ニューイヤーオペラコンサート2017

2017-01-03_213213s.png 恒例のNHKニューイヤーオペラコンサート、今年は60回目だそうだ。
60回といえばそれは盛大にやって不思議はない。

私の贔屓の幸田浩子さんが、今年も出てない!
忙しいのか、それとも何か事情があるのだろうか?


それはそうとして、今年は、ヴェルディ「ファルスタッフ」のタイトル・ロール、ファルスタッフ(折江忠道)が狂言回しのようなポジションを占めていた。
2017-01-03_213602s.png オープニングの出演者紹介は、歌唱順のようだったけれど、ファルスタッフは最後に紹介された。
そして、要所要所でファルスタッフが出てきて、最後、エンディングでもファルスタッフを中心にした「すべてこの世は冗談」である。

で、気がついた。
去年はシェイクスピア没後400年のメモリアル・イヤーだったわけで(コンサート中にもそのことに触れられている)、なぜ去年じゃなく今年に、この趣向にしたんだろう。

2017-01-03_214239s.png さらに追い打ち。
今年はモンテヴェルディのメモリアル・イヤー、生誕450年である。
そして今回の演目に、モンテヴェルディがない!

モンテヴェルディといえば、現存する上演可能な最古のオペラとされる「オルフェオ」や、悪女が主人公の「ポッペアの戴冠」、オペラの創始者と言っても良いぐらいの人じゃないだろうか。そして、オペラ関係者ならこの名前を知らない人はいないのでは(生誕450年ということを知らないとしても)。
2017-01-03_214805s.png

まさか、主催者が自分たちの60周年に浮かれて、モンテヴェルディのことを忘れちゃった?


それで気になった。来年2018年がメモリアル・イヤーになる、オペラに縁の深い作曲家は誰だろう。

  • グノー(1818~1893) 生誕200年
      「ファウスト」、「ロメオとジュリエット」
      去年のオペラコンサートで森麻紀さんが「ロメオとジュリエット」を歌った
  • バーンスタイン(1918~1990) 生誕100年
      オペラとは普通いわないかもしれないが「キャンディード」、「ウエストサイド物語」など
  • ロッシーニ(1792~1868) 没後150年
      「セヴィリアの理髪師」、「泥棒かささぎ」、「ウィリアム・テル」などなど
      なんといってもモーツァルト後、最初のオペラの巨匠。今年も「理髪師」がとりあげられた。
      ベートーヴェンと時代がほぼ同じ(当然、ベートーヴェンより人気がある)

    そしてもう一人、オペラは一曲しか作曲していないが、
  • ドビュッシー(1862~1918) 没後100年
      「ペレアスとメリザンド」、ワグナー嫌いの人のために是非

来年は誰かのメモリアル・イヤーを意識した企画がなされるだろうか。

もっとも、メモリアル・イヤーといっても十進法でキリのよい数字だから、コンピュータ(AI)が支配する時代になれば、メモリアル・イヤーも、64年、128年、256年、……というふうになるかもしれないが。


記録のために、今年とりあげられた演目を掲げておく。
レオンカヴァルロ 歌劇「道化師」から「ほら、急げ!」
ベッリーニ 歌劇「ノルマ」から「清らかな女神よ」 大村博美
プッチーニ 歌劇「トゥーランドット」から「誰も寝てはならぬ」 村上敏明
プッチーニ 歌劇「トゥーランドット」から「氷のような姫君の心も」 中村恵理
ロッシーニ 歌劇「セビリアの理髪師」から「私は町のなんでも屋」 上江隼人
ロッシーニ 歌劇「セビリアの理髪師」から「かげぐちはそよ風のように」 妻屋秀和
モーツァルト 歌劇「イドメネオ」から「心乱れ 怒りが込み上げる」 森谷真理
モーツァルト 歌劇「魔笛」から「愛の喜びは露と消え」 砂川涼子
モーツァルト 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」から「地獄落ち」 黒田博、久保和範、ジョン・ハオ
ヴェルディ 歌劇「ファルスタッフ」から「この悪党め!」 折江忠道
ヘンデル 歌劇「タメルラーノ」から
「非道な者よ、お前に戦いを挑むために」
櫻田亮
ヘンデル 歌劇「ロデリンダ」から
「いとしい人よ あなたはどこに」
藤木大地
ヘンデル 歌劇「ジュリアス・シーザー」から
「戦闘のシンフォニア」~「嵐で木の船は砕け」
森麻季
ヨハン・シュトラウス 喜歌劇「ヴェネチアの一夜」から「ほろ酔いの歌」 中嶋彰子
カールマーン 喜歌劇「チャールダーシュの女王」から「踊りましょう」 中嶋彰子
ヨハン・シュトラウス 喜歌劇「こうもり」第2幕フィナーレから
ジツィンスキー ウィーンわが夢の街 中嶋彰子、西村悟
ヴェルディ 歌劇「ドン・カルロ」から友情の二重唱「われらの胸に友情を」 与儀巧、髙田智宏
ヴェルディ 歌劇「アイーダ」から
二重唱「すでに神官たちは待っています」
清水華澄、笛田博昭
ワーグナー 歌劇「ローエングリン」から「婚礼の合唱」
ワーグナー 楽劇「トリスタンとイゾルデ」から「イゾルデの愛の死」 池田香織
マスネ 歌劇「ウェルテル」から
オシアンの歌「春風よ、なぜ私を目ざますのか」
福井敬
チレーア 歌劇「アドリアーナ・ルクヴルール」から
「苦い喜び、甘い責め苦を」
藤村実穂子
ヴェルディ 歌劇「ファルスタッフ」から「すべてこの世は冗談」

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん