長寿、迷走、台風5号

typhoon5_721.jpg 昨日、関西地方も台風5号の直撃を受けた。
奈良市上空を通過したとかで、我が家も至近である。

そもそもこの台風は去る7月21日に発生していて、そのとき既に、この台風がどこへ行くのか、どんな転機をたどるのか、非常に予想がつきにくいものだったという。

この段階で、まさかこの台風が近畿地方を直撃するなどとは想像すらしていなかった。

そして、進路だけでなく、あまりにも長寿命である。
記録では、21日間ぐらい台風だったというのもあるらしいが、長寿上位5本の指に入るらしい。

それだけ日本近海の海水温が高いということなのだろうか。


ニュースでも、この台風の進路予想は13種類もあると伝えらられていて(写真下左)、結局、昨日の段階までのこの台風の様子がその右である。

typhoon5_where.jpg typhoon5_wide.png

異なる13種類の予測を平均すれば良いというわけではない。しかし、さすがにこのケースではないと思うけど、それに近いことを知らず知らずにやってしまっていることがあるんじゃないだろうか、特に経済予測の分野では。バルチック艦隊が、対馬海峡を通るか、津軽海峡を通るか、どちらかわからないから平均をとって東京湾で待つようなものなのに。


結局、昨日の段階での予想進路図が次のとおり。

typhoon5_last.png


以下は、ネットで拾い集めた、過去の進路予想図。

typhoon5_729.jpg typhoon5_731.jpg typhoon5_801.jpg typhoon5_802.jpg typhoon5_803.jpg typhoon5_805.jpg

(これほど異常な台風になると分かってたら、もう少しきちんと集めておけばよかった。)


いつものことかもしれないが、大量の水が空から落ちてくる、その量には驚かされる。
このところ、水害のニュースが多い感じだけれど、大丈夫だろうか。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん