イタリア旅行―TIM tourist

昨日に続いて、現地で使うSIM、今日は"TIM Tourist"について。

とりあえずAmazonで購入したSIMはあるものの、現地でのSIM購入について、さらに調べていると、イタリア最大手のキャリアであるTIMが、"TIM Tourist"というサービスを販売していることがわかった。(⇒"TIM Tourist"

TIMは、現地では"ティム"あるいは"ティーム"と発音するらしい。
(現地の人に場所を聞いたときに"ティー・アイ・エム"では通じなかった)

TIM_tourist_In.jpg

TIMのSIMについては、データ通信専用SIMの紹介とか、音声通話もできる"TIM for Visitors"の紹介などがあったのだけれど、"TIM Tourist"について日本語での情報は見つけられなかった。

(日本語で紹介するのはこの記事が初めてかも)


TIM_Tourist_application.jpg
TIM Touristの申込画面
"TIM Tourist"というのはとても魅力的なサービスである。
4Gでのデータ通信が15GB、音声通話は国際通話(日本も対象)を含めて200分、SMS・チャットは無料という内容で、30日間で30ユーロ(SIMカード代10ユーロが含まれる)である。

撮った写真をすべてアップロードするのでなければ、15GBもデータ通信をするとは思えないし、音声通話もSkypeやLINEで代用できるから、安いデータ通信専用SIMでも良いと考えていたけれど、この内容だったら、ちょっと高いけれどやってみる値打ちがある!、と考えて、人柱になることを覚悟でこのSIMを手に入れることにした。

TIM_tourist_voucher.jpg
申込完了後にメールされてくるバウチャー(メール本文)
 
TIM_Tourist_Voucherm.jpg
上のメールの添付ファイル。同じPIN CODEが記載されている。
 
このサービス、いきなりTIMショップへ行って売ってくれるのかどうかはっきりしないのだが、ネットの説明を読む限り、事前にサービスを申し込んで、それを示すバウチャーを持ってTIMショップを訪問することになっているらしい。

(⇒ネットで探しまくって見つけたTIM Touristの参考情報ページ


出発前に日本で行った手順を紹介する。
  • まず"TIM Tourist"のページへアクセスする。(イタリア語版もあるが、さっぱりわからないので英語版)
  • 最初に、名前、国籍、住所、そしてe-mailを記入してサブミットする。
  • 記入したe-mailへの確認メールが送信されてくるので、そこに記載のリンクをクリックすると、本人確認が終了し、上で記入したデータが埋め込まれた状態の申込ページが表示される。
  • 申込内容を確認して(ここで記載内容の変更もできる)、申込を継続する
  • 次に決済方法を指定する。
ネットでは、プリペイドSIMを買うときにはクレジットカードでなく、現金が良いと書いてあるのが多いけれど、それは売店が頼りないからで、ネットで申し込んでいるときは、本社などで扱うだろうから、それほどひどいことは起こらないだろうと思う。

それに、私が使ったのは、海外で使うために作った、外貨建てプリペイド・クレジットカード(マネパカード)である。
マネパカードについては別途記事にする予定。


クレジット・カードが認証されれば、すぐにバウチャーがメールで送ってこられる。
このバウチャーを印刷するか、スマホやタブレットの画面に表示して、TIMショップへ行くと、数分でセットアップまでしてくれるという。

ということで、最初の訪問地、ミラノのTIMショップが、泊るホテルから歩いて9分の場所にあることを確認して、イタリアに着いたら、まずTIMショップへ行って、このSIMを入手(ピックアップ)しようと考えていた。
(続く)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

 ⇒記事一覧

記事リスト
最新の記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

飲食 書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
アーカイブ
飲食

書評 ITガジェット 飲食 マイナンバー Audio/Visual 

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
現在の閲覧者数
聞いたもん