ようやく豊洲におちついた、けれど

先週末、週明けに豊洲移転を表明か、という報道があったので、そのつもりでニュースをチェックしていたけれど、今のところ、まだそういうニュースはない。昨日のニュース番組では、豊洲移転して5年で築地に戻る話もあるとかだったが、まさかそれはないだろう。50年後だったらまだしも。

ということで、ここは勇み足を覚悟で記事にすることにした。予想が当たれば、それしかないわなということになろうし、予想が外れてもご愛敬ということでご容赦願いたい。
では、以下、架空のニュースに基づく記事。

tokyoto_toyosu_b-10_02.png 東京都の小池知事が、懸案の豊洲市場移転問題について、ようやく決断した。
当初予定通りの豊洲への移転、それと築地の有効活用という。

前者は、問題の本質(汚染問題)が明らかになるにつれ、真っ当な選択だろう。後者については、ここまでゴタゴタした以上、何らかのお土産(実効性があるかどうかは別として)を業者に渡さないと、引っ込みがつかないということだろう。築地での説明会では「築地ブランド」を強調していたから、予想されたこと。

私も、遠い関東のことであるけれど、世間並みの関心をもって、記事にも書いた。
はじめは、「落としどころが見えてきたかな」として、豊洲市場に実体的な問題はなく、部分的な改善で終えるだろうという予想だった。
それが、「落としどころが見えなくなったかな」として、新たな汚染が大きく報道されて、簡単に豊洲と言いにくくなったと書いた。悪ノリで、基準の79倍という汚染は、仮に呼吸する空気の汚染にみたてたら、麻雀部屋程度という計算もしてみた

もっとも、落としどころがみえなくなったのは、問題がこじれたことで、問題の所在を見つめれば、結局、豊洲移転が結論だろうという感じはずっとしていた。
本当の問題の所在は、豊洲が汚染で危険な状態かどうかという一点のはずである。
そして、報道各社が騒ぎ立てる「基準」というのは、その汚染水を飲用した場合のもので、冷静に考えれば、問題はないということになるはずのもの。

だから、最初は「落としどころが見えてきたかな」だったのだけれど、そうした冷静な議論は、当局にはあったのだろうけれど、報道はそれでは面白くないのだろう、議論を落ち着かせるとか、熟慮するという方向ではなく、騒ぎを盛り立てた。


toyosu_o-KOIKE-570.jpg もちろん、最初に関係者や都民を欺こうとしたことが問題を拗らせたわけで、その責任は重いと思う。
一言で言えば、「東京都の役人って、ヘタくそ!」である。そんななめた行政をしたのは、役人の傲慢さのあらわれだろう。

そして、本質的な問題について関係者・都民の誤解を解こうとせず、その誤解にもとづいて、再検討に時間をかけた新知事は、そのヘタな役人から本当のところをちゃんと問いただしたのか。それとも、都政批判のネタとして使いたかったから、意図的にそうしたのか。

もし豊洲移転ができなかったら、既にできている施設をどうするか大問題。
とりあえず東京オリンピック2020のメディア・センターにでもするか。
その後は、それで整備されたITインフラを活用して、技術者がすぐに来れるという立地を活かして、開発や業務システムにも対応したデータセンターにするとか。


ただ、問題は汚染だけではない。
計画時点から、豊洲市場は赤字運営が前提になっているらしい。
関係業者にとっては、汚染が問題で、市場の赤字は気にとめないかもしれない。
しかし、都民はどう考えるだろう。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん