吼える前に

C1DyXDsUQAABNOO.jpg いささか古い話になったけれど、今年の正月、
ベビーカー自粛要請で大騒ぎ」という報道があった。

東京板橋区の乗蓮寺が「ベビーカーご利用自粛のお願い」の看板を出したとツイートされ、それに対し、寺を非難する意見がネット上にあふれた、とりわけ、乙武氏のような有名人や、東京都議が寺を非難する意見をツイートしたり、ブログに載せたりした。
ところが、寺がなぜこの看板を出したかを取材すると、この寺はもともとは「ベビーカー優先」だったのだけれど、それを逆手にとって、ベビーカー1台に十数人が付いて全員が優先参拝したり、はては小学校5年生の子供を無理やりベビーカーに乗せて優先参拝をしたりと、やりたい放題の参拝者が現れ、とうとう、ベビーカーとの接触で怪我人が出るまでに至ったという。

件の都議は、それを知ると潔く謝罪していた。その態度は立派だと思うけれど、そもそも十分な状況把握をせずに、軽々しくブログに非難記事を載せたことは、やはり思慮不足、都議という政治的人間ならば、もう少し慎重さがあってしかるべきだっただろう。

こういう、一見、ケシカランことと見えることでも、よくよく事情を聴くとなるほどというものは結構ある。

前にも書いたような気がするけれど、街路樹の枝を切り落としている役所に対して、せっかく育って、夏の日差しを防ぎ、眼を楽しませているのに、酷い、そのうえ税金の無駄遣いだと抗議したところ、枝が張り出して信号機が見えなくなっているので、安全上必要なので剪定しているという説明を受けて、それなら当然と納得したという。
この例は、昔の話で、当事者に抗議して、理由を聞いて納得しているわけだけれど、この頃だと、こういうことをネットに流してフレームアップする輩がいるわけだ。

都市伝説かもしれないが、某ハンバーガーチェーンでは、出来上がってから一定の時間が経過したハンバーガーは廃棄にするという。これが本当なら、実に勿体ない話である。世界には飢餓に苦しむ人もいるのに。半額で良いから売ったら良いじゃないかと思うわけだが、もしそんなことをしたら、それを目当てに、ちょうど夕暮れのスーパーで値引き札が貼られるのを待つように、並ぶ人が出てきて収拾が付かなくなるだろう。(あるいは注文時に半額を前払いして、もし取りに来なかったら、他の人に半額で売るというようなルールを作るかな)。

かつて企業の社員採用で、指定校というのがあった。特定の大学を卒業したものしか入社試験を受けさせないというもので、あちこちから不公平と指弾されたものである。ただ、こういう制度にした理由というのはちゃんとあったそうだ。縁故採用をしない・断る言い訳に使っていたのだという。
企業側としては、指定校以外の優秀な人材を採用できない損失と、縁故で採用せざるを得ないできの悪い学生を採用する損失を天秤にかけたわけだ。指定校だけから採るつもりなら、みんな試験を受けさせて、指定校以外を不合格にしても良いわけだが、そうすると縁故採用の防波堤にはならない(縁故者を試験で落とすことは難しい)。だから「制度として」というガードを必要としたということである。
いわば「別件逮捕」のようなもので、類例としては、駐車場の「外車お断り」(暴力団排除が目的)とか、いろいろあるようだ。

こうした事例は探し出したらキリがない。
徒然草第十段には、

後徳大寺大臣の寝殿に鳶ゐさせじとて縄をはられたりけるを、西行が見て「鳶のゐたらんは、何かはくるしかるべき。此の殿の御心、さばかりにこそ」とて、その後は参らざりけると聞き侍るに、綾小路宮のおはします小坂殿の棟に、いつぞや縄をひかれたりしかば、かのためし思ひいでられ侍りしに、誠や、「烏のむれゐて池の蛙をとりければ、御覧じて悲しませ給ひてなん」と人の語りしこそ、さてはいみじくこそと覚えしか。徳大寺にもいかなる故か侍りけん。

という話がある(高校の古文の教科書に載っていたので覚えている)。

そうかと思うと逆手にとった話もある。

茶店で買われている猫の餌用の皿が大変な値打ち物、これに気づいた目利きが、猫を売ってくれと言い商談成立。猫が使い慣れた皿も一緒にというと、主「いやこれは値打ちものの皿なので渡せません」。どうして値打ち物を猫の皿にしているのかと問えば、主「こうしておくと猫が売れますのや」(「猫の皿」)


現代に戻る。
携帯電話の解約は、店舗か電話受付になっている。店舗は客が多くて順番待ち、電話はなかなかつながらない。IT企業なんだから、Webで解約手続きを受け付けるぐらいお茶の子、そうしてくれたら顧客は便利だし、事務処理も効率化されて良いと思うのだけれど、これにもちゃんと事情がある。
簡単に手続きができると解約者が増えるおそれがある。来店や、電話をかけさせることで、まず解約者に心理的機制がかかり、なかなかつながらないことであきらめさせるように仕向け、いざ電話がつながれば解約は思い直すように説得する(応対マニュアルがあるらしい)。
どうだろう、そういう事情が解ってしまえば、面倒な手続きも納得できるのではないだろうか。できるかっ!

まぁ、瞬間湯沸かし器的に吼える前に、何か事情があるのだろうかと考えることが肝要だろう。
とくに権力のある人は。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん