いてある)

それで、コピーをミスしたフォルダを探して、そのレベルでのコピーを行うと、今度はエラーになることもなくコピー終了。フォルダ・プロパティでファイル数を確認して、漏れが無いことも確認。

CDをリッピングしたファイルは、[トラック番号||タイトル]という形式に統一していたから、コピーに失敗するとトラック番号が跳ぶので、エラー部分を特定するのはたやすい。(DOSのtree /fコマンドを使って、ツリー構造全体をリストしてチェックする)


こうしてようやく1.5TBぐらいのデータを新しいNASに復旧したのだけれど、やり終わってから気がついた。
音楽データ、写真、その他で、それぞれ専用の共有フォルダを作ったのだけれど、どうも使いにくい。フォルダを再編成しようと考えたのだけれど、共有フォルダ自体はリネームができない。

さらに、別の共有フォルダへ移動しようとすると、別エクステントの扱いらしく、アドレスの付け替えではなくて、複写⇒消去しているみたい。当然、コピー時間がかかる。しかも、同一ディスク上だから、読み出し・書き込みで、倍の時間を要するようだ。これはとても耐えられない。
ということで、共有フォルダの構成はなんとも不恰好になってしまったけれど、もう変更する気力がない。

NASのセットアップ

新調したNAS用のディスク1本が届いた。
前のNASに装着していた2本のディスクのうち1本が使えなかったので、その代替である。

前に書いたように、新しいNAS、QNAP TS-231Pのセットアップが、ディスクの異常のためにマニュアル通りにはできなかった。動いていることは動いているけれど、標準状態から外れたままでは何か都合が悪いことがあるかもしれない。この際、工場出荷状態に戻して、クリーン・インストールすることにした。

ありがたいことに、ネットを検索すると、工場出荷状態へ戻す方法の解説記事があった。
シャットダウンして、ディスクを抜いて再起動すれば良いという、あまりにそっけなくて、なんだか狐につままれたような話である。

他に、機器のリセットボタンで工場出荷時に戻せるという記事もあったけれど、結果的には上述の方法でできたので、リセットボタンは使わなかった。
それにしても、人気機種を選ぶというのは、こういう情報入手において有利である(多すぎて、あるいは古い情報が残ってたり、困惑することもあるけれど)。あんまり珍しい機械は素人は使わないほうがよさそうだ。


Qfinder_init.jpg さて、この機種は、2つのドライブがあって、2ドライブを1論理ドライブにする(JBOD=Just a Bunch Of Disks)、ミラー(RAID1)にする、単純に2ドライブとして使用する、3種類の使い方ができる。
前のNASは贅沢にミラーにしていたのだけれど、今回は最も単純な2ドライブとして使用することにした。

理由は、2つのディスクのうち、1つは6年ぐらい使ってきた古いもので、一緒に使っていたディスクが障害を起こしたわけだから、こちらもいつ障害を起こすか不安であり、2ドライブを1つにして使うと、この古いディスクが障害を起こした場合、困ったことになるかもしれないと考えたから。

前のNASをRAID1で使っていたのは、その前のNASが2年ぐらいでクラッシュして懲りたからだけれど、実際にNASに収容しているデータの多くは家にあるCDをリッピングしたもの(CDをいちいち挿入せずに、複数あるオーディオセットで楽しめる)。ということはデータの書き換えはないし、蓄積が増えるタイミングもそう頻繁ではない。最悪でも、再度、CDをリッピングすれば済むし、それが面倒でも、別にバックアップがあれば良いわけで、ミラーにする必要性は低い。

あと大きなコンテンツとしては、過去から撮りためている写真類があるが、これはさすがになくなっては困るものなので、きちんとバックアップはとりたいが、これもミラーにするまでもなく、別途、外付けドライブなどにバックアップをとれば良いだろう。

ということで、単純2ドライブでの使用を選択。
上述の手順で工場出荷時に戻してディスクを挿入すれば、“QFinder Pro”は既にPCにインストールされているから、マニュアル通り「スマートインストール」が起動される。これで一安心。

前に障害ディスクを挿していた時は、スマートインストール自体が起動されなかった。

ただし、新しく買ったディスクをドライブ1に挿入し、ドライブ2は空けたまま。
こうすることで、ディスク1本での運用を基本にしておこうという目論見である。

前になんとか動いたときに、ドライブ1側にはシステムが入るようだったので、それなら新しいディスクはドライブ1側に挿すことにした。


前のNASと基本設定は同じにするということで、前のNASと同じ固定IPアドレスにして、DNSもルーターを指すように設定。最小限のセットアップである。

続いてドライブ2に、古いディスクを挿入、NASがディスクの初期化を確認してくるので、初期化を実行し、単一ボリュームで使用するように設定。(ドライブを指定して、もう一つ「ストレージ・プール」を作成し、単一ボリュームを選ぶ)

2017-07-24_232029.png

ユーザー定義と、共有フォルダの作成およびアクセス権設定を順次行って、ようやくNASとして使える状態に。

続いて、前のNASから外付けドライブに退避していたデータをQNAPに戻す。
やることは単純なのだけど、ちょっとしたトラブルもあった。
長くなるので、稿をあらためる。

NASを新調したけれど

前に、自宅のNASの調子が悪いと書いた。
その後、NASのデータを、外付けドライブやパソコンのディスクに、分散してバックアップしていた。
とはいうものの、いつまでもこのままでは不便なので、NASを新調することにした。

前のNASは調子は悪いものの、ディスク自体の異常はログには残っていないので、ディスクはいずれは換えるとしても、当面は前のディスクをそのまま使うことにして、ガラだけのものを購入した。
QNAP TS-231P、Amazonで24,000円弱。

前のNASからのディスクの取り出し(どこを開けたら良いのか迷った)、取り出したディスクの新NASへの装着(装着に必要なビスが製品に同梱されていることにしばらく気づかなかった)で、少々ばたついたけれど、とりあえず、製品添付のマニュアルに従ってやれば、簡単にセットアップできるだろうと思っていたのだけれど……

P_20170723_184555_vHDR_Auto-crop.jpg ディスクの初期化の途中で、異常、そこから先へ進まない。
自動セットアップが挫折したので、なんとかあちこちいじくって、状況の確認をする。

この製品用のQFinderというソフトで状態を確認すると、そもそもディスクを認識していない。
そこで、問題のあるディスクを抜き挿してみると、とりあえず今度は認識に成功し、初期化もなんとか終わった。
しかし、再度状態を確認すると、「警告」である。ディスクは今は動いているけれど、このまま使い続けるのは良くないというメッセージ。

しばらくそのまま放置していたのだが、NASを置いている部屋の前を通ったときにNASの赤ランプの点灯に気づいた。
また状態を確認すると、やはりディスクを認識していない。今度は、ディスクを抜き挿ししてもムダだった。

しかたがないので、新しくディスクを購入することにした(6,000円ちょっと)。
さすがに、警告状態で使い続けるのも怖くて、本格的に設定して、以前のデータを収容するというところまではやっていない。結局は新しいディスクを買うしかないわけだ。

とりあえずディスク1台をネットで注文したのだけれど、ひょっとして今は動いている1台も差し換えたほうが良いのだろうか。
古いディスクを使い続けるなら、ミラーで運用したほうが良いのだろうか。
悩みは尽きない。(資金は尽きるけれど)

ポケモンGOの利用者

pokemon_go_users.jpg
「ポケGO」利用者数、リリース時の半分以下に
 高齢化も
 2016年7月のリリース以降、社会現象を巻き起こしたゲームアプリ「Pokemon GO(ポケモンGO)」だが、1年が経過した現在も定期的にプレイしているユーザーはどの程度存在するのだろうか。ネット行動分析サービスのヴァリューズが調査結果を発表した。
 調査によると、17年6月の時点でポケモンGOを定期的にプレイしている「アクティブユーザー」は、前月比4万人減の約442万人。配信当初の4割程度にまで減少していた。
 ただ、このアクティブユーザー数は、主要なゲームアプリの中では「LINE:ディズニー ツムツム」(約642万人)に次いで2位。以下、「LINE ポコポコ」(約221万人)、「モンスターストライク」(約145万人)、「LINE POP2」(約140万人)と続いた。
     :
 17年6月現在のアクティブユーザーの年齢層は、20~30代が52%、40~60代が48%。配信当初と比較して、40代は2%、50代、60代は4%ずつ増加し、ユーザーの年齢層が緩やかに高齢化しつつあることがうかがえた。
     :
ITmedia
ネットの情報サイトに、“「ポケGO」利用者数、リリース時の半分以下に 高齢化も”という記事があった。

昨年、話題をさらった「ポケモンGO」、私もリリース直後にスマホにインストールして、遊んでみた。
私がインストールしているゲームは、「数独」とか「スリザーリンク」というパズル系のアプリだけで、アクション系は興味がなかったのだけれど、ポケモンGOは、AR(拡張現実)技術という触れこみだったので、どんな感じに仕上がっているのかに関心があった。

ただし、最初にインストールしたZenfone2 LaserにはジャイロセンサーがなくてAR機能は使えなかった。(今使っているZenfone3はOK)


実映像、あるいは実物に、別の映像を合成して見せる出し物は、結構昔からある。
EXPO '70のとき、チェコスロバキア(当時)が出展していた「ラテルナ・マジカ」というものがあった。
パントマイムと映像を合成するもので、ネットで調べると長い歴史があり、今も発展中のようだ。⇒Laterna Magika(Wikipedia)

また、フロリダのディズニー・ワールドに行ったとき(1989年)、EPCOTセンターの地下で、ディズニー・ワールドを支えるコンピュータ群を紹介するというアミューズメント(?)があったのだが、ここではコンピュータ室を仕切るガラスにミッキーが現れて説明する趣向だった。

というようなわけで、ARってあらためて言われなくても、マルチメディアの発想自体は随分古くからあるわけだ。
ただ、ARが新しいのは、従来のものは、それらの重ね合わせが制作者の意図に基づいた固定的な作品だったのに対し、ARではセンサーと連動して、実物の上に重ねるという点だろう。
Screenshot_20170718-102238m.jpg 医療の現場では、外科手術で医師が操作する機器のスコープに、病巣を見やすくしたり、ガイドする情報を重ねるという使い方も行われているらしい。

とまぁ、アカデミックな理屈をつけてポケモンGOをインストールしたとしても、要するにゲームで遊んだわけだけれど、さすがにこういうものに縛られる生活も情けないと感じるようになってから、遊ぶ頻度はどんどん落ち、この記事を書くにあたってポケモンGOの行動ログをチェックすると、最後に使ったのは2017年4月18日だった。件の記事を裏付けるような状態である。

また、記事によると、「高齢化」しているという。
そういえば、この頃、電車や駅でスマホをいじっている人で、え、このおじさんが、このおばさんが、という人がポケモンGOをしているのをよく目にする。

私がやっていた頃も、周囲は、この爺さんがポケモンGOをやってると、好奇の目で見ていたのかもしれない。
なお、若僧たちは、「ツムツム」とか「パズドラ」(どちらも私は知らない)というようなのをやっているようだ。

私にも、高齢化が実感できる。

記事のデータを信じれば、アクティブ・ユーザー442万人の48%が40~60代、つまり212万人が「高齢者」である。そして、この傾向は今後も続きそうだという。
爺婆だましでない、高齢者向けのゲームを開発する気はないだろうか。
これからの主力ユーザーになるはずだから。

「夏向きのアプリ」の補足 照度センサー or 近接センサー?

Ring_max_flow.jpg 「夏向きのスマホ・アプリ」では、カバンに入ったかどうかをどう検知するかがキモである。

以下、「カバンに入ってる」をインバッグ、「カバンに入っていない」をアウトバッグと書くことがある。


まず、インバッグを判断するのに使えそうなのは、近接センサーと照度センサー。もちろん、どちらも上着のポケットに入れたか、カバンに入れたかを区別することはできないが、上着のポケット内で鳴動してもかなり音は減衰するから、区別する必要もないだろう。なお、照度センサーだと夜、照明を消してもカバン内と誤認するだろうけれど、それでも実用上、特に問題はないだろう。

前に、近接センサーではうまくいかないので照度センサーを使うことにしたと書いたけれど、その理由はこうである。
まず、近接センサーというのは、多くのスマホでNearかFarしか区別しない。私のZenfone3では、0cmか10cmという値になる。試してみると3~4cmぐらい近接すれば(掌か指かでも違うようだ)0cm(Near)で、それ以外は10cm(Far)になる。

これを単純に、Nearはインバッグ、Farはアウトバッグとすると、インバッグのときに誤ってカバンから出たと判定することはめったにないけれど、アウトバッグの状態で、指を画面に近づけた途端にインバッグに切り替わってしまう。
実際にやってみたのだが、画面に指を近づけるというか、横切るたびにモード切替が起こって、わずらわしくてしようがない。それで、検出時刻の時間差が一定以上なければ、その検知を無視するようにしてみたのだけれど、ウェイトのタイミングがうまくとれない。

いろいろ試したけれど、結局、照度センサーを使う方が理にかなっていると思うようになった。
単純には暗くなったらインバッグ、明るくなったらアウトバッグということだけれど、照度の場合は0luxから数千lux以上と、かなりの幅がある。
照度を使う利点は、明るい、暗いを同じ値で揃えず、「あそび」の範囲を作れることである。
インバッグへの移行はかなり低い照度(5lux)でないと起きないが、一旦インバッグになると、アウトバッグへ戻るのは同じ同じ照度ではなく、それより高い照度(20lux)が必要とする。つまり、5~20luxの範囲があそびの領域となる。

はじめは低い方を50lux、高い方を200luxぐらいにしてみたのだが、それでも上着のポケット程度だと誤動作する。また、オフィスと自宅では環境の照度が全然違っていて、自宅ではスマホを少し傾けると20luxぐらいにまで照度が落ちる。
そもそもカバンの中の環境のほうが安定して暗いはずだから、インバッグになる照度は低めにして、アウトバッグになる照度は、カバンの中での照度変化のささいな上昇程度にしておけば良いだろう。
そういうわけで、今のところ、インバッグに入る照度を5lux、アウトバッグに戻る照度を20luxで試して、良い値を探っているところである。


そう考えてきたところ、近接センサーと照度センサーを組み合わせるというのも有効かもしれない。
組み合わせるといっても、両方の条件を満たした時に、音量設定を行うというやりかたもあるだろうし、イン・バッグモードになるときは照度で、アウト・バッグモードになるときは近接でというやりかたもある。

意図しないときにモードが切り替わるというのがまずよろしくないが、特に避けたい誤動作は、普通に使っているときにインバッグになってしまうこと。そう考えれば、インバッグにする条件は厳しくするのが良いかもしれない。
フローは簡単に変更できるから、またいじってみようと思う。

ところで、マナーモード(消音)にすると、このフローが動いていると、明暗の変化で音量設定が行われるわけだが、そのとき消音設定も無効にされてしまう。
もちろん、フローにそれを考慮してやる(音声の状態を検知して、音量設定を行わないようにする)こともできるわけだが、マナーモードにする機会は特別な場合に限られるだろうから、そのためにフローに余計なワンステップを入れるぐらいなら、マナーモードにするときにはフローを停止するほうが良い。マナーモードを解除するときに、またあらためてフローを起動すれば良いわけだ。
プロが作るアプリならば、そういう不細工なことはできないだろうけど、自作のものならこれで何ら問題はないだろう。


【追記】マナーモードの考慮

マナーモードの利用シーンを考えると、マナーにしてカバンに入れる行動のはごく普通で、このときにマナーモードが解除されるのは大変都合が悪い。
ということで、音量設定に入る前に、マナーモードのときにはバイパスするように変更した。


“Automate”の動作について補足

Ring_max_flow.jpg 昨日の「夏向きのスマホ・アプリ」で、機能実現に使用したAutomateについて、説明を補足。

Automateというアプリは、いわゆるタスカーというジャンルのアプリで、スマホのOS(Android)の機能や、インストールされているアプリの起動・停止を一連の手続きとして一括処理できるようにするものである。
英語だけれど、ちゃんとしたドキュメントがネット上で提供されている
用語だけを列記すると、一連の手続きの実行プロセスを“Fiber”と呼び、手続きの記述を“Flow”と呼んでいる。手続きの作成イコールFlowの作成である。

Flowは、“Block”の組合せで記述する。
Blockには、OSの機能を実行する、他のアプリを呼び出す、Flowの流れを制御する、といった働きがあって、各Blockには、IN(制御の入口)と、OUT(制御の出口、Blockの状態でYesとNoの2つあるものもある)を持つ。
Flowの作成は、このBlockをつなぎあわせることが作成する。
これはBlockのOUTから次のBlockのINへと指でドラッグすることででき、とてもわかりやすくできている。

今日は、昨日のカバンへの出し入れで苦労したセンサーの使い方だけを説明する。

スマホ内蔵のセンサーについては、それぞれに対応したBlockが用意されている。
最初にテストしたのは近接センサー、結局採用したのは照度センサーなのだが、照度センサーを使って、センサーの説明をする。

その前に、こうしたセンサーの状態を検知して動作するようなプログラムを書く場合、避けるべきことは、目標の状態になったかどうかの検知を、プログラム自身のループで実行することである。そういうことをすると、無駄にCPUを使って、他のアプリの動作に影響するだろうし、何よりバッテリーの消耗が激しくなる。
そうしたループを書かざるを得ない場合は、途中に必ず待ち(Automateの場合は“Delay”というブロック)を入れて、CPUを占有しないようにしなければならない。


Screenshot_20170707-094815.jpg さて、照度センサーの説明は、Automateのdocumentでは次のように説明されている。

Ambient light

A decision block that checks the ambient light using the built-in sensor.

If the proceed option is set to Immediately, then check the current light level without pausing the fiber. If set to When changed, then the fiber will pause until the light level comes within the lux range, or goes out of range.

If both minimum level and maximum level is set and doesn’t evaluate to null then the light level must be within the range. If only minimum is set, then the level must be greater than or equal to it. If only maximum is set, then the level must be less than or equal to it. If neither minimum nor maximum is set, then the current level is just assigned to the current level variable without a check.


照度センサーブロックには、照度が一定範囲に入るまでウェイトする機能があるように読める。それはproceed optionで、When changedを指定し、かつ、input variablesで、範囲指定をすれば良いようになっている。

Ring_max_flow-crop.jpg 混乱したのは、このブロックにYesとNoの出口があって、条件を満たした場合は解るけれど、満たさない場合の出口ってどういうことなんだろう、ひょっとしたら満たさなくてもブロックを抜けるんじゃないかと思ったから。
試しにNo側でダイヤログを出すようにしてみたら、そこへ抜けることもあったが、どういう状況かわからない。

なお、proceed optionで、immediatelyを指定すれば、直ちに照度の値をセットしてブロックを抜けるように読めるけれど、やってみるとここで停止してしまうようだ。


というわけで、ドキュメントに頼れないところがあるのだけれど、幸い、Automateにはログ機能が付いている。
Flowを実行すると、どのブロックを実行しているのかがログとして出てくる(ログを出さない指定も可)。
これで、Ambient lightのブロックで、実行が停止していることがはっきりわかる(ログを信じればだけど)。
スクリーンショットではわかりにくいので、どんなログが出されているかをこちらへ示す。
Screenshot_20170707-102419.jpg
2017-07-07 10:22:01.426 INFO 108@1: Flow beginning
2017-07-07 10:22:01.427 INFO 108@27: Ambient light?
2017-07-07 10:22:08.311 INFO 108@2: Audio volume set
2017-07-07 10:22:08.326 INFO 108@3: Audio volume set
2017-07-07 10:22:08.331 INFO 108@28: Ambient light?
2017-07-07 10:22:09.540 INFO 108@9: Audio volume set
2017-07-07 10:22:09.552 INFO 108@10: Audio volume set
2017-07-07 10:22:09.557 INFO 108@27: Ambient light?

起動してから、センサー部分に指をおいて照度を変えたりしているので、複数あるAmbient light?ブロックを1回ずつ通過し、最初に通過したAmbient light?ブロックで待機していることがわかる。

なお、“INFO 108@n”の@以下の数字は、Flowのブロック番号で、Flow図中にあるもの。付番の仕方はアプリ任せである(ブロックを作成するごとに1番ずつインクリメントしているようだ)。
また、このログを取得してからフローをいじった(動作確認のバイブとメッセージの追加)ので、フローとは少し違う。


目的の機能を実現したので、他のいろいろなブロックは試していないが、最終的なフローになるまでに試したものとしては、条件判断(GENERALのExpression true)、変数への代入(GENERALのVariable set)など。
昨日の目的で最重要の音量設定ブロックはもちろん使っているが、残念なことに、設定する音量(パーセンテージ)には変数が使えず、即値のみである。

いろんなことができそうなアプリではある。
しかし、常時起動しておくような手続きは、バッテリー消費が激しいだろうから、手動起動のもの以外は抑制的に使うべきだろう。
また、実用からは離れて、Androidの機能について勉強するのにも良いアプリだと思う。

というか、Androidの機能や構成を理解していなければどうしようもない。
私も手探り状態である。


夏向きのスマホ・アプリ

20151127_1431044.jpg 夏になると上着を着なくなるので、上着のポケットに入れている物の持ち運びに困る。
上着に入っているものといえば、たばこ&ライター、スマホ。

仕方がないのでこれらをカバンに入れることになるわけだが、たばこは持ち主の意志によって使用するだけだから問題ないけれど、スマホというやつは電話やメールが着信する。つまり持ち主がそれを取り出すことを強制してくるわけである。

着信音や通知音は普段は大きいとやかましくて、周囲にも迷惑だと思うけれど、カバンに入れると気がつかないことが多い。
スマートウォッチや通知専用バイブレータというものがあれば、スマホをカバンにいれていても、振動で気がつくだろうと思うけれど、持ち物が増えるのはいやだし、なにより費用がかかる。
結局、一番簡単なのは、カバンに入れるときに通知音を大きくすることだ。

しかし、カバンに入れるときに、毎度ボリューム設定をするのは面倒、適当なアプリはないだろうかと探していたが、これというものがない。あまりに単純なものだから、アプリとして出すほどのことがないということかもしれない。

Android_Automate_Icon.png あきらめきれないので、タスカー(tasker)といわれるジャンルのアプリを使って、自動化することにした。
使ったのは“Automate”というアプリ。

似たような名前で、“Automagic”というのもあるが、こちらは有料(300円)。とりあえずはカバンに入れたときに通知音を上げるというだけが目的なので、有料アプリはパス。


目的のものは、
  1. カバンに入ったことを検知して、着信音、通知音を100%音量にする
  2. カバンから出されたことを検知して、着信音、通知音を50%音量にする
たったこれだけのこと。
キモになるカバンに入ったことの検知については、スマホの近接センサーか照度センサーを使えば良いとアタリをつけたが、実際にやってみると照度センサーのほうが良い(理由はあらためて)。

Ring_max_flow.jpg 結果、できあがったフロー(Atutomate上で作成)が、右のとおり。
簡単に解説すると、
  1. (起動)

  2. 照度センサーが5lux(*)以下を検知するまでウェイト(**)

    (5lux以下になれば)
  3. 着信音量を100%にセット
  4. 通知音量を100%にセット
  5. 動作確認のためバイブ

  6. 照度センサーが20lux(*)以上を検知するまでウェイト(**)

    (20lux以上になれば)
  7. 着信音量を50%にセット
  8. 通知音量を50%にセット
  9. 動作確認メッセージ

    (2.に戻る)

    5lux20lux というのはとりあえずの値。
    ** フローでは、センサーブロックでNO の場合に、反対側の音量設定へ制御を移すようにしているが、条件を満たさずにウェイトから抜けるとは何なのか不明。この遷移は実際には起きないかもしれない。単純にブロックのINへ戻しても良いのかもしれない。

見てわかるとおり、きわめて簡単なフローなので、作成時間は数時間、そのほとんどがセンサーブロックの動作確認・テスト。
とくに、はじめは近接センサーを試していて、これは使えないなと判断するまでの時間がかなりかかった。

