先制的自衛権

wor1704070040-p1.jpg 米国が、シリアが化学兵器を使用したと主張し、シリアに対してミサイル攻撃を行った。

シリアは、政府、反政府、ISの三つ巴の戦乱地域で、ここへ米国がミサイルを撃ち込んで、一体どうなることやら。
もちろん日本国政府は、米国の行為を断然支持している。

米国はトランプ大統領になってから、アメリカ・ファーストと言って、世界の警察官の役割りは小さくなるのかと思いきや、どうやら世界の警察長官はやめないで、下働きをあちこちの国にさせるつもりのように見える。
もちろん禁止されている化学兵器の使用は許されないし、米国の攻撃に喝采を送るシリアの人々もいるに違いない。子供たちが毒ガスに苦しむ姿を見て、こんなことをした輩を憎む気持ちは多くの人が共有すると思う。

ではあるけれど、今回のミサイル攻撃について、米国は自衛権の行使だと言っているそうだ。
自衛権」? 米国本土からはるかに離れたシリアの地で、自衛ってどういうことなんだろう。

思い出すのは、かつてのブッシュ・ドクトリン、ならず者相手なら、先制的自衛権、つまり、殴られる前に殴ることが認められるという理論。
先制的自衛権なるものが認められるかどうか、国際社会では意見が対立しているようだ。認める立場であっても、イラク攻撃の場合、その行使の理由となった大量破壊兵器は、ついに見つけられず、前提があやふやとなったけど。

_95008309_cf62329c-d244-4fd5-ba95-87d6e0bdb266.jpg 日本政府は、米国支持でわかるように、先制的自衛権を認める立場と考えられる。
さらに、先年、集団的自衛権も認めた上、米国を同盟国としているから、米国と同調した先制的自衛権の行使は論理的帰結と言える。

そして、日本の近くには、核兵器やミサイルを開発していて、しかも人道的にも問題があるとされる国がある。
米国まで到達するICBMの開発が進められているという。
現に、米国国務長官は、シリア攻撃はその国を含む諸国への警告だと言っている。

完璧に、日本も、米国も、先制的自衛権を主張できる状態である。
次に先制的自衛権が行使されるのは、その国に対して、そしてその先鋒となるのは日本国かな。
前述のように、日本国に、その行使を阻む法理論は存在しない。あとは「やる気」だけだ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん