Outlook予定表とGoogleカレンダー同期ができなくなった

GSyncEnd.jpg"Google Calendar Sync"というWindowsソフトがあった。
今は動作しない。

前の職場でも、今の職場でも、グループウェアはMicrosoft Exchangeが使われており、筆者は職場で使うOutlook予定表と筆者個人のGoogleカレンダーを同期させていた。
Google Calendar SyncはそのためのWindows常駐ソフト(無料)。

いろんな情報管理にあてはまることだが、元ネタは1カ所にして、必要な場所のどこでもそれが使えるというのが理想で、筆者の場合、予定管理は職場のOutlook。これさえ管理しておけば、家でも、外出先でも、スマホ/タブレット/WindowsPCのどれでも、Googleカレンダーに反映したものを見ることができていた。
「スマホのどこが便利ですか?」と訊かれるたびに「なんといっても予定表です」と答えていたぐらい。

それなのに、それなのに、Exchangeサーバーのインターフェイスが変わったとかで、同期ができなくなった。
ソフトのメインテナンス終了とかではない、動作そのものがダメ。
職場のExchangeサーバーがバージョンアップしたとかでもない。
Google Calendar Syncは、単なるソフトではなくて、サービスだったということ。

いずれにせよこれでは大変困る。
Outlook予定表をエクスポートして、Googleカレンダー側でインポートするという手順を考える。
できないことはないが、とても面倒。しかも、削除の同期は原理的に不可能(二重更新対策はされている。後述の解説参照)。

調べると"gSyncit"というソフトがある。しかし自動同期や削除の同期は、有料版でないとできないそうだ。
もう一つの方法は、Google Appsを有料版で使うこと。ビジネス用で月500円⇒ムリ。

今の職場では日程が山ほどある、という状態ではないので、手で一つ一つ予定をコピーするのが一番良さそうだ。
OutlookでGoogleカレンダーを見ることはできるから、Google側に漏れているものがあったらそれを再入力だな。
(たくさんあったら、エクスポート/インポート手順とどっちが面倒か考えて)
【解説】
○削除の同期

データのエクスポート/インポートをする場合、元側で既に削除された日程はエクスポートされない(この日程を削除した、というデータは作られない)。
したがって、インポートで取り込む側に残っているデータが削除されることはない。


○二重更新対策

きちんと調べたわけではないのだが、業界ルール(?)で日程データには、日程の識別コードが含まれているようだ(Outlook予定表のエクスポート・データを見ると、日程(event)のひとまとまりの情報の中に、"UID"という項目がある。おそらくこれがそうだろう)。
つまり、この業界ルールに従っているソフトやサービスの場合、この識別コードが一致する場合は新しいものを上書きするように動作するらしい。このルールがない、つまり同じ日程を指すかどうか判定できない場合は、インポートのたびに新しい日程として追加されることになる。Outlook予定表、Googleカレンダーはこのルールに従っているようだ。なお、素人(に限らない)が作ったデータ移動ツールや、独自の日程管理ソフトは、このルールを無視しているものが多いと思われる。


【補足】

ここまで書いてきて、エクスポート/インポートの手間を著しく減らせることが分かった。
Outlook用のメソッドに 
"SaveAsICal" というのがあり、これを VBScript などから発行してやればエクスポートを実行( iCalendar形式=icsファイルを出力)できる。
今のところ「今日から31日分の予定をicsファイルに出力する」という VBScript を作って利用している(ネットから拾った サンプルがほぼそのまま利用できた)。
あとはこれをGoogleカレンダーでインポートすれば良い。


【さらに補足】
上の補足にあるVBscriptを、後日の稿「SaveAsIcalを発行するVBscript」に公開しました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

グーグルカレンダーとOutlookの同期について

ECOというソフトを使って、グーグルの連絡帳とカレンダーを同期してみました。
ホームページは少し変な日本語ですが、使ってみて問題なかったですよ。
使用方法をブログで紹介させてもらいましたので、宜しければ参考にして下さい。

http://shizendaisuki345.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

Re: グーグルカレンダーとOutlookの同期について

ありがとうございます。
ブログ、読ませていただきました。こういうサービスがあったんですね。それだけニーズもあるということですね。
未だ使っていませんが(職場のポリシーの問題もあるので)、取り急ぎお礼申し上げます。

補足で書いた通り、今は SaveAsIcalの発行+Googleカレンダーを開くVBscriptを作ってしのいでいますが、これはこれで、第三者に頼らない安心感があるのが良いところです。

また、役に立つ情報ありましたら、よろしくお願いします。

No title

毎日使っているのに何故か今日使えないんですが何かありますかね?

Re: No title

SaveAsIcal.vbsのことでしょうか。
お役にたってきたようで、うれしく思います。
さて、コメントをいただいて、すぐ私の環境(Windows7、Outlook2010、FireFox 40)でテストしましたが、普通に動作します。
Outlook関係のメソッドが変更になったとも思えず、動作しない原因がちょっとおもいあたりません。
最初のパラメータ(期間)の与え方などはOKでしょうか?


No title

回答ありがとうございます。

おかしいですね~
SaveAsIcal.vbsはieのディレクトリ以外変更せず使ってきたのですが、googleカレンダーに取り込むところで固まってしまいます。

マニアルではoutlookからエクスポートすれば大丈夫なのですが。。。

No title

お世話になります。

furefoxをインストールして実行したところ、カレンダへのインポートで


Request Entity Too Large
Error 413

と出てしまいました。
30日分で4.8MBですが

Re: No title

海坊主さま

googleカレンダーに取り込むところで固まるとのことですから、.icsファイルは正常にできているように思います。
(念のため、.icsファイルをエディタで開いて、第1行が BEGIN:VCALENDAR、最終行が END:VCALENDAR になっているか、確認してみてください。)

で、googleカレンダーへの取り込みですが、私の経験では、取り込むデータが多い場合、エラーになるようです。
件数なのか、総サイズなのかなど、具体的なことはわからないのですが、期間指定を分割してやってみてはどうでしょうか。

以上、よろしくお願いします。

No title

ありがとうございます。

データが大きくて駄目でした。

ただ不思議なのが、マニアルでエクスポートすると47KBのものが、六二郎
さんのPGを使うと4.8になってしまいます。

お手数をおかけしました。

Re: No title

> ただ不思議なのが、マニアルでエクスポートすると47KBのものが、六二郎
> さんのPGを使うと4.8になってしまいます。
不思議ですね。
スクリプトを見ていただいてわかるとおり、出力はOutlookのメソッドを呼び出しているだけなのですけどね。

とにかくサイズオーバーになるときは分割してみるということで、よろしくお願いします。

No title

追伸

スケジュールの中にpdfファイルが添付されていたため、サイズが大きくなったようです。
vbsの中身で添付有り=>falseに書き換えたらサイズも小さくなり、今までとおり動作しました。
今後もありがたく使わせて頂きます。


ECOは動きませんでした。
色々ソフトを試用しましたが、動かず、これが唯一の救いです。

Re: No title

ということは件数ではなく、トータルサイズですね。

たしかに予定表に、地図とか案内とかを添付することってよくありますね。
本スクリプトでは添付ファイルも含めてエクスポートとしていましたが、実際にはGoogleカレンダー側のインポートでは添付ファイルは取り込めないようなのでそもそも無意味だったわけです。
それでも添付ファイルもエクスポートしていたのは、出来る限り元のデータは保持した状態にしておきたいという貧乏人根性でした。

いろいろご迷惑をおかけしました。
これからもよろしくお願いします。




同期について

こんにちは。コメント失礼します。
私はは[undefined]EVO Collaborator for Outlook[/undefined]というソフトウエアで双方向同期しています。
コストパフォーマンスが良く、簡単設定なので、パソコンが苦手な私でもなんとか使いこなせています。
無料トライアルもありますので、宜しければご参考にされてはいかがでしょうか。

Re: 同期について

コメントありがとうございます。
いただいた情報について、全く無知でしたので、早速、EVO Collaboratorについてネットで情報を集めてみました。
私は、予定表はすべてOutlookを元ネタにしていて、逆方向同期は不要なのですが、できればたしかに便利、何よりどちらが元ネタなんて考える必要もないわけで、精神衛生上、まことに良いと思います。
もっとも、記事掲載の自作スクリプトを使って手作業同期をしていたら、職場のシステム管理者がExchangeへのWebアクセスを許可してくれたので、個人的には、同期も不要という状態になったのですが。

それにしても、何かがダメになると、代替手段が出てくる、うかうかしてられませんね。
勉強になりました。
引き続きよろしくお願いします。

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん