ピロリ除菌の結果

nyosokokishiken.jpg 前にヘリコバクター・ピロリの除菌処置をしたことを書いた。
先日、その結果判定が出た。

私が受けた除菌処置(薬)の成功率は80%ぐらいあると聞いていたけれど、失敗すると別の処方で再度挑戦、そのときは禁酒が求められるということなので、1回で成功してくれないとつまらぬことになってしまう。

判定は呼気で行う(尿素呼気試験法)。
尿素を含んだ試験薬を飲んで、ピロリ菌がいたら尿素が分解されて発生する二酸化炭素を検出するもの。
もちろん飲んだ要素由来の二酸化炭素であることを判定するため、試験薬の尿素は炭素13で構成されている。

P_20170428_185350_vHDR_Auto.jpg で、判定結果は無事、除菌成功であった。

検査を受ける前から、除菌に成功しただろうという感覚があった。
もともと私は下痢しやすくて、お酒を過ごしたときなどは翌日は軟便になることが多かった。

それがピロリ除菌後は、体質が変わったというのか、下痢にならなくなった。1度だけ軟便があったけれど、これは脂っこく筋のある安物のビーフステーキと安物の赤ワインの夕食の翌日である(この組み合わせは以前から下痢を起こす。ヒレのやわらかいところ で、上等のワインだったら大丈夫だったかもしれない)。
便の様子(とりわけ硬さ)も、だいぶ良質になり、糞切りも良くなった。

ピロリの除菌では、薬の副作用で下痢になることがあるとされているが、私は服用中も下痢にも軟便にもならなかったし、除菌後は、上述のとおり、もともとの下痢性もなくなった。
IMG_20170425_091936.jpg
ネットで「ピロリ除菌 下痢」で検索すると、同じようなことを書き込んでいるものが見つかる一方、逆に下痢が続いているという書き込みもある。人それぞれらしい。

こうしたことから、ピロリ菌と下痢の直接の関係は否定的なようだ。
思うに、もともと胃炎が下痢のトリガーだったとするなら、

(ピロリ菌による)胃炎→ピロリ除菌→胃炎の治癒      
             →下痢性の改善      

ということなのかもしれない。

これなら、もっと早く除菌しておけば良かった。

十数年前、知り合いの医師からピロリの除菌する気はないかと聞かれたのだけれど、当時は未だ、そんなに普及した処置ではなくて、病院側もテストしたかったようだ。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 Audio/Visual マイナンバー 

現在の閲覧者数
聞いたもん