オランダの母子手帳

IMG_20170419_200441-crop.jpg 先日出席した会議でのプレゼンテーションの中から、興味深かったものをピックアップ。

母子健康手帳というのは、日本発祥のもので、それが海外でも次第に多くの国でも受け入れられつつある。
その中で、オランダの例が紹介されていた。
紹介した講師の先生もそうだが、私も、これは徹底しているなぁと思った。

オランダの母子手帳は、時期別の7分冊になっているのだそうだ。
「妊娠」、「0-4歳」、の2分冊はまぁ当然として、その後も、子供の年齢を追って編まれていて、「思春期」、「計画的に親になる」までとなっている。
「計画的に親になる」に続くのは「妊娠」ということで、一回りすることになる。
IMG_20170419_201701skew.jpg

"Planning for parenthood" を「計画的に親になる」と訳してみたけど、これで良いのかな。

まさに生殖サイクルが、親から子へと、連続して繰り返されているというわけである。

また、母子手帳に関わるエピソードとして、不遇な親子関係で育った人が、母子手帳に書き込まれていた「今日、母乳良好」という母の字を見て、人生観が変わったという話が紹介されていた。

母子手帳というのは、医師のカルテというようなものではなくて、これを通じて親子のコミュニケーションを強くするツールという性格がある。オランダのものは、それが徹底されて、次代へ積極的につなぐというものに思える。

この日の講演では、他に「切れ目ない子育て支援」という演題のものがあった。
こちらでは、のぞまない妊娠、そういう女性たちは、母子手帳の交付すら受けない、せっかくの親子の健康を守るツールなのに、それにすらアクセスされない現状についても触れられていた。

「にんしんSOS」という大阪府の電話、メール相談の取り組みも紹介されていた。年間2000件近い相談があるという。うち60%が府外からのものだそうだが、困りはてた女性がネットを頼って、情報を求めてたどり着く場所らしい。
昨年、DeNAの"WELQ"という酷過ぎるネット・ディスサービスが問題になった。やはり銭儲けでないサービスが必要なところなのだろう。


IMG_20170419_190952.jpg 以下は、"「戦後80年」はあるのか"という本の中で、上野千鶴子氏が書いていたことの引き写し。

日本は婚外子の割合は欧米に比べて極端に低く、全出生に占める婚外子の割合は、2008年のデータで、スウェーデン 54.7%、フランス 52.7%などをトップに、低いイタリアでも17.7%であるのに、日本はわずか2.1%。
出生数が少ないことが問題視されて、「産めよ増やせよ」と言われているようだが、少子の原因には、婚外子が産めない(産みにくい)という社会であるということもあるのではないか。
また、「夫はいらないが子供はほしい」という女性もいる。子供はいらないという人もいる。
「女性が一人で子供を育てられる社会」になることが求められている。


上野千鶴子氏は概略、上のようにおっしゃっているが、データにも裏付けられた説得力のある論理のように思う。
子供を産むのは女の仕事(義務)、そのための結婚・家族という人には受け入れられないかもしれないが。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん