イタリア旅行―食事のこと

8月に行ったイタリア旅行について、経時的に記事を連ねてきたけれど、その記事群を見て、疑問に思った方がいるだろう。
食事のことがほとんど書かれていない!

旅行の楽しみといえば、名所観光はもちろんだけれど、食事も大きな部分である。土地土地の食べ物、お酒、それを楽しまずに、旅行を楽しんだとは言えない。

今まで食事のことに触れなかったのには理由がある。
一つは経時的、日記的に記事を書いた後、旅先でふと思ったことや特定のテーマについて記事を起して、ネタの水増しをしようと思っていたから。食事のこともその一つのテーマである。(他に煙草のことなども考えている)

もう一つの理由は、パッケージ・ツアーであてがわれる食事はそうそう立派なものではなくて、日記的に書いても、たいしておいしくなさそうな写真が並ぶだけだから。

ただツアーの食事というのはそうなってしまう理由もあると思っている。まず、欧米でちゃんとした食事をすると、日本人(とりわけ年寄り)が通常食べる量よりも、かなり多いものになってしまう。欧米のコースディナーだと、前菜にしろ、メインディッシュにせよ、一人前のコースを二人で分けるぐらいがちょうどよいと思う。
イタリア料理で言えば、日本ではパスタとサラダ、パンで済ませても不思議ではないけれど、現地ではパスタの一品でディナーをすませるというのはありえないだろう。

だからツアーの食事というのは、おそらく日本人に合せてくれているものと思う。

前にも書いた覚えがあるが、逆に欧米人が日本のホテルやレストランでコースディナーを頼んだら、量的に物足りないのではないかと思う。


ツアーで出る料理についてはそういうことで、あまり書きたくないのだけれど、こうやって思い出していると、食事が良くないという印象をもったのは、メイン料理よりも、スープの方だったような気がする。

何しろ3カ所ぐらいで、野菜のスープなるものが出て、そのどれももうひとつ。スーパーで売られている野菜スープの素に、ジャガイモ、ニンジン、グリーンピースをぶちこんで煮ただけのしろもので、これが日本だったらこんなに注がないだろうという量が注がれる。しかも注ぎかたが実にアバウトで、ある人はジャガイモばっかり、別の人は豆ばっかり、というようなことになる。
見た目もちっともうまそうでなく、これを食べさせられるのは少々苦痛だった。(しかし躾の良い私は残すなんてことは考えない)


その点を除いたら、案外普通の食事が出ていたといえるかもしれない。
ミラノではミラノ風カツレツとか、ヴェネツィアではイカ墨パスタとか、フィレンツェではTボーンステーキ、ナポリではピザというように、各地で定番のものが出ていたと思う。

パスタ類は本場だし、私でもパスタを作って失敗することはまずないから、まあ安定していると言える。
また、Tボーンステーキも基本は塩コショウの味付けで、焼き方を余程間違えない限り、そんな酷い者にはならないだろう。
ピザについては窯のある店なら間違いないということだが、ツアーメンバーがフィレンツェで食べたピザは冷凍ピザを温めただけのようだった(不味い)と言っていたから、イタリアでも北の方はダメかもしれない。


なお、朝食はホテルのそればっかりで、これはどのホテルもほとんど変わり映えしない。カフェテリア方式で、定番のハム、ソーセージ、ベーコン、スクランブルエッグ、野菜サラダに果物類。ジュースとコーヒー。パンは、丸い堅パン、蜜を塗ったようなクロワッサン、薄いトースト(自分で焼いて熱々を食べられるところは良い)。

もっとも私も普段の朝食は、角食かバタールのトーストに、ハムかソーセージ、ベーコン、サラダという取り合わせで、ホテルのものと似たようなもの。違いは、家ではこれらの各ジャンルのどれか一品であるのに対し、ホテルでは全部が用意されているという違いだけかな。


今回のツアーでは、フィレンツェの夕食1回、ローマの夕食と昼食それぞれ1回は、各自でとることになっていた。
ローマについては、ヴァチカン美術館へ行く前の夕食、空港移動前の昼食ということで、どちらもまともなレストランで食べられるような時間的余裕がなかったので、夕食はパニーノで済ませたし、昼食はホテル近所の立ち食い(?)ピザ屋で済ませた。
(フィレンツェでのフリー食は別稿にする)

パニーノのほうは、ネットで調べると日本(東京)にも店を出しているチェーンのようだ。

日本におけるパニーノジュスト

パニーノは手軽ではあるけれど、安くはない。私は一番かその次に安い8€ぐらいのものを注文した。
2018-09-20_150357(Panino_Giusto).jpg

2018-09-20_151657(Pizzacinque).jpg 立ち食いピザ屋のほうは、とにかく安さがウリのようだ。量は、一番安いものでも日本人には多いぐらい。

パニーノとかピザ立ち食いは味の予測もできるし、そうそう失敗はないわけだが、もしツアーに食事が付いていない場合、安くあげようとしてこんなものばっかり食べてたら飽きてしまうに違いないが。


IMG_1064(Milano_lunch1).jpg IMG_1065(Milano_lunch2).jpg
ミラノの昼食。リゾットとミラノ風カツレツ

IMG_1142(Venezia_Supper1).jpg IMG_1144(Venezia_supper2).jpg
ベネツィア手前での夕食。この手の野菜スープがあちこちで。

IMG_1253(Venezia_lunch).jpg
ベネツィア島内でのランチはイカ墨パスタ

IMG_1475(toFirenze_Chinese1).jpg IMG_1480(toFirenze_Chinese2).jpg
ベネツィアからフィレンツェへ移動途中の「中華料理」
食べたことも見たこともない「中華」

P_20180820_200124(Firenze1_Tbone).jpg
フィレンツェ到着時の夕食、定番のTボーン

IMG_1849(Napoli_Lunch).jpg
ナポリでの昼食。海鮮のパスタ

IMG_2022(Napoli_Dinner_pizza).jpg
ナポリでの夕食。マルガリータとカプリチョーザの1/2:1/2

IMG_2241(Capri_lunch).jpg IMG_2249(Capri_lunch2).jpg
カプリ島でのランチ

IMG_2356(Rome1_Dinner1).jpg IMG_2362(Roma1_Dinner_Sartinbokka).jpg
ローマ到着時の夕食。また出たこのスープ
メインはサルティンボッカ

IMG_2874(Rome2_lunch_A1).jpg IMG_2877(Rome2_lunch_B1).jpg
IMG_2881(Rome2_lunch_A2).jpg IMG_2879(Rome2_lunch_B2).jpg
ローマ2日目の昼食。
前菜はリゾットかパスタを選ぶ(上段)
メインはサルティンボッカかヒラメ(下)

IMG_1157(Venezia_Breakfast).jpg IMG_2444(Rome2_breakfast).jpg P_20180823_065242(Napoli_Breakfast).jpg
朝食。どこも同じ(ヴェネツィア、ローマ、ナポリ)

blankimage.png

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

 ⇒記事一覧

記事リスト
最新の記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 飲食 マイナンバー Audio/Visual 

リンク
アーカイブ
飲食

書評 ITガジェット 飲食 マイナンバー Audio/Visual 

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
現在の閲覧者数
聞いたもん