教育勅語

教育ニ関スル勅語」、いわゆる教育勅語を学校で教えようとか言っているらしい。

このことが話題になったのと、タイミングを合わせるように森友学園の幼稚園で教育勅語を子供に暗唱させているという話があったけれど、聞かれたから答えたということなんだろうか。


AS20170401000332_comms.jpg 実は、私は中学ぐらいの頃に教育勅語を憶えていた。別に教えられたわけではない。社会科の資料集かなにかに収録されていて、単純に面白がって憶えた。

「面白がって」というのは不敬かもしれないが、子供の受け止め方というのは、そうした無邪気で無批判なものではないだろうか。

教育勅語を教えようという人は、内容は良いことが書いてあると言い、こうしたことがきちんと教えられれば、道徳的な人に育ち、イジメなんて起きなくなるんだと言ってるらしい。

でもね、だ。
教育勅語は1890年に発布され、戦前教育の最高規範とされ、徹底的に教え込まれた。
そうやって教育勅語を憶えさせられていたはずなのに、最も陛下のお心に従うべき軍隊に入ったら、いじめが横行していたという。イジメ防止効果は疑わしいようだ。

というか、教育勅語を憶えられない子供がイジメの対象にされるんでは。


私も、書かれている内容は普通に徳目として大事なことが書かれていて、酷いものとは思わないけれど、同様のことはいろいろな形で教えられている。もし、とりたてて教育勅語が国民精神の涵養に効果があるとするなら、それは勅語、つまり天皇の言葉として畏敬する、天皇の神格化という前提があってのことだろう。親や教師の言うことはきかなくても、天皇の言うことはきく、そういう子供でなければ。

やっぱり天皇主権の国にしなければ成り立つ話じゃないですな。
というか、教育勅語で軍国教育を進めた軍幹部が、一番、天皇を軽視する行動をしていたようだけれど。


ところで、こういう話を聞いて、これからは国民と言わず、臣民と言わなければならなくなるのかと早とちりした。教育勅語中では、国民じゃなくて臣民を使っているから。
しかし、戦前も国民という言葉はある。「国民精神総動員」というように使う。

2017-04-07_124835.jpg 前の戦争の教訓は、敗ける戦争を繰り返さないためには、精神論とか情緒論とかでなくて、科学的精神、合理的精神を養わなければならないということ。
竹槍ではB29に対抗できないことを理解することではないのだろうか。
前と同じことをしても今度は勝てると言う人が愛国者なのか、前と同じことをしたらまた負けると考える人が愛国者なのか。

そんなことはわかってると言うのかもしれない。
ただし、わかっているのは指導者だけで十分、一般国民は教えられたとおりに突撃すれば良いのだ、ということかな。
その割には前の戦争では、教育勅語も戦陣訓も暗唱しているような指導者がみんな「お国のため」を免罪符に、卑劣で無責任な行動をしたようだけど。


自分勝手な愛国ですべてをいいくるめ、そうでない人を非国民と言う雰囲気が醸成されつつあるような気がする。
「逆コース」という言葉も既に死語扱い、同じことが「日本を取り戻す」正コースになってきたようだ。
次は戦陣訓を教えるようになるのだろう。

「生きて虜囚の辱めを受けず」なんて言ってたら中国には絶対勝てない。
中国と戦争になったとして、中国人の1割が投降してきたらどうするんだ。日本の人口と同じだけの中国人を日本で養わなければならなくなるんだぞ。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん