新幹線が来る!?

hokuriku-shinkansen_matsuiyamate_route.jpg 北陸新幹線の敦賀―京都間のルートが、ようやく小浜ルートに落ち着いたと思ったら、京都と大阪の間は、南回りルートが浮上したとたん、あっという間に松井山手ルートで本決まりになったようだ。

前に珍之助さまのブログへのコメントで、南回りルートは同志社付近から西へ行くのかなとコメントしたけれど、そうではなくて、なんと、松井山手である。こちらの方が距離が短く、市街地も少ないので、速くかつ建設費も安いのだそうだ。

開通すると、京都まで7分とか、新大阪まで8分とのことだが、今は京都までバスで30分、新大阪までJR片町線-環状腺-東海道線で50分である。
再来年にはおおさか東線が放出-新大阪までつながるから少し早くなるだろうけど、そんなレベルではない、驚きの速さである。

開通は随分先のことだろうから、私はそうした便益を享ける前に死んでいるだろうけれど、これによって、不動産価格や都市インフラの整備がどうなるのかは今からでも気になるところである。

新幹線の軌道や駅というのは仕掛けが大きい。
重量のある車両が高速で運転されるのだから、在来線の設備とくらべてオーダーが異なるだろうというのは想像できる。 それが松井山手というローカルな街にふさわしいかどうかは微妙。現在の松井山手では新幹線を受け入れられる基盤は整っていないと思う。
北陸新幹線、南側ルートを満場一致で可決
 与党検討委  JR西も同意
 北陸新幹線で未決定の京都-新大阪間のルートについて、与党検討委員会は13日、JR片町線(学研都市線)の松井山手駅(京都府京田辺市)に接続する新駅をつくる「南側ルート」を採用することを、満場一致で可決した。京都府や北陸3県など沿線自治体のほか、運営主体となるJR西日本も同意した。ルートは、15日に開かれる与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)の会合で正式に決定する。
 JR西の来島達夫社長はこの日の検討委で、松井山手接続の南側ルートの費用対効果が投資に見合う「1」を超える「1・05」との試算が出たことを受け、受け入れを正式に表明。新駅設置については「コストはかかるが、それ以上の利用者増につながり、関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)から北陸への新たな流動につながる」と述べた。
 京都府の山田啓二知事は「ルートは学研都市の発展につながる形にしてほしい」と要望。松井山手から学研都市内にある終点の木津駅までの区間が単線となっているため、複線化と運行本数の増加を求めた。複線化を含む費用負担について山田知事は「京都府は受ける便益に応じて、負担するべきだ」と述べた。具体的な負担額については、検討委では議論を持ち越した。
 京都府によると、松井山手駅周辺は人口増が続いており、現在半径5キロ圏内に約33万人が居住。新駅設置で京都までが50分から7分に、新大阪までが50分から8分に短縮される。
産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/170313/wst1703130062-n1.html
だから、これから新幹線開業に向けて、街のスケールが変わるような開発が進むことになるだろう。

JR片町線松井山手駅は、平成元年の開業。京阪電車が開発した住宅地(京阪東ローズタウン)で、松井山手駅の建設費は京阪電車が負担したとか聞いたことがある。掘り込まれた小さな駅である。はじめて訪れた人はどこに駅があるかわからないと言う。

道路の方は、鉄道よりも大規模な整備が行われてきた。
既に第二京阪道路が全線開通して、久御山JCTで名神、京滋バイパス、さらに阪神高速(京都線)に接続しているが、第二京阪が、八幡で新名神とつながる。既に八幡と城陽の間の工事は始まっているが、これは第二京阪と京奈和道路を接続するらしい。

そしてこのおかげで、松井山手から京都へは第二京阪経由の「直Qバス」で30分弱、500円が運行されているし、高速京田辺からは関空へのリムジンも出ている。

直Qバスは、運行前にニーズ調査があった。1コイン、30分なら使うと回答した覚えがある。それまでは京田辺まで出て、新田辺から近鉄というルートだった。
この頃は、朝の出勤時にはこのバスに大勢並んでいる。同一時刻に2台で捌いている様子である。


というわけで、交通の結節点として俄然注目されていると思う。
今回、北陸新幹線京都-大阪が、松井山手経由であっさり決まったのは、この地域イメージがあるからだろう。

shinmeishin-highway.jpg

もっとも地元住民としては、今度、スーパー銭湯ができて、その上にホテルも開業するというような話のほうが身近である。
コストコ、ホームセンタームサシをはじめとする大規模店舗が次々に開業して(いずれも八幡市側、京田辺市側はほとんど商業用途のものはない)、生活道路(山手幹線)の混雑のほうがずっと気になるところ。
引っ越した当初は、車の数も少なかったのに、今ではたびたび渋滞し、直Qバスの運転手が「今日はコストコ渋滞が予想されます」と車内アナウンスするぐらいになった。

今、周辺では複数のけっこうな規模の宅地開発が進められている。
こうやって街になっていくんだろうな。

我が家は、駅まで直線距離で約500m弱。新幹線の騒音ってどんなものだろう。
まさか新幹線が傍を通るなんて、思ってもみなかった。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん