デマクラシー(demagogue+-cracy)

img_08d2ef3a41ac950e70c8d05ac1fd8f14203665.jpg 昨日、トランプ氏の大統領就任式が行われた。

就任演説では、結束を掲げたけれど、ワシントンでは反トランプの人たちが暴徒化して、多くの逮捕者が出たと伝えられる。
「アメリカの製品を買い、アメリカ人を雇う」というときのアメリカ人に、WASP以外の人も含まれるのだろうか。

ある調査によると、支持率は40%、不支持率は52%だという。
これで大統領に選ばれるのだから、選挙制度に疑問を持つ人がいるというのも不思議ではない。

テニスで、1セットをタイブレークのすえ
6-7で落としたとする。
 獲ったゲームは、ラブゲーム(+4pt)
 失ったゲームは、最小得点差(-2pt)
とすると、セット計のポイント差は、
 4×6 + (-2)×7=10pt
10ポイント多くとってもセットを失う

5セットマッチを2-3で負けたとき、
 獲得セットは1ポイントも落とさず、
 失ったセットは前述のとおりとすると、
   24×2 + 10×3=78pt
78ポイント多く獲っても負けになる
米国は連邦制で州単位での意思表示という考え方が基調にあるという。
日本も小選挙区制をとっているから支持率が50%未満でも国会では過半数を持てる。

テニスでポイントを多く獲った方が負けることもある理屈である。


ただこれは選挙制度だけの問題ではない。

前に「多数決を疑う」という記事を書いた。

集団の合意形成の方法としての多数決を、集団のメンバーの意思を集計する函数(集計函数)の一種とし、その他の各種の可能な集計函数との比較や、集計函数に望まれる性質について書かれた本(社会的選択理論)についてである。


その記事にも書いたけれど、論理的・科学的に決定できる命題を多数決で真偽判定するのは間違っていると思うのだけれど、それだけではない。
majogari_waterboarding10.jpg

こんなところに多数決が出しゃばったら、昔の地球は平たくて、今の地球は丸くなったことになるし、
昔は魔女が多かったが、みんな退治したから今は居なくなったって話になる。


多数決などの集計函数では、通常、集団のメンバーは独立した個人であることが前提されているが、実際の社会では、個人の意思は周囲の意見に大きく左右される。

「多数決を疑う」では、独裁は1人のメンバーの意思のみを反映する集計函数として扱われているが、多数決の場合でも、メンバーの意思にバイアスがかかっていれば程度の差はあっても同様の状態になるだろう。
これは「見かけ上の多数決」と言うべきものではないだろうか。

ポピュリズムはエリート専制よりましといっている元O府知事・O府市長がいるけれど、ポピュリズムは大衆に迎合するだけではなくて、見かけ上の多数決を正当性の根拠とし、そしてその見かけ上の多数を創り出す政治手法だろう。
その意味では見かけが違ってもエリート専制もポピュリズムも実態は同じじゃないだろうか。
古代ローマの人も言った:「アテネは民主政をとることで、ペリクレスの独裁が強力に行われている。」


demonstration_march.jpg 大塚久雄氏が何かで書いていた話だが、デモ行進の群衆の中の個人は、自分では動く方向を決められないが、その行進の推進力になっている。
これは経済活動のたとえだと思うけれど、集団の意思と力というものも同じじゃないだろうか。

さらに進むと、集団極性化(group polarization)という現象も起こる。いわゆる群集心理。
また、パニック状態では、デマ情報で群衆がより危険な方向へ誘導されることがあるという。
魔女狩りが起こる!

デモクラシー(democracy)ならぬデマクラシー(demagogue+-cracy)に陥らなければ良いと思う。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん