東京スカイツリー

本日の記事は東京スカイツリー。

昨日のはとバスの記事で、東京スカイツリーに待ち時間なしで上ることが、はとバス利用の目的と書いた。
のだが、実は、この日(月曜日の10時頃)は客が少なかったので、結果論だが、個人で訪れても待ち時間はなかったようだ。

以下、本日は写真ばかりの記事。(画像クリックで拡大)

まず、バスの車窓から見えるスカイツリー。 展望台のチケット。
チケットは、350mまでのものと、450mまでのものの2枚になっている。
P_20170213_095753_vHDR_Auto.jpg
P_20170213_101649_HDR.jpg


350mまでの展望台のエレベーター(「展望シャトル」というらしい)の待ち行列。
エレベーターは4基あるのだが、この日は1基がメンテナンス中。それでも待ちは少ない。
最大分速600mで、350mの展望台まで一気に上昇する。
P_20170213_102359_vHDR_Auto.jpg

350mの展望台から、450mの展望台(「展望回廊」)へ、またエレベーターに乗る。
こちらのエレベーターは2基だったと思う。
P_20170213_103739_vHDR_Auto.jpg

このエレベーターはシースルーになっている。
わずかな時間だけれど、上昇中の動画(画像クリック)。
skytree_elevator

この日も天気が良く、富士山が良く見えた。
P_20170213_105249_vHDR_Auto.jpg

「ソラカラポイント」(最高到達点451.2m)。
東京タワーが低く見える。
画面左下に、両国の江戸東京博物館。
日曜日お昼の用事が早く終わったら行くつもりだったのだけれど、今回の旅では行けずじまい。
P_20170213_105222_vHDR_Auto.jpg
P_20170213_104417_vHDR_Auto.jpg


どういう関係か、どういう企画かわからないが、少女月刊誌「りぼん」の創刊号からの表紙写真。
タワーのあちこちに、「りぼん」ゆかりのマンガのキャラクターが充満している。
「りぼん」といえば、妹が買っていた。土田よしこ「つる姫じゃー」とか、山岸涼子「アラベスク」とか。
P_20170213_105021_vHDR_Auto.jpg

それとイケメンキャラクターと写真を撮ろうみたいなコーナー。
この前でポーズをとれということらしい。
それにしても、キャラの名前が、松竹梅、菊正宗、グランマニエとは。
P_20170213_105536_p.jpg  P_20170213_105415_vHDR.jpg

下を見るとこんな感じ。Google Earthみたい。
円く見えるのは350mのところの展望台だろう。
P_20170213_112428R.jpg

350mの展望台に戻ると、ガラス張りの場所がある。
P_20170213_114944_vHDR_Auto.jpg

1階の土産物売り場(なんとかステーションとカタカナ表記されてた)。
はとバスで、10%割引券をくれるのだが、それが通用するのは1階の店だけなので、お土産はここで買った。
P_20170213_121041_vHDR_Auto.jpg

以上、スカイツリー写真集でした。


スカイツリーで一番驚いたのは、展望台で外を眺めていると、突然、声をかけてくる人が。
O阪府T市に勤めていた知り合い。
休暇をとって遊びに来ていたのだそうだ。
こんな偶然もあるんだなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん