ブラナーの「魔笛」

昨日、ケネス・ブラナー監督の「魔笛」は第一次世界大戦をイメージするシーンではじまると書いたので、
この映画のシーンを拾い出してみた。

青空の下、美しい、花の咲き乱れる草原――そこでの塹壕戦。
vlcsnap-2014-10-18-20h54m43s90.png     vlcsnap-2014-10-15-20h28m16s86.png
真っ青な軍服の兵士。複葉機が飛び、大砲が吠える、戦車の姿も見える。

これらをバックに序曲が終わると幕開き(Zu Hilfe!)、夜の女王は戦車に乗ってお出まし。
vlcsnap-2014-10-18-20h19m57s215.png     vlcsnap-2014-10-18-20h22m08s47.png

三人の侍女が蠱惑的(珍之助さま用オマケ)。ベルイマンの魔笛(右)でも三人の侍女は魅惑的。
vlcsnap-2014-10-15-20h33m24s234.png        ThreeMaids.jpg

ザラストロは戦没者墓地を守っているという設定だろうか。
vlcsnap-2014-10-18-20h26m48s239.png     vlcsnap-2014-10-18-20h28m39s70.png

やっぱりパパゲーナとパパゲーノは外せない。老婆の姿から本当の姿に変身するシーン。 
papagena.png
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一応つっ込んでおきます。

オマケ感謝です。
振られるとボケるかつっ込みたくなる大阪人の哀しい性分の珍ですけども…

蟲惑的な3人侍女(三人官女みたいですが)は珍好みの重戦車ですな。
って、結局そこかい!

ノリツッコミになってしまいましたが、ベルイマン魔笛よりはるかに谷が深く、山は高いです。

Re: 一応つっ込んでおきます。

つっ込みありがとうございます。

はじめは首から下をすっぽりカバーする衣装で登場、途中でそれを脱ぎ捨ててこの写真の姿になるわけです。
高きが故に貴からず、です。有るを以て貴しと為す、です。
Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん