電子書籍ではこんなことがあるのか

電子書籍を利用していると、よくクーポンがもらえる。
これは、前にも書いたけれど、hontoでは50%offなどというのが、以前は良くきていた(最近はみかけない)。
楽天カードを使うようになって、楽天Koboも使うようになっているけれど、こちらも20%offとか、100円offといったクーポンが来る。

貧乏人根性で、こういうのがあると、使ってトクしようと思うものだから、クーポンの期限が切れる前に、一つ買ってみた。
角川の「ビギナーズ・クラシック」シリーズの「枕草子」、265円である。
これに100円offのクーポンを使い、さらに貯まっている楽天ポイントを充当したので、支払は0円。

2017-02-28_101626m.jpg

すると、またクーポンが来たり、貯まったポイントでも期限のあるものがあったりしたので、このシリーズはえらく安いから、他の作品も買ってみようと思った。
眼をつけていたのは、和泉式部日記で、その時は265円だったと思う。

で、買おうかと思ったら、値段が改定されていた、529円。
なんと、264円、100%近い値上げである。

我が目を疑ったので、購入済の枕草子は、今いくらで売られているのか確認したら、これも529円。

2017-02-28_101752.jpg

こんなことってあるんだろうか。
このシリーズは、もう一つ使いにくいところがある。とくに古文の解説があんまりないので、原文で鑑賞するのには適さない。これを買おうと思ったのは、とんでもなく安かったからなので、100%も値上げされたら、買う気にはなれない。(もっとも、はじめから529円だったら、やっぱり安いから買ってみようと思ったかもしれないが。)

話は変わるが、KoboのAndroid版は、図がきちんと表示されないコンテンツがある。
具体的には、岩波新書「女帝の古代日本」という本だけれど、これをKoboに連絡したら、向こうもそのバグは確認したとのことなのだが、もう数ヶ月経っているが、未だに直っていない。

向こうは返金しましょうか、と誠意は見せてくれているのだけれど、文字部分は全部読んだ後だから、返金してもらわなくて結構、完全動作をよろしくお願いしますということにしたのだけれど、ちょっと時間がかかりすぎているようだ。


【追記】

上述の障害は解消されていた(2017.4.5確認)。
ちょっと奈良時代の女帝の称号について調べようとして、久しぶりにこのコンテンツを読んだら、図表がきちんと表示されるようになっていた。
コンテンツの再ダウンロードはしていないので、アプリ障害だったようだ。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん