イタリア旅行―3Dで見るボルゲーゼの名品

昨日、ほんの少しばかり所蔵品を紹介したけれど、今日は、ボルゲーゼ美術館の名品を、以前紹介した、疑似3Dアプリ「Phogy」で。

といってもPhogyはスマホアプリなので、ブログからデータをダウンロードして、それぞれ楽しんでいただくしかないのだけれど。


彫刻は、絵と違ってもちろん3Dの芸術だから、これを伝えるのも3D技術が良いわけだ。
そこで疑似的とはいえ、Phogyで撮影してみた。

実は、ボルゲーゼでかなり時間を過ごした後に、このアプリのことを思い出した。そして、今使っているスマホにはインストールしていなかったので、その場でダウンロード/インストールした。

忘れていたぐらいだから、そんなに使っていないし、あまりに久しぶりなので、なかなかうまく撮れなかった。


あまりうまく撮れていないのだけれど、この画像をツアー・メンバーのJKに見せたら、やたらウケたので、ブログ読者のみなさんにもデータをおわけしようということである。
下の3つの名品を3Dでお楽しみください。

ベルニーニ
「プロセルピナの掠奪」
ベルニーニ
「アポロンとダフネ」
カノーヴァー
「パオリーナ・ボナパルテ」
Phogy
データ
Phogy
データ
Phogy
データ
動画 動画 動画

【楽しみ方】
上の各作品画像横の「Phogyデータ」をクリックして、データをダウンロードし、スマホのメモリー(内蔵、SDどちらも可能)に入れておく。このファイルをPhogyで開ければ良い。
※Androidの場合は、適当なファイルエクスプローラーを開けて、ファイルを選択し、「共有(content)」などのメニューで開くアプリを選択すれば良い。iOSの場合はよくわからない。

私はAndroid版のPhogyを使っているが、iOS版もある。いずれも有料アプリだが、無料の試用版がある。そして、試用版でも既存データを見るのは制限がないようだ。
なお、「動画」とあるのは、Phogyの動画化機能を使ってmp4動画にしたもの。雰囲気はあるが、感動はないと思う。

この記事を書いていて、読者のためにGoogle playのPhogyダウンロードページへのリンクを貼っておこうとしたら、現在、Google playでは配布されていないようだ。上述のようにイタリアではダウンロードできた(イタリアのSIMを使っていた)ので、日本国内での配布が止められているのかもしれない。
apkを配布しているところがあるので、アプリ配信サイトになければ、そちらをどうぞ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

 ⇒記事一覧

記事リスト
最新の記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

飲食 書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
アーカイブ
飲食

書評 ITガジェット 飲食 マイナンバー Audio/Visual 

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
現在の閲覧者数
聞いたもん