私欲じゃなければ良いのか

f21d2ef1dc86225a02bf959c84c62230.png 森友学園の籠池理事長は「真に日本国のためになる子どもを育てたい」とお国のために頑張っている、それが理解されないことに恨み言を言い、裏切られた思いと、堂々と証言している。

昔、会社ぐるみの不正に対して、それに協力していた社員や役員が、(私利私欲ではなく)会社のためにやったことと、反省の姿勢は見せながらも、自分の行為を正当化していたことがある。

これへの対応だと思うけれど、内部告発を行う労働者を保護する「公益通報者保護法」が2006年に施行されている。


やったことは違法だったかもしれないが、私利私欲ではないということで、同情する声も出ることがあるようだ。
しかし、私利私欲じゃなかったら、許されるとか同情の余地があるとかなるのだろうか。

籠池理事長は、維新の会の立ち上げの時に「ずいぶん支援した」という。
政治献金は、する側も、される側も私利私欲ではない、崇高な理想のためにしている、というタテマエだと思う。

細かいことから言うと、もし私費を投じて政治活動に邁進している政治家がいたとして、その政治家に政治献金をしたら、その政治家は私費を自分のために使えるようになる。私利じゃないか。

一般に、使途を限定して寄付をしても、それ以前にその使途で使われていたお金を他へ回すことができるだけで、使途を特定せずに寄付をするのと、そう変わらない(もちろん額によるけれど)。

支援してくれた人を大事にする、それは朴槿恵前大統領と崔順実氏の関係を考えれば、すぐわかることだ。

ある政党が税金のばらまき施策を提案したとする。それは国の政策として行われるわけで、その政党(の政治家)の私利私欲ではない。けれども、選挙のときには、そのばらまきが「我が党の提案で実現した」と宣伝するわけで、やはり党利を追求したことになるのではないか。

それも、他人(国民)の財布(税金)に手を突っ込んだに過ぎないのに。


そんなこと言ってたら政治なんてできない、どんな政策でも、それで得をする人、損をする人がいるという反論があるだろう。
その反論を認めよう、ほら、私利私欲でなかったら良いということにはならないでしょ、と。
そもそも、政治とは利害が対立する集団間の調整技術である、そうでしょう。

f_review_bob_dvd02_hair.jpg
やっぱりクレオパトラはリズだよな
もっとも、私は私利私欲などは実はたいしたことではないと思っている。
ほとんど誰もが、ユリウス・カエサルは偉大だったと認めるだろう。
彼は私利私欲とは全く無縁だったと思う。
資産を持ったとしても、政治的手段として使っただろう。クレオパトラに貢いだとしても単純な欲望からではなくて、性事じゃなくて政治のため(このあたりがアントニウスとはちがう)。
自分の財産などには拘泥しないし、借金は山ほどあっても気にしない、という人物のように思う。
つまり、私利私欲がないのではなく、私利私欲を超越しているのだろう。

政治家の評価は、私利私欲が有るとか無いとかではなくて、施策が(多くの)国民にとってどうなのかということでなされなければならないと思う。

立派な政治家なら、私利私欲で判断が曇らない程度の報酬を与えれば良いだろう。
そうじゃない政治家には、私利私欲を満足させられる程度の口止め料を与えれば良いだろう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん