スマホの省電力アプリ

スマートフォンはバッテリーの持ちが悪くて、毎日、へたをすると1日持たずに充電しなければならない、という話を良く聞く。
もちろん実際の使い方―音声通話が多い、ストリーミングビデオを見ている、やたらメールが多い、しょっちゅうゲームをしている、というようなことがあればどうしようもない。

筆者は、せいぜい1日に1、2通しかメールは出さない。ただし、Googleメールも職場のExchangeメールも受けるから、着信は相当数ある(急ぎでなければ返信はしない)。常時ではないがオンライン・ストレージの同期もしている。Webはまず見ない。
以上が普段の状態だが、出かけたときは時刻表の確認とか、図書館に行ったときには貸出書籍の登録とか、写真を撮るなど。音声通話は余程の緊急時でないとまず使わない。
つまり、ほとんど負荷をかけないユーザーの部類だと言っていいと思う。

機種は Softbank 201M(Motorola)=Android4.1、CPU:Snapdragon S4(Dual core 1.5GHz)、Battery:2000mAh、WiFiは自宅・職場のみOn。
これでも、特に省電力対策をしなければ、朝フル充電で帰宅時には60%弱になると思う。

そこで省電力アプリに頼ることになる。
世の中にはいろんな省電力アプリが出回っているが、同じように動作させていれば同じように電気を喰う道理、何が無駄に電気を喰っているのか推定して、そいつを抑制するべきである。

で、一番無駄に電気を喰ってそうなのが、モバイル(3G/4G)通信。筆者の場合、3G/4Gのメールで緊急対応を要するものが来ることはまず考えられない(音声、SMSは常時待機だから急ぎはこちらへ)。したがってモバイル通信を常時Onにして待機する必要はない。(子供のLINE利用ですぐにレスしないとイジメに会うとかが問題になってるが、そもそもメールって、時間差があるのがアタリマエというのが良いところだったと思うのだが。)
かといって、まったくモバイル通信をOffにしておくと、大事なメールに気づくのが遅くなるかもしれない。それに、メールチェックのために手動でモバイル通信のOn/Offを切り替えるのも面倒。
JuiceDICO.png
ということで登場するのが、"Juice Defender"。
筆者の設定は、モバイル通信は15分ごとにOnにしてデータ通信の必要性をチェック(不要ならOff、必要ならデータ通信が終了するまでOn)となっている。これに加えて、ディスプレイがOnの場合にモバイル通信を自動的にOnにする。

JuiceDefender.jpgこの効果だが、朝フル充電で帰宅時に80%程度のバッテリー残量がある。
なお、WiFiの自動On/Off機能もあるが使っていない。通信契約がパケットし放題だからWiFi優先にする必要はないし、移動中にWiFiはないだろう。

もちろんこれで犠牲になることもある。いざメールを出そう、チェックしようとか、急ぎ時刻表を調べようというような場合、モバイル通信の基地局を捕捉するまでに結構時間(数秒?)がかかること。おそらく、スマホのモバイル通信機能起動時間+セル捕捉時間となるからだろう。

Juice Defenderは極めて多機能のアプリだが、結局、前述の設定で十分目的は達成できると思う。逆にいうと、余計な機能をそぎ落として、筆者の設定だけが実現できる軽量小型のアプリがあればそっちの方が良いかもしれない。

実は、他の省電力アプリも試してみた。Snapdragon CPU用に最適化というから"Battery GURU"も試した。端末の利用パターンを解析して最適な設定にする(なので省電力動作に入るまで2日以上かかる)というのだが、何日たってもたいした効果がでない、何をやってるのかわからない。

省電力アプリはいろいろ紹介されているが、どういう理屈で省電力が実現されているのかをきちんと解説しているサイトはあまり見かけない。ムダなタスクを止めますとか、画面の輝度を落としますとか、いろんなことができるように書いているが、いろんなことができれば良いわけではない。ムダなWiFiを切りますといっても、野良アクセスポイントを検知するたびに余計な動作をするぐらいなら、普段使うアクセスポイントに来たときだけOnにするほうが省電力だろう。画面の輝度を落とすといっても、中高生ならいざ知らず、まともなビジネスマンがスマホの画面を常時見るなどアリエナイ。

前述の筆者の設定でバッテリー消費は半分ぐらいになるわけだが、他のことをやっても数%の効果があるかどうかだろう。
結局のところ、自分の使い方に合っていて、省電力の理屈に納得できるアプリとその設定をすることが重要だろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん