健康増進法が改正されるかも

飲食店内や駅構内は原則禁煙に…受動喫煙対策
20170116-00050045-yom-000-4-view.jpg
 非喫煙者もたばこの煙を吸い込む「受動喫煙」への対策を盛り込んだ健康増進法改正案の概要が16日、明らかになった。
 飲食店内は原則禁煙とするが、喫煙室の設置を認め、悪質な違反者には過料を科すことなどが柱になっている。政府は20日召集の通常国会に改正案を提出する方針だ。
 改正案では、医療機関や小中学校などは敷地内を全面禁煙とした。大学や官公庁は屋内を全面禁煙としたが、屋外での喫煙は容認した。飲食店や駅構内なども屋内原則禁煙としたが、喫煙室の設置を認めた。
 不特定多数の人が利用する官公庁や公共交通機関などの施設管理者に、〈1〉喫煙禁止場所であることを掲示する〈2〉喫煙が禁止されている場所に灰皿などを置かない〈3〉禁止場所で喫煙した人に中止を求めるよう努める――などの責務を課すことも明記する。違反した喫煙者や施設管理者には、都道府県知事などが勧告や命令などを出し、改善しない場合は過料を科す。
読売新聞 1/16(月) 15:13配信
昨日、豊洲のベンゼンとタバコのベンゼンについて書いたけれど、そういえば、かねてから噂の公的施設(不特定多数が集まる施設)の禁煙の強化(罰則つき)を盛り込んだ、健康増進法の改正案の概要が報道されていた。

いわゆる受動喫煙(passive smoking)、一部の禁煙運動家は強制喫煙(forced smoking)と言う、の防止が目指されている。

同様の法制化については、自治体の条例でも試みられている。記憶に新しいのは、神奈川県の受動喫煙防止条例で、問題になったのは、商売に影響しそうな、パチンコ屋などの遊戯施設や小規模の飲食店で義務付けるかどうかだった。
結局、神奈川県の条例では、これらの施設では努力義務とされたようだ。

今回の法改正でも、問題になるのはこうした施設の扱い。テレビの報道では、小さな喫茶店で分煙のための設備(オープン型)も設置したのに、それではだめで、喫煙をみとめるなら、別室にすることが求められているというような話だった。

法改正でも、修正案が出て、神奈川県条例のようになるのかもしれない。

それはそうとして、こういう法改正が行われると、嫌煙家はますます力を得る。
私など、家でタバコを吸おうものなら、DVと言われるのではないかと心配である。
物理的暴力、言葉の暴力につづいて、化学的暴力というわけだ。

私はタバコの害については、それなりに知っているし、もう数年ぐらいは勤務時間中や喫煙禁止場所では吸わない生活が続いているから、やめようと思えばやめられるかもしれないが、やめようという気持ちにならない。

禁煙運動家には「タバコを憎む人」と「タバコの害を憎む人」(害がなければ問題ないと考える人)がいるとかで、前者はヒステリックな感じというか、喫煙者を人格破綻者のように言うので、ええかげんにせえよという気持ちになって、かえって反発してしまう。

たとえば、昨日の記事でタバコに含まれる有害成分のデータを使ったけれど、そうしたキーワードで検索すると、何百・何千と化学物質が含まれていて、どれもこれも有害物質であるといった、情緒的な主張ばかりヒットして、量的データを見つけるのに苦労した。

WHOの事務局長は、「タバコは何本まで許されるか」という質問に対し、ゼロと回答したそうだ。
どういうやりとりの中で出た言葉かわからないけれど、1日1本でも害があるにしても、それがどの程度のものか知りたいという質問者が満足する答えではないと思う。
which_heavier_tobacco_coffee.png

有害物質でも量的な閾値というのがあるはずで、ゼロ=あってはならないというのは、気持ちとしてはわかるけれど、dose-response関係が立証されていないとしたら、少なくとも私が読んだ疫学の本では、因果関係を認めることは困難と書いてあったと記憶する。もちろんタバコと諸疾患の間には、dose-responseはあるとされているけれど。


吸わないことがベストだとしても、1本の快楽と1本の害毒を天秤にかけて考えるような余地はないのだろうか。

タバコの値段を上げれば良いという意見があるけれど、じゃあ、いくらにすれば良いのか。
タバコ1本吸う事と同等の満足を得られるのは、
コーピー1杯でしょうか、ビール1杯でしょうか、それともディナーコースでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん