池上さん、こういう突っ込みをしませんか

sub-buzz-1276-1499012227-7.jpg 先日の東京都議選で、池上彰氏がキャスターをつとめた開票特別番組で、下村自民党都連会長とのやりとりがあった。

私も番組は見ていたけれど、そのやりとりがネット記事になっている。
⇒テレビ東京の選挙特番で……(BuzzFeed)


加計学園からの献金問題について、下村会長の説明は、「200万円の献金は事実だが、加計学園の秘書室長が、たまたま上京するときに、11人分を預かって来ただけ。1件20万円未満の献金なので、政治資金収支報告書に掲載しなかった、違法でも何でもない」というものだった。

これに対し、池上氏は、数字が不自然(200万円だから10じゃなくて、11で割らないと20万未満にならない)こと、なぜ銀行振込という方法をとらなかったのか、などと追及していた。

多くの人は、池上氏と同様の疑問を感じているのではないだろうか。

この説明を聞いて、それなら11人の名前を公表したら良いじゃないかとか、政治資金規正法はザル法だという感想を持ったけれど、ふと考えると、11人分を預かってきたということは、献金のとりまとめそのものじゃないだろうか。

もし、下村会長の説明が通るのなら、会員がn人の組織だったら、(20万-1)×n 円の献金は、政治資金規正法での収支報告書に記載しなくて良いということになるのでは。

もちろん組織として献金しちゃいけないから、「会員のみなさまでご賛同いただける方がありましたら、とりまとめさせていただきます」という形でやらなくちゃいけないけれど(その形さえ整えればOK)。


政治資金規正法がザル法というのはその通りだろうけれど、こういう悪知恵に長けた人たちが多ければ、ザルの目は際限なく疎くなる。
池上さん、そういう突っ込みもあると思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 Audio/Visual マイナンバー 

現在の閲覧者数
聞いたもん