長くなるので、Automateやセンサーの使い方などについては、稿をあらためて紹介する。

NASの調子が悪い

P_20170708_115522_vHDR_Auto.jpg この頃ときどき、自宅のNASの調子が悪くなる。
原因不明だけれど、症状としては、異常な通信を出し続けるというもの。
その結果、LAN全体が輻輳により、通信ができなくなる。
この半年ほどの間で、既に5~6回、同じ現象が起こっている。

使用している機種は、I-O DATAのHDL2-S2.0、2TB(ミラー構成で1TBで使用)。既に生産終了となっている製品で、我が家では、かれこれ6年ぐらい使っている。モノがモノだから、ずっと休まずに働いてきたわけだ。

その前にもNASを使っていたのだけれど、そちらは2年程使ったところで、部分的に読み出しができなくなった。その経験があるから、後継機はミラー構成にした。
HDL2-S2.0の方は、いままでディスクのエラーは出ていない。

はじめて異常通信を起したときは、何が起こったのかさっぱりわからず、LAN障害だろうと思って、ルーターの再起動などを試みてうまくいかなかった。また、障害が出るのは有線LANだけで、無線LANは通常どおり利用できたので、これはルーター自体の障害だろうと考えた。

ルーターはプロバイダから無償貸与されているものだから、コールセンターに電話をかけたところ、コールセンターでは、まず原因特定をきちんとしましょうと、無理難題―簡単なことなんだけど、ルーターの場所を動かしたり、結線を変更するのは本当に面倒―を言われ、ルーター交換するにしてもやっぱり結線変更とかしなくちゃならないわけだから、気を取り直して、結線を変更してテストなどをしてみた次第。

それで結線を変更しているときに、NASに繋がるラインも抜いたわけで、有線LANが生き返った。もちろん、NASが原因とは夢にも思ってなかったから、どれが悪いのかとケーブルを変えたり(家の各部屋までは壁の中にLAN配線がしてあるからそこは無理)しているうちに、調子よく動いていてもNASをつないだ途端にダメになるということにようやく気付いて、NASをあらためてチェックした。

もちろんNAS自体は異常通信を出しているから、こちらからのアクセスに答えるわけもなく、そして、電源ボタンも効かない。電源ケーブルを抜いて無理矢理停止。

あらためて電源ケーブルを挿し、電源(起動)ボタンを押して、無事再起動。
NASへも正常にアクセスでき、有線LANはもちろん平常通り。

まずNASのログで、ディスク障害が出ていないか調べてみたが、そういう痕跡はない。
異常なのは通信のみ。
ウィルス感染とかで、データを外部に送出していたら困ったことだが、そうした兆候は見られないし、異常時も無線LAN経由でのインターネット接続は問題がなかったから、外部へデータを送出していた可能性は低いと思う。

sambaの脆弱性が報道されていたが、それはWindowsでの問題で、安物のNASはだいたいがLinux。


対処方法はわかったわけだけれど、そうたびたび起こるのは具合が悪い。
そろそろNASも変え時かもしれない。

次はどうしよう。
やっぱりミラー構成がいいだろうなぁ。

ミラー構成で一方のディスクが障害を起こしても、そのディスクを交換する気はさらさら無い。交換ディスクの方が多分高額だろう。
もう一方のディスクが正常のうちに、別の機器を購入して、そこへコピーするのが良いと思う。

SSDも魅力的だなぁ。音がしないだろうし。

カレンダーアプリ

スマホで良くお世話になるアプリといえば、やはりカレンダー(予定表)。
ずっとAndroid標準の予定表を使っていたのだけれど、ちょっと凝ったものが欲しくなった。

少し前まで、定番とも言われるジョルテというのを使っていたのだけれど、CMが鬱陶しい。かといって、有料版(プレミアム)というやつは、月額料金が発生するらしいから、そんなものはいらない。

どんな機能が欲しいかというと、
Screenshot_20170515-161114.jpg
スクリーンショット。NOVA launcherのドックの集合アイコン(カレンダー)を開けたところ。

ネットのおすすめアプリを見て、DigiCalというのが良さそう。

まず無料版で試してみたが、ウィジェットの月表示は有料版ならできるらしい。ちょっと考えたが、キャンペーン中とかで、500円→350円だったので、思い切って購入。

スクリーンショットは、スマホのホーム画面。月カレンダーのウィジェットで、予定の有無がドットが表示されている。
注目している日に予定があれば、カレンダー下部にその予定のタイトルが表示されている。そこをタッチすれば予定の内容を確認・編集できる。
月表示の横にある「+」をタッチすれば新しい予定を作成できる。どのカレンダー(私の場合、GoogleとExchange)に予定を作成するのか選択できる。
注目日の変更は、カレンダー上で日付をタッチする。

これだけできればもう十分なのだが、不満はそれなりにある。
  • ウィジェットだからなのか、この画面でカレンダー部分をスワイプしても、月表示は替わらない。月表示横の[∧∨]で月を変更する。
    アプリの画面だとスワイプで月変更できるので、同じインターフェイスにしてもらいたい。
    (今はランチャーのページ切替になる)
  • 注目日を指定する操作は簡単で良いのだけれど、ほっておくとそのままになる。
    一定の時間が経ったら現在の日付に注目が移るようにした方が良いと思う。
    Screenshot_20170515-162805.jpg
    年カレンダーも出る
  • 即時同期機能が欲しい。
    バッテリーセーブのため、自動同期を切っていたり、同期間隔を長くしている人が多いと思う。そうするとPC側で予定を入れてもスマホ側への反映が遅くなる。標準の予定表を起動して[更新]をすれば即時同期されるのだが、本アプリでできれば簡便だろう。

不満な点もあるけれど、ゴテゴテしていないデザインは好感が持てる。

というか、昔から思っているのだけれど、日本製のパソコンソフトは妙にどぎつい原色を使ったデザインが多く、アプリもそういう傾向があるように思う。下品である。


というわけで、当分、このアプリをホーム画面に貼り付けておくことにする。(というか、有料版を購入すると他のものには見向きをしなくなるのだけれど。)

余談だけれど、Outlook予定表のGoogleカレンダーへの取り込みだけれど、今は無くてもよいようなものだけれど、今の職場をクビになったら、Exchangeが使えなくなる。予定表≒ライフログという意味もあるので、Googleカレンダーへの取り込みは今も続けている。


CANON PowerShot G9 X Mark IIの通信機能

昨日に続いて、コンパクトデジタルカメラ CANON PowerShot G9 X Mark IIについて。

この機種には、WiFiによる通信機能が装備されていて、カメラで撮った画像をPCやスマホなどに転送することができる。また、カメラにはGPSは装備されていない(バッテリー消費の関係?)から、スマホと連携してGPSデータを付加することができるという。
またBluetooth通信機能もあり、スマホをカメラのリモコンとして使えるという。

普通に写真を撮るというだけなので、実用上、こういう機能は別に無くても良い。写真のPCへの取り込みなんて、USBで接続すれば事足りる。
ではあるけれど、デジタルオタクというか、デジタルフェチとしては、付いている機能はやはり試してみたくなるので、通信機能を使ってみた。(そして少々苦労した)

■WiFi接続
まず、WiFi接続(CANONは、ハイフンを挟んで"Wi-Fi"と表記している)である。
説明書では、PCとWiFi接続する場合が書かれているけれど、実用上は、家庭内のWiFiルーターを介して通信するのが普通だと思う。
ところが、説明書には、その普通の場合の説明が見当たらない。

まずWiFiルーターへの接続については、WPSで認証して問題なくつながる(もちろん手動設定も可)。Windowsのネットワークを見に行けばデバイスは認識された状態が確認できる。
しかし、当然、ルーターがカメラにアクセスして何かの処理をするわけではない。

実用上は、カメラをネットワーク・ストレージとして認識できれば十分で、SMBなどをカメラが備えていたらそれで良いと思うのだけれど、日本メーカーの癖として、妙に作り込もうとする。


このため、通信先のPC(同一LAN上)に"CameraWindow"というソフトをインストールし、これがカメラを認識しなければならない。
ところがこのソフトをインストールして起動しても、LAN上にあるはずのカメラを探し出してくれない。

説明を見ると、"Wi-Fi接続のための設定"というソフトがある。何をするソフトなのか定かではないけれど、それを実行してもやはりカメラを検索できない。(推測だが、カメラが接続されたら検出して"CameraWindow"を起動するものではないかと思う)

CANONのホームページのQ&Aを見ると、セキュリティソフトが通信を邪魔している可能性が指摘されているので、セキュリティソフト(私が使っているのはESET)のコンソールを開いて、ブロックされた通信をチェックすると、カメラの通信がきっちりブロックされている。これを解除してやると、無事にカメラを探し出してくれ、自動的に"CameraWindow"が起動される。(カメラ側の画面はブラックアウトする)

カメラの通信設定にはIPアドレス固定というのは見当たらない。仮にあったとしてもスマホとの接続も考えればカメラ側でアドレス固定するのはまずいことになる。
ところが、ESETでのブロック解除はIPアドレス別になっているようなので、もし割り当てられるIPアドレスが異なれば、そのたびに解除操作をする必要が出てくる。アドレスでなく、ポート番号で閉塞するかどうか設定できるならそうすれば良いのだけれど、ESETでできるのかどうか知らないし、マニュアルにも使用ポートの説明は見当たらない。

通常、DHCPがリースするIPアドレスの有効期間(リース期間)というのはそれなりの長さがあると思うけれど、カメラはしょっちゅう使うものでもないだろうから、リース切れになり、IPアドレスが変わることは十分考えられる。なので、ルーター側でMACアドレスに対して同じIPアドレスを割り当てるように設定しておくのが良いだろう(我が家のルーターは可能なのでそうした)。なおカメラのMACアドレスは「通信設定」メニューの「Wi-Fi設定」の中(下の方)にある。


"CameraWindow"では、画像のダウンロードや整理などができるが、そう大した機能があるわけではない。また、このときPCアイコンを開けば、カメラがストレージデバイスとして認識されていて、これを開けば普通のファイルエクスプローラーで操作できる(PC側ソフトなしで、ストレージになればそれでも十分という気がするが)。

同一LAN上のスマートフォンとの通信も接続方法は同様である。
スマホでは、"CameraWindow"の代わりに"CameraConnect"というアプリを使うわけだが、"CameraWindow"との違いは、このアプリではカメラが視ているものをリアルタイムでモニター(リモートビュー)でき、シャッターを切ったり、ズームしたりできること。

つまり、リモートビューができるから、カメラを離したところに置いて、スマホ操作で自撮りができるというわけである。
また、未だ試していないが、スマホとの接続では、他にスマホ側のGPSデータを写真に取り込ませることができる。最近はGPS内蔵のカメラが多くなっているが、以前は外付けのGPSユニットがあった。それをスマホにやらせるわけだ。

カメラとスマホの直接WiFi接続は、カメラをアクセスポイントにするという設定(Wi-Fi接続設定メニュー)で選ぶ。
そうすると、カメラの画面に、SSIDとパスワードが表示されるので、スマホ側のWiFi接続でアクセスポイントをカメラに切り替えれば良い。なお、パスワード入力不要という設定ができるけれど、スマホによっては危険な通信とみなして接続がキャンセルされるようだ(ESETを入れている私のスマホでは接続できなかった)。

カメラをアクセスポイントとした場合も、ルーター経由で接続する場合も、通信ルートが違うだけで、同じ"CameraConnect"というアプリを使うわけで、アプリ/カメラの動作は同じである。

カメラは家の中でより、外出中に使うことのほうが多いだろうから、このスマホ-カメラ直接WiFi接続は、合理的な機能だと思う。

P_20170416_155535_vHDR_Auto.jpg
カメラ側面のWiFiボタンを押すと、
接続先メニューが表示される

P_20170416_155644_vHDR_Auto.jpg
接続先(この場合はPC)を選ぶと、
アクセスポイントへの通信確立中表示になる

P_20170416_155650_vHDR_Auto.jpg
WiFi接続確立後、接続先PCの表示

2017-04-16_153724.png
カメラ接続が完了すると、
PC側でCamereWindowが自動起動される
この画面の表示後、次の画面になる

2017-04-16_153655.png
CameraWindowの画面

2017-04-16_173635s.png
カメラが接続されている間は、
カメラはストレージとしても操作できる



DSC_0010-crop.jpg
リモートビューの状態


■Bluetooth通信
スマートフォンとの連携はBluetoothでもできる。
こちらはWiFiのような難しい設定は不要で、普通のBluetoothペアリング手順を行えば良い。
ただし、"CameraConnect"は、Bluetooth通信の場合は、リモートビューなどはできない。カメラのリモコンというイメージである。

Bluetoothは通信速度がWiFiにくらべて1桁ぐらい遅いはずなので、リモートビューはできたとしても実用性は低いだろうし、写真をスマホに取り込むのも時間がかかりすぎるからだろう。
WiFiだとスマホのアクセスポイントの切り替えなどが面倒だから、Bluetoothの方が簡単ということだけれど、あまり実用的ではないと思う。

もっともWiFi接続でも、一旦設定してあれば、面倒なのはスマホでのアクセスポイント切替の方。外出時の自撮りなどをやらないなら、WiFi接続だけで良いと思う。


なお、カメラの電源が切の状態でも、デフォルトでは、Bluetoothは入のままである。したがって一旦ペアリングしてあれば、スマホを起動したら接続され、スマホ側でカメラの電源をon/offすることもできる。
もっとも、こういう使い方はあまりしないだろう。それよりBluetoothが入のままだと、その分、バッテリーを消費するだろうから、私はBluetoothは切の状態で使うと思う。


◎「クラウドシンクロ」について
WiFi接続を使っていて、これは意外に便利だなと思ったのが、「クラウドシンクロ」という機能。
PC側に"Image Transfer Utility"というソフトをインストールしておかなければならないが、このソフトを使うとカメラ内の未転送画像が自動的にPCに取り込まれる。

推測だけれど、カメラ側でWiFi接続するときに、接続先として、PCでなく、クラウドシンクロを選択すれば、接続が確立された後にPC側で起動されるソフトウェアが、CameraWindowなのか、Image Transfer Utilityなのかが違うのだと思う。(使用するポート番号が異なり、それで区別しているのかもしれない。)

もちろんUSBケーブルで接続したら、そのほうが転送は速いし、余計なことはしなくて良いのだけれど、カメラのUSB端子の蓋を開けるのが少々億劫なので(蓋が壊れるんじゃないかという不安)、WiFiで転送できるのは、精神衛生上も良いように思う。



PowerShot G9 X Mark IIの通信機能を試した結果報告をして、やはりマニュアルの分厚さには辟易する。
上のような内容は、トラブルを抱えて、ああでもない、こうでもないと試行錯誤をした結果、私なりに想像力を働かせながら、要点をまとめてみたもの。(いろいろやっているうちに、なんとなく仕掛けが見えてくるものだ)

この製品に限らず、私はかねがね思っているのだけれど、マニュアルを作るメーカーの技術者には、通信の仕掛けがどうなっているのか、カメラ、PC、ルーターがそれぞれどういう役割を持っていて、どのようなインターフェイスで通信が実現されるのか、上記で「推測だが」と書いたような点を含んで、見取り図を、詳細なことは要らないけれど、マニュアルに掲載してもらいたい。

そうすれば、システム全体を見渡せて、各種設定や操作方法に対する理解というかカンが付いて、つまらぬ質問やクレームをサポートにぶつける人が減ると思うのだけれど。

コンパクトデジタルカメラ(CANON PowerShot G9 X Mark II)

先の沖縄旅行ではカメラは持って行かず、写真はすべてスマホで撮っている。
それは、旅行目的が結婚式で、私の立場上、そうそう写真を撮りまわれるとも思えないこともあったけれど、何より、今まで使ってきたコンパクトデジタルカメラの画質が、どうもスマホ以上ではないということがある。

スマホの画質が向上したということでもあるけれど。とくに今使っているスマホ ASUS Zenfone3というのは、カメラ性能はかなり良い部類らしい。


もう少しましなデジタルカメラ(CANON PowerShot SX30 IS)も持ってはいるけれど(いらなくなったという人からのもらいもの)、それは図体がでかいので携帯する気にならないのである。

P_20170415_103227_vHDR_Auto-cropss.jpg それで、ちょっとましな、つまりスマホよりは高画質のデジタルカメラを買うことにした。
といっても、本格的なデジイチのような機種は、重くて嵩張るし、レンズ交換できるということがメリットだとしても、そんな使い方をするような趣味も技術もない。
「(本格的に)写真をはじめよう」というつもりもない。

ある調査では、デジイチを持っていても、交換レンズを持っている人は少なく、多くの人は本体とセットで購入したものを着けっぱなしという。


結局、センサーが良くて、サイズの小さいものがあったら欲しいと思って調べていると、1.0型センサー(13.2×8.8mm)搭載というものがあることが分かった。

撮像素子、センサーサイズ比較

家にある今までのデジカメのセンサーだと1/2.3(6.2×4.3mm)というようなもので、これに比べると数倍は良いはずである。

最初に注目したのは、SONYのDSC-RX100という機種。少し前に出たものだけれど、安いところだと3.5万円程度で売られている。このシリーズは毎年新製品が出ているが、どんどん価格が高くなっていて、新機種はちょっと手が出ない。

それで最初期の古い機種だけれど、安さが魅力で、これにしよう決めていたのだけれど、価格.comで1型センサー搭載機種の一覧を眺めていると、CANONのPowerShot G9Xというのを見つけた。少し高くて4万円超。
こちらの方が軽い。それにセンサーの性能は、特に暗い場所での性能が、DSC-RX100より良くて、SONYの後継機種と同等のようなので、5千円ぐらい高いけどこれも良いなぁと思っていたら、それの新型らしき"Mark II"と付いたのが目に入った。

"PowerShot G9 X Mark II"(PowerShot G9 X Mark II 仕様~メーカーサイト)は、今年の2月に出た最新機種。さらに高くて5.3万円程度。価格.comをぼぉ~っとながめているうちは、5万円超えは厳しいなと思っていたのだけれど、よくよく仕様を見比べると、こちらはほんの少しだけれど軽く、WiFiやBluetoothの通信機能が充実しているようなので、ちょっと高いけれど、こちらにすることにした。

Amazonで購入したのだけれど、私が買ってわずか3日後には、5万円を切る価格で出すところが多くなっている。ただ、人気機種のようで品薄なので、1週間ぐらい待たされるようだ。


サイズは思っていたよりもさらに小さく感じる。今まで使っていたコンパクトデジタルカメラよりも小さく、軽い。
さっそく試し撮りをしてみたら、画質はやっぱり期待通りと言ってよい。

うれしいことに、送られてきた商品に、キャンペーンの案内が入っていて、交換バッテリーかUSB充電セットのどちらかがもらえるということである。もちろんバッテリー、メーカー価格7000円、Amazonで5000円というものをありがたく頂戴することにした。

スマホとG9X markIIの写真の比較をアップしたけれど、ほぼ同じ距離から撮影して、同じぐらいの部分をトリミングしている。(ブログの写真サイズが2MBまでなので)。もちろんどちらも画素数は最大にしている。

画素数 スマホ(Zenfone3):4656×3492、G9X mkII:5472×3648

IMG_0032-crop.jpg P_20170416_161033_vHDR_Auto-crop.jpg
PowerShot G9X MarkII Zenfone3

スマホの方が広角なので、トリムするとスマホで撮った方の画素数はカメラの1/4ぐらいになっているので、この比較写真はフェアじゃないわけだが、そうした画素数以上に、細部の写りには違いがあると思う。


IMG_0033s.jpg また、もう一つ、夜空を撮影してみたものをアップする(ブログのサイズ制限でリサイズ)。
とくに考えず、「手持ち夜空」というモードを選択して、1回だけ撮影したもの(写りの良いのを選んだわけではない)。
肉眼では2つしか星が見えていなかったのだけれど、写真ではもっとたくさんの星が写っている(拡大表示してください)。
これには驚いた。多分、この暗い星空では、スマホとの差が明確になると思う。
これが、1.0型高感度CMOS(裏面照射型)センサーの威力なのだろう。

フィルムカメラの頃、レンズ交換ができる一眼レフや、あるいは6×6のハッセルブラッドとかに憧れもあったけれど、所詮、素人には使いこなせるものではない。

美しい写真はプロに任せるとして、日常のスナップを、ある程度の美しさで撮りたいなら、このカメラはぴったりだと思う。やっぱり、カメラを使うなら、スマホより良い画質でなければ意味がないだろう。

Deep Dream Generator で風景写真を変換してみた

今日も、"Deep Dream Generator"のテスト報告。

前の休刊日その前の休刊日では、いかにもタコにもの画像が生成されて、まぁ、ある程度、こちらの意図は達成できたように思う。

そして、昨日は、2Dキャラ(艦これ「金剛」)を素材にしたらどうなるかやってみて、これはもう一つインパクトに欠ける結果になった。

それではということで、今日は方向を変えて、風景写真を原画にしたらどうなるだろうかと、しつこくやってみた。
素材にしたのは、前の東下りで車中から撮った富士山。

見てわかるとおり、風景写真でも、Deep Dreamのほうはイマイチ。(予想された結果かな)

Deep Style(特定の画家やスタイルに仕上げるもの)も、あまり説得力がない。
かろうじて、"van_Gogh"風(このページの初画面)が、それっぽいと思う。


原画と変換後を切り替えて、どこがどうなったか比べると、これがこうなるのかと、多少は興もわくというものか。


小さい画像をクリックすると、それが大きな画像に表示されます。
大きな画像のクリックで、変換前後が切り替わります。


Deep Dream Generator 再掲画像

昨日のオマケ。
"Deep Dream Generator"が、どこをどう変えたのか、わかりやすくするために、画像クリックで、「艦これ」原画と変換結果を切り替えるようにして再掲。

小さい画像をクリックすると、それが大きな画像に表示されます。
大きな画像のクリックで、変換前後が切り替わります。



Deep Dream Generator

既に、三日前の休刊日その前の休刊日で、既に二度にわたって「成果物」を披露しているけれど、一時、ネットで大いに話題になったGoogleの"Deep Dream Generator"による画像変換。

この画像が話題になったのは、AI技術の応用という点と、生成される画像が不気味なこと。
"Deep Dream"というネーミングが先にあったのか、それとも悪夢のような画像が生成されるという結果から後付けされたのだろうか。
(後者のように思う。前2回の休刊日の画像はいずれも悪夢としか言いようがないです、私には耐えられませんです、ハイ。)

"Deep Dream Generator"は、「悪夢」だけではなくて、これもAI応用だろうと思うけれど、特定の画家や画法に似せた画像を作ることもできる。前者は"Deep Dream"、後者は"Deep Style"として、どちらも同じサイトでサービスされている。
"Deep Style"で変換したものも過去2回の休刊日に載せている。

音楽でも、自動作曲ソフトというのがあって、バッハ風とかショパン風とかの楽曲を自動生成するものがある。有名なところでは、David Copeという人がやっているのがある。
こちらは、"Deep Style"のように元データがあって、それを「らしく」改変するのではなくて、一から作るもののようだ。

音楽で"Deep Style"風にするとしたら、カラヤン風とかバーンスタイン風、あるいはテクノバージョンとか吹奏楽バージョンとかを生成するようなものだろうか。

スマホのアプリには、以前から、写真を加工して、マンガ風とか、印象派風、パステル画風などにするものがあるけれど、"Deep Style"はさすがにGoogle、AI応用とのことだが、これらよりは加工が巧みなように思う。

今日は、休刊日と趣きを変えて、2Dキャラを原画に使用してみた。
右に"Deep Dream"、"Deep Style"が生成した画像のサンプルを掲げている。
それぞれ、どういう加工をしたのかわかるだろうか。

それにしても、「艦これ」が原画では、あんまり悪夢っぽく見えない。
(休刊日の原画は、そのままでも私には悪夢、とても耐えられないデス。)


1141b7e3487d38af0db7342d4be0b31c.jpg dream_f412843311n.jpg dream_f412843311s.jpg dream_f412843311v.jpg dream_00b25f5915.jpg dream_66690ffced.jpg dream_66690ffceda.jpg dream_66690ffcedd.jpg dream_5f319e2fbd.jpg dream_76e3dc93c6.jpg dream_97cdcb660a.jpg dream_99d3fe7c00.jpg dream_b83b0ec58f.jpg dream_89c96b9539.jpg ※いずれも画像クリックで拡大







Androidのファイラー(新)

unnamed.png 前にAndroidのファイラーとしては、ファイルマネージャーHDが良いと書いた。

ところが、この頃、このファイラーでOneDriveにアクセスすると「ファイルがありません」となって、使えなくなっていた。
一旦、OneDriveの設定を消去して、再度、設定しなおしても、結果は同じ。

いろんな作業ファイルをOneDriveに置いているから、これは致命的な問題である。
しばらく、純正のOneDriveアプリから開いていたが、このアプリは随分操作性が悪い。
この際、普段使うファイラーを変更することにした。

Screenshot_20170220-110109.jpg ネットで調べても、Androidのファイラーに関して、新アプリが出たとか、特別なニュースはなさそう。

推薦ファイラーというようなネット記事があって、X-plore file managerなども推薦されているけれど、このアプリはファイルに対する操作(コピー、移動、削除、フォルダ生成など)は充実しているのだけれど、ファイルを指定してアプリを開くという、基本的な部分がなってない。

私のように、「対象指定→アプリ選択」という操作が好きな人種にとっては、ファイラーはファイル操作をするためだけに使うのではなく、ランチャーでなければならない
AndroidがiOSよりも使いやすいというのは、こうした点である。
Windowsで、ファイルを右クリックして「送る」というのが好きな人は、絶対Android向きである。

結局、前の記事で、OneDriveのフォルダーを開くのが遅いという理由で、採用しなかった"Solid Explorer Classic"を使うことにした。

OneDriveを開くのが遅いということについて、OneDrive上のフォルダ、ファイル数は前よりかなり多くなっていること、端末は高速化されていることなど、プラス、マイナスの環境の違いがあるけれど、OneDriveを開く時間は5~6秒、OneDrive内の特定フォルダを開く時間は、小さいもので数秒、大きいもので十数秒というところなので、実用上、許容できるものと思う。

Screenshot_20170220-110131.jpg ということで、久しぶりにファイラーを変更して、Solid Explorerを常用することにした。

Solid Explorerには、他にも良い点がある。
ファイルマネージャーHDではできなかったフォルダ・ショートカットの作成ができること。

今までは別アプリを使ってショートカットを作成していたけれど、それだと、普段使いのファイルマネージャーHDからと、ショートカットから開く場合で、GUIが変わるわけで、これはこれで面倒だった。
Solid Explorerを使うことで、アプリの違いによる操作上の混乱はおきない。


その他、起動時に開くストレージを指定できるなど、使い勝手はファイルマネージャーHDより上だろう。

というか、もともとファイルマネージャーHDを使っていたのは、クラウド・ストレージを素早く開けられるという一点だったから、それがうまく動作しないなら、使う値打ちはない。


それに、以前、"Solid Explorer"は有償版を購入していたのに、今まで使っていなかったわけで、これは精神衛生上もよろしい。

モバイル・バッテリー

P_20161210_184337_vHDR_Auto.jpg スマホ用モバイルバッテリーを買い替えた、というか買い足した。

前に「スマホ用モバイルバッテリー」に書いたとおり、今まで2つのバッテリーを使っていたけれど、先日4000mAh(スマホのオマケ)の方がなんだか調子が悪くなったようなので、オマケに頼るのもちょっとと考えて、旅行時に安心できるように買い足した。

買ったのは、液晶残量表示付き10000mAhの"hoco-bt01"という製品、2,580円。
液晶残量表示が気にいったわけではなくて(買った後、これはなかなか良いものだと思ったけど)、10000mAhの製品としては、軽い部類(177g)、つまり、エネルギー密度が高い(表参照)から。
充電用端子(USB)は、2.1Aのものと、1Aのものの2つが付いている。充電中は出力表示も出る。

  メーカー   商品名   容量(mAh)   重量(g)   mAh/g
  hoco   bt01   10000   177   56.50
  Anker   PowerCore 20100   20100   356   56.46
  Anker   PowerCore 10000   10000   180   55.56
  cheero   Power Plus 3   13400   245   54.69
  Anker   PowerCore 13000   13000   240   54.17
  cheero   Power Plus 3 Premium   20100   375   53.60
  cheero   Power Plus 10050mAh DANBOARD version   10050   191   52.62
  cheero   Power Plus 3 mini   6700   130   51.54
  cheero   Power Plus 3 mini   6700   130   51.54
  RAVPower   6700mAh   6700   135   49.63
  EC Technology   22400mAh   22400   462   48.48
  ELECOM   DE-M01L-10444WH   10400   230   45.22
  Anker   Astro E1 5200mAh   5200   119   43.70
  EC Technology   Power Bank   5200   120   43.33
  RAVPower   モバイルバッテリー10400mAh   10400   241   43.15
  cheero   Power Plus 6000mAh DANBOARD version -mini-   6000   140   42.86
  cheero   Power Plus 4200mAh DANBOARD version plate   4200   105   40.00
  ELECOM   DE-M01L-9045BK   9000   230   39.13
  Buffalo   BSMPB5201P2   5200   139   37.41
  Panasonic   QE-QL202-W   5800   160   36.25
  Buffalo   BSMPB07   10400   315   33.02
届いたとき、残量表示が78%だったので、スマホ(Zenfone3=2650mAh)、タブレット(SH-08E=4200mAh)に継ぎ足し充電してみた(どちらも2.1Aの端子から)。
スマホは60%、タブレットは83%の残量だったので、単純に計算すると1800mAhぐらいを充電したことになるが、モバイルバッテリーの残量表示が60%になっていたから、だいたい勘定が合っている。
なにより、前に使っていたオマケの4000mAhだと、タブレットは充電できなくなっていた。これが買い足しの理由でもある。

このバッテリーはLEDランプも付いている。前からもっている3000mAhのLEDライト付きは、きちんとしたレンズを装備した懐中電灯として使えるものだけれど、今度のはただぼ~っと光るだけ。もともとライトとして使うつもりはなかったから問題はないが、何かの時には役にたつかもしれない。

あと充電後の自然放電がどの程度かも気になるところ。
先々週、100%充電してから、今日でちょうど15日経ったのだけれど、未だ100%表示である。
なので、一体どのぐらい放電しているのか、残念ながら推計できないが、表示が正確で直線性があるなら、半減するまで15×50=750日ということになる。

Galaxy noteの発火事故とか、バッテリーについては、安全性が一番気になるところ。
今のところ、充電中に発熱するというようなことはないみたいだ。

電子書籍サイトをまた一つ増やした

今まで、電子書籍サイトは、Amazon Kindle、hontoの2つを使ってきた。
SONYもしばらく使ったけれど、これは亡母のために用意したもので、今では使っていない。

これに、今回、楽天の電子書籍も使うことにした。
正直、サイトを3つも使うと、どの本をどのリーダーで読むのか、ちょっと混乱しそうだけれど、楽天市場を見るたびに、初回利用者クーポンというのが目に入ること、楽天のポイントが溜めやすそうということで、試しに使ってみることにした。

楽天の電子書籍は、Koboという専用の端末もあるけれど、スマホやタブレットにアプリを入れれば良い。
で、スマホ(Zenfone3)、7インチタブレット(SH-08E)にはすぐにアプリをインストールしたが、10インチの古いタブレット(F-01D)にインストールしようとしたら、OSのバージョンが古い(Android 4.0)ので対応していないということで、インストールできなかった。

Kobo自体は、もっと前からあったはずなので、古いバージョンで動作するものもあるだろうと思って、楽天のサポートにその旨質問したのだが、「動作環境はAndroid 4.1以降」と冷たい返事。
10インチタブレットはベッドサイドに置いてあって、寝る前に本を読みたいから、なんとかしたい。

ネットをさぐるとありました、古いバージョンのKoboリーダーを配信しているサイトが。
Kobo 旧バージョン - Androidの中から、バージョン5の最後のもの(5.6.12557)を10インチタブレットにダウンロード/インストール。
新しいバージョンのものと同期がとれるのか心配だったが、これも問題なし。
使い勝手もそう違わないように思う。

責任をもってサポートできないという事情はわかるけれど、ちょっと冷たいね。

             kobo-crop.jpg          kobo_icon.png

【Kobo】お問い合わせの件について
お客さま
Koboカスタマーケアにお問い合わせいただき、ありがとうございます。

お問い合わせいただいたところ恐れ入れいりますが、
楽天Koboアプリには、対応システムがございますので、
申し訳ございませんが、お客さまご利用の「Android:4.0」については
サポート対象外のため、アプリのダウンロードができない状態にございます。
---------------
■楽天Kobo電子書籍をお楽しみいただける環境
http://kobo.faq.rakuten.ne.jp/app/answers/detail/a_id/28520/

必要環境
Android 4.1以上
---------------

ご不便をおかけし申し訳ございませんが、なにとぞご了承ください。

なにかご不明点がございましたら、いつでもお問い合わせください。
今後とも楽天Koboをよろしくお願いいたします。
=============================
Koboカスタマーケア
http://kobo.faq.rakuten.ne.jp/
フリーダイヤル: 0120-228-442 =============================



DMを黙らせる

2016-11-05_232937-crop.png スマホに届くダイレクト・メールがうるさいので、選択的に通知をオフにした。
同じことを考えている人もいると思うので、参考になれば。

キャリア(MNO)スマホを使っていたときは、携帯へのメールはキャリアのメールは通知をオンにしていて、他のインターネット・メールは通知をオフにしていた。

しかし、スマホをMVNOに変えて、メールはSMSもあるけれど、Gmailを基本に使うことにしたので、メール着信通知はやはりあった方が良い。
私などはメールは多少読むのが遅れても良いと考えているのだけれど、なかにはすぐに読んで、すぐに返せという人もいるので、少々の遅延はあっても数時間以内に必要な返信はしなければならない。
2016-11-05_233006-crop.png

複数のメールアドレスを持っているけれど、Outlookだけで扱うことにしている職場のメール以外は、Gmailに統合している。そうするとGmail以外のメールは、Googleが検索してくれるが、そのタイミングは数十分ぐらい遅れることが多い。


ガラケーやキャリア・メールなどは、連絡先(またはグループ)ごとに着信を設定できるものが多いから、Gmailも同じようにしようと思ったけれど、そもそもダイレクト・メールの発信者を連絡先に登録しようとは思わないし、連絡先もGoogleのものを使っていて、ラベルは付いても分類するわけではない(分類とは、ディスジョイントな部分に分けるという意味で使っている)。

2016-11-05_233042-crop.png で、結局、次のようにすることにした。

  1. GmailにDM用のラベルを作る
  2. 届いたDMのメールアドレスの自動振り分けを行って、
    受信トレイをスキップ(アーカイブ)」と
    ラベルを付ける」(DM用のラベル)をチェックして、
    フィルターを作成する。

こうしておくと、DMは自動的にアーカイブされ、受信トレイに入らないから、通知を受信トレイだけにしておけば通知音は鳴らない。さらに、受信トレイにはDMはたまらないので、他のメールと紛れない。そしてDMラベルのところには届いたDMが残っているから、暇なときにチェックすればよい。

はじめは未登録のダイレクト・メールが届いて通知音が鳴るけれど、これはしかたがない。しばらくこの操作を続ければ、そのうちひとあたり登録が終わる。

絶対にいらないメールなら、フィルター作成時に「削除」にチェックしておけば良い。


購入済Amazonアプリの再インストール

スマホの移行の続き。

ほとんどのアプリは、Google playからのインストールだから、先日の記事のようにGoogle playへのリンクを使って、どんどん進められる。有料アプリでも、Google play側がちゃんと購入済を見てくれているから、再インストールで再度課金されることはない。

しかし他のアプリ配信サイト、具体的にはAmazonアプリで有料のものを再インストールするのはどうだろう。
いろいろさわってみて、やりかたがわかったので、ここに書きとめておくことにする。

まず、"Amazon androidアプリ"をインストールするのは当然である。
そして、Amazon androidアプリのメニューから、[マイアプリ]を選択する(下図左)。
そうするとアプリケーションの一覧が出るのだが、ここに[クラウド][端末]のタブがある。[端末]はこの端末にインストールされているもの、[クラウド]はAmazonアプリストアで購入(無料も含む)したものである。なので、[クラウド]の方を表示させ、ここで目的のアプリの[インストール]ボタンを押す(下図中央)。
そうすれば目的のアプリが再インストールされる(下図右)。
これで無事、二重に課金されることなく、再インストールできる。

Screenshot_20161008-192816.jpg   Screenshot_20161008-192850s.jpg   Screenshot_20161008-192857.jpg


画像では、たくさんAmazonアプリをインストールしているように見えるが、スマホに入れてるのはごくわずか。ほとんどはFireTVにインストールしたもの。同じアカウントだからこういうことになる。

Google playでも配信されている無料アプリなら、別にどうということはないのだけれど、前に「久しぶりのAmazonアプリ」で書いたように、Amazonが有料アプリの購入に使えるクーポンを配布してくれたから、スマホアプリとしては結構高いもの(図にある「新漢語林」)をインストールしていた。これはぜひとも移行したかったので。

ランチャーや文字入力アプリはオプションで十分

Screenshot_20161011-112740.jpg スマホを新調し、煩わしい移行作業をしたことは既述。
それでふと思ったこと。

スマホを使う場合、ランチャーや、文字入力アプリの選択は基本中の基本である。
私のスマホは、新しい機種も前の機種もASUSのZenシリーズだから、機器には"ZenUI Launcher"というランチャーアプリが付いている。また、文字入力は"ATOK for ASUS"が付いている。

しかし私はランチャーは使い慣れた"NOVA Launcher"だし、文字入力は"7notes with mazec"に付属の"mazec手書き変換"である(どちらも有料版を使用)。
ハードウェアが変わっても、こうしたUIは変更したくない。

となると、端末に付属するこれらのアプリが無駄に思えてくる。
というか、使わないのだから実際無駄である。

もちろん、ランチャーや文字入力アプリがなければ、スマホは使えないわけで、何かは必要である。しかし、多くの人、特にスマホを使い込んでいる人なら、使い慣れたランチャーや文字入力アプリを使うに違いない。
とりあえずAndroid標準のものが動いて、ユーザーが自分の気に入ったアプリをインストールできれば良い。

Screenshot_20161011-112806.jpg Android標準以外のアプリはオプションにして、その分、価格を下げるわけにはゆかないのだろうか。
自社で開発するなら開発費がかかるし、評判の良い他社製品をいれるならライセンス料がかかるだろう。その分の投資をやめて、端末価格を下げるのである。

どうせユーザーは好き勝手なアプリを入れるわけだから、端末メーカーは、ランチャーの優秀性などを宣伝し、それを売り文句にする必要はないと思う。
はじめてAndroidを使う人でも、ほとんどの人はオプションを選択せず、誰かに聞くなりして、適当なランチャーを入れるに違いない。


ランチャーや文字入力に限らず、ハードメーカーが付けているアプリのほとんどは使っていない、そういう人は多いのではないだろうか。
できれば、メモリーやストレージを圧迫しないよう、素のAndroidの端末を作ってもらいたいと思う。

日本のメーカーは厚化粧が好きなようだが、これはキャリアのサービスと一体となったアプリをたくさん入れていることにも一因があるのだと思う。
SIMフリー端末は、安いMVNO回線だけの問題ではない。

docomoのMVNOなら、docomo端末も選べるわけだが(docomoからの乗換ならしばらくdocomo端末を使うかもしれないが)、敢えてキャリアと結託した、そしてMVNOでは使えないアプリ満載の、端末を選ぶ人は少ないだろう。


キャリアの束縛から逃れたものとしては、ハードウェアにも拘束されないユーザーでありたい。

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん