季節外れの精密検査

IMG_20161130_114433.jpg 昨日は休みをとって病院へ。

1月に、市の胃の集団検診で要精検になっていたのを、今までほったらかしにしていた。
昔、胃潰瘍をやったことがあって、数年間は経過観察を受けていたけれど、それもやめになって、その後は集団検診を受けていたのだけれど、潰瘍の瘢痕のせいか、集団検診でたびたび要精検と判定される。
特に、検診業者が変わるとその傾向が強いように思う。(なので、何度か要精検を無視した。)

IMG_20161130_114822-crop.jpg 現役ばりばりの頃は、いつも森之宮にある、ちょっと縁のある検診機関にいっていたが、歯医者を変えたのとおなじように、自宅に近い医院をかかりつけにするつもりもあって、近所の内科を受診。

昨日は、診察と事前検査で、明日、内視鏡検査を受けることになった。
内視鏡は20年ぐらい前に経験しているが、それは口から。こんどは経鼻内視鏡ということだ。
状態はいつもどおりだと思うけれど、経鼻内視鏡ははじめて。
医師は、1月の集検の2次検診とはえらい季節外れですね、と。

11時前に行って、1時間待ち。会計が終了したのは12:10頃。
大勢のお年寄り(私もそうか)が来院していた。
インフルエンザの予防注射に来る人もいるようだ。

受付も忙しい


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 Audio/Visual マイナンバー 

現在の閲覧者数
聞いたもん