夏向きのスマホ・アプリ

20151127_1431044.jpg 夏になると上着を着なくなるので、上着のポケットに入れている物の持ち運びに困る。
上着に入っているものといえば、たばこ&ライター、スマホ。

仕方がないのでこれらをカバンに入れることになるわけだが、たばこは持ち主の意志によって使用するだけだから問題ないけれど、スマホというやつは電話やメールが着信する。つまり持ち主がそれを取り出すことを強制してくるわけである。

着信音や通知音は普段は大きいとやかましくて、周囲にも迷惑だと思うけれど、カバンに入れると気がつかないことが多い。
スマートウォッチや通知専用バイブレータというものがあれば、スマホをカバンにいれていても、振動で気がつくだろうと思うけれど、持ち物が増えるのはいやだし、なにより費用がかかる。
結局、一番簡単なのは、カバンに入れるときに通知音を大きくすることだ。

しかし、カバンに入れるときに、毎度ボリューム設定をするのは面倒、適当なアプリはないだろうかと探していたが、これというものがない。あまりに単純なものだから、アプリとして出すほどのことがないということかもしれない。

Android_Automate_Icon.png あきらめきれないので、タスカー(tasker)といわれるジャンルのアプリを使って、自動化することにした。
使ったのは“Automate”というアプリ。

似たような名前で、“Automagic”というのもあるが、こちらは有料(300円)。とりあえずはカバンに入れたときに通知音を上げるというだけが目的なので、有料アプリはパス。


目的のものは、
  1. カバンに入ったことを検知して、着信音、通知音を100%音量にする
  2. カバンから出されたことを検知して、着信音、通知音を50%音量にする
たったこれだけのこと。
キモになるカバンに入ったことの検知については、スマホの近接センサーか照度センサーを使えば良いとアタリをつけたが、実際にやってみると照度センサーのほうが良い(理由はあらためて)。

Ring_max_flow.jpg 結果、できあがったフロー(Atutomate上で作成)が、右のとおり。
簡単に解説すると、
  1. (起動)

  2. 照度センサーが5lux(*)以下を検知するまでウェイト(**)

    (5lux以下になれば)
  3. 着信音量を100%にセット
  4. 通知音量を100%にセット
  5. 動作確認のためバイブ

  6. 照度センサーが20lux(*)以上を検知するまでウェイト(**)

    (20lux以上になれば)
  7. 着信音量を50%にセット
  8. 通知音量を50%にセット
  9. 動作確認メッセージ

    (2.に戻る)

    5lux20lux というのはとりあえずの値。
    ** フローでは、センサーブロックでNO の場合に、反対側の音量設定へ制御を移すようにしているが、条件を満たさずにウェイトから抜けるとは何なのか不明。この遷移は実際には起きないかもしれない。単純にブロックのINへ戻しても良いのかもしれない。

見てわかるとおり、きわめて簡単なフローなので、作成時間は数時間、そのほとんどがセンサーブロックの動作確認・テスト。
とくに、はじめは近接センサーを試していて、これは使えないなと判断するまでの時間がかなりかかった。

長くなるので、Automateやセンサーの使い方などについては、稿をあらためて紹介する。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 Audio/Visual マイナンバー 

現在の閲覧者数
聞いたもん