イタリア旅行―ミラノにて

IMG_1010(Milano_Park_tram).jpg
トラムは展示に見えるけれど、Cairoli Castelloという駅でもある
(スフォルツェスコ城のそば)
イタリア旅行シリーズと銘打って既にかなりの数の記事を書いたけれど、今までの記事は旅の準備であったり、グーグルマップの話であったり、旅行そのものの話ではなかった。そろそろ、旅先での話を中心に書いていくことにする。

まず今日はミラノ。
今回の旅行ではミラノはまさに駆け足。午前中に現地ガイドの案内で市内の観光名所を徒歩で回っただけである。

前回、前衛的なオブジェが街角に置かれていて、市民の間で賛否両論があると聞いたが、今回は、そうしたものは見なかった。撤去されたんだろうか。オブジェがあった場所を覚えてないのでわからない。

IMG_1022(Milano_Cafe).jpg
今回は見送ったガッレリアのカフェ
前回は、スカラ座にも入ってモーツァルトの遺髪もこの眼で見ることができたし、オプショナルツアーに参加せずに作ったフリータイムに、レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館を訪れたり、ドゥオーモの屋上にも上った。ガッレリアでめちゃくちゃ高いコーヒーも飲んだ。

レオナルドの「最後の晩餐」(サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院)もツアーに組まれていた。

IMG_0981(Milano_central).jpg
ミラノ・セントラル駅
不思議なくらい、コースの充実度が違っていたわけだが、今回は、そのわずかな自由時間に、前に書いたようにTIM touristのSIMのピックアップに時間をとられて、ちょっとウィンドウショッピングをしただけである。(前回は訪れなかったミラノ中央駅には行ったけど、そしてむなしく帰ったけど)

そのウィンドウショッピングだけれど、ドゥオーモ広場の脇にある"La Rinascente"というデパートに入ってブランド物を見ていたら(見るだけ、何も買わず)、Armaniの子供服―これは日本でも某小学校の制服問題で随分話題になった―売り場があっただけでなく、GucciやFendiもキッズがあって、大人用とは別に(フロアも別)、売り場を設けている。

こうしたブランドで子供用があるとは全く知らなかったのだが、日本でも扱っているのだろうか。


IMG_1018(Milano_Starbucks).jpg
スターバックスへ改装中の旧郵便局
スターバックスはイタリアには今まで1店もなかったそうである。「スタバはないが砂場はある」といっていた鳥取県とは状況が違うけれど、スターバックスのイタリア1号店がこの9月か10月かに、ミラノに出店するそうだ。旧郵便局の建物を利用するという。

ミラノはイタリアではもっとも先進的な都市なのだろうか。
電気加熱式たばこのiQOSは、ミラノと名古屋で世界最初に販売されたが。

以前見たテレビ番組で、コーヒー(特にエスプレッソ)の話があって、ジローラモ氏が(明確に店名を出したわけではないが)スターバックスのコーヒーについては顔をしかめていたが、イタリア人にとってコーヒーはエスプレッソで、スターバックスなどはエスプレッソからはかけ離れている。(私もスターバックスは趣味でない)
さて、この店は成功するだろうか。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

 ⇒記事一覧

記事リスト
最新の記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 飲食 マイナンバー Audio/Visual 

リンク
アーカイブ
飲食

書評 ITガジェット 飲食 マイナンバー Audio/Visual 

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
現在の閲覧者数
聞いたもん