運転免許証の更新

ShikenjoCrop.jpg今日は運転免許証の更新に行ってきた。午後には整形外科の予約が入っているので、休みをとって午前中。

更新のたびに視力検査で引っかからないか心配だが、考えてみると近視ではないから、少々の老眼は問題にならないと思う。
K府はサービスが悪くて、一部地域を除いて警察署では更新手続きができない。試験場まで行かなければならないのだが公共交通機関では不便。しかも受付時間が朝8:30~9:30、午後1:00~2:00とそれぞれ1時間で、これに遅れると出直しとなる。

30分程度の道のりを、混んでいるため50分かけて8:40試験場着。
月曜の朝だが大混雑で、車は受付から最も遠いところに停めることになった。8:45頃に長い待ち行列に入って、10:25更新免許証受け取り、手続き時間は約100分だった。

koshufukei.jpgK府は免許証のICカード化が遅れていたが、今回の更新で私もICカード免許証になり、4桁数字のパスワードを2つ一組みで登録した。講習会の説明の半分以上がICカード化の説明。要するに、

運転免許証は従来も身分証明書として(目的外)利用されていたが、利用実態から身分証明書としての利用を積極的に認めることとし、その厳格性を保つために、券面偽造されてもICチップ内容を確認できるものとした。
このため身分証明として免許証を利用する場所においては、IC免許証読み取り装置が置かれている場合があるので、一組みのパスワードは、その求めに応じて入力し、内容確認することになる。


ということなのだが、まだそういう経験はない。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん