イタリア旅行―TIMのSIMカードのピックアップ

昨日の続き。
昨日は、"TIM Tourist"というSIMを日本で申し込んでおいたことを書いた。
今日は、イタリアに着いてから、そのSIMカードのピックアップと利用について。

昨日書いたように、日本を発つ前にミラノのTIMショップの場所を確認していた。ホテルから9分のところ、ミラノ中央駅の中にそのショップはある。
2018-08-28_160425.jpg ホテルに着いたのは17時過ぎで、少しゆっくりしてからぼちぼち散歩がてらにミラノ中央駅の方へ向かう。

事前に場所を確認していたとはいえ、手元に地図などは持って行っていなかったので、店の場所が良くわからない。ミラノ中央駅には、各フロアの案内図のようなものが見当たらない。フロアも4つある上、入り組んでいるので、入口付近のインフォメーションらしきところで店の場所を聞いて、18:10頃、ようやくTIMショップにたどりついた。

ところが、TIM Touristのバウチャーを見せたところ、
「今日はおしまい。新しいSIMカードを出すことはできない。月曜日の朝に来い」という。そのときはSIM発行システムの問題かと思ったが、店じまいの時間だったのかもしれない(確認していない)。

これは困ったということで、その晩は、ブログへの投稿もホテルのWiFiを使ってごまかし、翌朝、訪問予定のミラノのドゥオーモ付近のTIMショップを検索して、ガレリア(ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア)のプラダの隣にあることがわかった。ここでSIMカードをピックアップしよう、そう考えて、ツアー添乗員にもその旨伝えて就寝。

2018-08-28_161003s.jpg ということで、翌朝、ドゥオーモ拝観後の自由時間、TIMショップへ行くことを添乗員に伝えたところ、ややこしいこともあるかもしれないということで、添乗員も現地ガイドも付いてきてくれた。そして、その目指すプラダ隣りのTIMショップへ行くと…

閉まってる!

格子のシャッター越しに貼られている案内によると、営業は月曜から土曜日。そして、この日は日曜日。
TIM_shop_Duomo_IMG_1053.jpg
ああ、ここもダメか……、ベネチアでピックアップするしかないか……と嘆いていたら、現地ガイドさんが「TIMショップは、小さいけどもう一軒近くにありますよ、ダメもとで行くだけ行ってみませんか」と。
半分あきらめ状態で、案内されるままにそちらへ。歩いてすぐ、ドゥオーモ広場に面したところにその店があった。

開いてる!!

小さい店の中に女性店員が一人だけ。
TIM Touristのバウチャーを見せると、即座に未使用SIMカードの束を引出しから出してきた。どうやら、このサービスについても十分教育されているようだ。

そして、まずパスポートの提示(コピーをとられた)を求められ、ついで、何が書いてあるかわからない(イタリア語の)チェックシートを渡された。幸い、現地ガイドさんが付いてくれていたので、そのチェックシートの4カ所にチェックを入れて、サインをするように促された。
もし一人だったら、かなりまごついたに違いない(サインするのも怖いし)。なにより、このTIMショップに来れていない。
P_20180827_164638_vHDR_On.jpg
店のおねえさんが、ちゃっちゃっとSIMの設定をして、さらに、私のスマホへのSIMの挿入までしてくれた。
日本国内で使っているSIMが挿したままになっているから、それと取り換えて、前のSIMはTIMのSIMカードにセロテープでとめてもらった。

SIMのアクティベートはしているようだが、APNの設定などをした様子はない(端末は日本語表示のままだからわからないだろう)。おそらく、APNは自動的に設定されるのだろう。


ネットの開通確認、問題なし!!!


Screenshot_20180819-123324.jpg どのぐらいのスピードが出るのかテストしてみた。

下り65Mbps!!!!

データ通信量が15GBもあるから、スピードテストでの通信量が少々あっても気にならない。

音声通話も試してみた。
まずは自宅へかけてみる。

スマホの連絡先には国際発信番号が登録されているわけではないので、連絡先を選んでの発信では届かない。+81を前に置いてやらねばならない。

呼び出し音がする、どうやらOKのようだ。

後に日本国内の親戚などに実際に電話をかけて通話している。また、添乗員さんの携帯にもかけてみた(何度かこれで助かった)。

テザリングも試してみた、というか、タブレットを持っている間は常用していた。ただし、WiFiテザリングではなく、Bluetoothテザリングであるけど。

WiFiテザリングもできると思う(未確認)。WiFiテザリングではAPになるスマホのバッテリー消費がはげしく、発熱もするので、こういうときには使わない。なお持って行ったタブレットはSIMが挿せるものではない。


というわけで、TIM TouristのSIMは無事、使えた。この旅行中、大活躍。

といっても、1週間ほどの旅行では、データ通信は1.5GB(上限の1/10)、音声通話は約30分(上限の1.5/10)しか使っていない。SMSは使わずじまい。

音声通話は、SkypeやLine、Viberなどとは違い、さすがに電話システムを使っているだけあって、明瞭。

私は普段、日本では月のデータ通信量が1GBを超えることはまずない。だから、最初から15GBもの通信量のあるSIMは過剰スペックだとわかっていたのだけれど、こういうSIMがあるんだ、ということを実地に体験したかったという好奇心が最大の購入動機。
それに、30€というのは、安心して旅をするのにはそう高いものではないと思う。

データ通信、音声通話の量を減らして、価格を半額ぐらいに抑えたサービスがあればいいな。
たとえば、データ通信5GB、音声通話60分で、10€+SIM代10€=20€ぐらいで。


TIM Tourist、なかなか魅力的なサービスである。(外国人専用のサービスかもしれない。)
けれど、使うなら、TIMショップの営業時間の確認を忘れずに。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

 ⇒記事一覧

記事リスト
最新の記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 飲食 マイナンバー Audio/Visual 

リンク
アーカイブ
飲食

書評 ITガジェット 飲食 マイナンバー Audio/Visual 

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
現在の閲覧者数
聞いたもん