IR法案、ひょっとしてカジノ依存症?

casino_Las_vegas.jpg 統合リゾート(IR)法案が昨日衆議院を通過。
カジノの設置も可能にする、というかそれがあるので賛否が分かれる法案である。

私はカジノが悪だと思っているわけではないし、カジノが必要だと思っているわけでもない。
ただ国会審議がちょっと乱暴だと思っているだけだ。

論点に全く触れず、一方的にお経を唱えたり、俳句を披露したりする「質問」というのも審議時間のうちだというのだろうか。


それはともかく、反対者が一番心配しているのは、ギャンブル依存症が増えるということみたいで、というかこればかりが強調されている。
たしかに、ギャンブル依存症の悲惨な実態を伝える情報番組も見たことがあるし、若い頃住んでいたマンションの近所に競輪場があって、自治会長を拝命したときに、競輪ですった人が金を借りにくるような事件があったことを聞かされた。一方で、地元協力金なるものも自治会としていただいていた。

賭け事で莫大な借金を抱えたくせに、純愛だとか偉そうにいう奴の話もある(「戦争と平和」)。


だけれど、統合リゾートができたからといって、もちろん依存症は減りはしないだろうけど、法案でイメージされているような高級なカジノだったら、私のような貧乏人には縁はなさそうな気もする。

現金100万円以上持ってないと入れてもらえないとかだったら到底無理、10万円でもアブナイ。
時代劇でも良くある、貧乏人が賭場へ行ったら「金は持ってんのか、帰れ、帰れ」と叩き出されるシーンが。


le-joueur-blu-ray.jpg その貧乏人だから、かえって、若干の憧れはある。
ドストエフスキーに「賭博者」という小説がある。ジェラール・フィリップ主演の映画もテレビで放送されたことがある。
金持ちのお付きで華やかなカジノに来た青年が、賭け事にのめりこむ姿が生々しく描かれている。
007シリーズには、たびたびカジノのシーンがある。きれいな姐ちゃんがいっぱいいるんだ。


なけなしの金を注ぎ込むから悲惨さが際立つので、大金持ちがどれだけ損をしたってそう酷いことにはならないという感じもある。大金持ちとかは、何十億円もするヨットや別荘を賭けたりするんだそうだし。

以前、どこかの大会社の二代目ぼっちゃん社長とかがギャンブルで会社の金までつぎ込んだということがあって、従業員にも迷惑がかかってたら酷い話だけれど。


じゃあ賛成かといわれたら、それはそれで微妙。
単純にカジノ解禁であるなら、カジノ収益に高額の税をかけ、カジノ主催者が、ギャンブル依存症になりそうな人をきちんと指導する義務を負って、健全に運営されるのならアリかなとも思う。

ラスベガスなどでは、客の動きを監視し、イカサマ師のチェックはもちろん、負けがこんでいる人は賭場から引き離すなどもやっているという。返せない借金を背負わないようにして、ここですっからかんになったら、稼いでからまたおいでということなのかもしれない。身ぐるみ剥ぐことが目的なのではなく、「健全」に儲けを継続的に出せば良いのだから。


fc547aa1267421d5307e729bb42b1ede.jpg 気になるのは、シンガポールその他を引き合いにだして、カジノがないと国際的なリゾートが成り立たないという論の方。
もしリゾートを成り立たせるのにカジノの収益を使うと言うなら、収益はみんなリゾート内に落ちちゃうんではないだろうか。少しでも外部におこぼれがあるんだろうか。
この国の公共事業の様子では、むしろ逆にリゾートを成功させるために税金を投入しそうな気がしてくる。

先日のテレビ番組では、カジノは既に過当競争になっているという報道もあった。米国のアトランティック・シティはさびれてしまったという。

ちなみに米国ではネイティブの居留地にはカジノが開かれているところが多い。ネイティブの本来の経済活動はとっくにできなくなっているし、他の産業といってこれというものがない。てっとり早いのがカジノであるらしい。そしてこの許認可権限が政府に握られていて、この利権が地域支配のカードとなっている、そういう話も読んだことがある(軽部 謙介「ドキュメント アメリカの金権政治」 (岩波新書))。
こっちは「カジノ依存症」といっていい。


また、カジノは何と言っても、古来、犯罪の温床になっていたのは事実だろう。

賭場で莫大な借金を作って、借金のカタに娘を女郎にし、果ては金欲しさに強盗をはたらいて……、とか、
賭場の利権をめぐってヤクザが抗争を繰り広げる、そのとばっちりで罪もない庶民が殺される……

というわけで、健全な経営とはどのようなものであるべきか、リゾートとしてどれほど収益、特に一般国民にどれだけ還元されるのか、そうした面を審議するには、あまりにも短い時間だったのではないだろうか。

今の国会情勢からすれば、法案は通るだろうけれど、せめて健全なカジノ経営にかかる政令を工夫していただきたいものだ。
で、金持ちから巻き上げて、貧乏人に分配、そして景気が良くなる、なら、悪くはないのかもしれないけど。

全然話はかわるが、天皇陛下の生前譲位のことも、いずれ国会で議論されるらしい。
おいおい、国会なんかで決めて良いのか。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん