赤ちゃんにも正義感?

20170131-00000006-asahi-000-view.jpg
赤ちゃんにも正義感? ヒーロー選ぶ実験結果 京大
 正義感は人間の本能? 攻撃された弱者を見ても何もしない「傍観者」より、弱者を助ける「正義の味方」を選ぶ性質が、生後半年の乳児の段階で備わっていることを、京都大などの研究グループが明らかにした。31日、英科学誌ネイチャー・ヒューマンビヘイビアに発表した。
 正義の感覚は生まれつきなのか、学習によって育まれるかは分かっていない。京大の鹿子木(かなこぎ)康弘特定助教(発達科学)らは、攻撃者、犠牲者、正義の味方、傍観者の4種類のキャラクターが登場するアニメ動画を作り、生後6カ月と10カ月の乳児計132人に見せた。攻撃者が犠牲者に体当たりして攻撃すると、(1)正義の味方が助ける(2)傍観者は何もしない、を4回ずつ交互に繰り返した。
 その後、正義の味方と傍観者の実物のキャラクターを乳児の前に置き、どちらに触れるか調べると、生後6カ月の乳児20人のうち17人が正義の味方を、3人が傍観者を選んだ。別パターンの動画を見せた実験結果も併せると、乳児はキャラクターの色の好みではなく、攻撃者から犠牲者を守る行為と理解して選んだと言えるという。
 鹿子木さんは「人間社会が成り立つには一定程度の正義感が必要になる。人間は生まれたときから正義感の原形を備えている可能性がある」と話す。(西川迅)
朝日新聞デジタル 1/31(火) 2:48配信
ネットにまた興味深い記事が出ていた。
右に引用したとおり、正義感は生得的ということを示唆する実験結果である。

先日、「コンビニ人間」の書評記事で、主人公の感性が常人からはずれているということについて、道徳感は、ある程度先天的という説があることに触れたが、この正義感が生得的という結果は、それと同様の内容で、相互に補強しあう結果ということだろう。

先天的、後天的という言葉も、以前はそれぞれ、遺伝的、学習により獲得に対応するような言い方がされていたけれど、今はこの二分法ではなく、それに加えて、エピジェネティックという考え方もあるようだ。
メカニズムは遺伝的でも、創り出されるものは微細な状況(ゆらぎ?)によって随分と異なることがあるというように理解しておけば良いのだろうか。
エピジェネティックスの分野では、遺伝子がいろんな化学的修飾を受けて、発現したり、しなかったりするメカニズムが明らかにされてきている。

そのメカニズムが解る以前から、たとえば「言語を生みだす本能」(スティーブン・ピンカー)は、「心は空白の石板(blank slate)か」という問いに対し、そうではなくて、言語に関与する遺伝的メカニズムの存在が必要であることを説いている。

そして、メカニズムが生み出され、種として継承されていくから、人類は神を信じたがる。
実験した研究者は、進化心理学という大きなフレームの中で意義をもって取り組んでおられるのだと思う。

この分野はまだまだ発展するに違いない。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん