SIMロック解除義務化、いよいよ

総務省が、「SIMロック解除に関するガイドライン」の改正案に対する意見募集を、今日=11月1日から開始した(12月1日まで)。

このガイドライン改正案を読むと、報道されているように、来年5月から発売される端末から対象になるとしている。で、その内容だが、
6 その他
SIMロック解除した端末はできる限り自由に利用できるようにすることが望ましいことから、事業者は端末に設定されたSIMロック以外の機能制限についても、SIMロックが解除された場合は併せて解除できるよう努めることが適当である
とあって、この最初の部分が述べている理念は素晴らしいのだが、その後が端末の機能制限のことで、通信サービスについては、その前の節にある次のような記述からは制限を許容しているようにも読める。
5 SIMロック解除に当たり留意すべき事項
(1)利用者への説明
a)端末の販売時

 <略>

b)SIMロック解除時

①SIMロック解除に関する条件及び手続
②他の事業者のSIMカードが差し込まれたときに、通信サービス、アプリケーション等の利用の全部又は一部が制限される可能性が存在すること
③SIMロック解除した端末の故障・修理等に関する問合せ窓口

c)役務契約の締結時

使用される端末によっては、自社の提供するSIMカードが差し込まれたときに、通信サービス、アプリケーション等の利用の全部又は一部が制限される可能性が存在すること


私は前に「SIMロック解除義務化」の稿で、大きな問題は
他社機器の差別的取扱いは禁止してくれるのか。
これはロック解除料金よりもずっと重要である。
Softbankホームページ「他社が販売する携帯電話機を利用する際のご注意事項」には次のように書かれている。
(3)SoftBank 4Gをご契約の場合は、パケット定額サービスの対象外となりますのでご注意ください。
また、アクセスインターネットプラスへの接続もご利用できません。
と書いたが、これ(他社端末の差別的取扱い禁止)が規定されなければ、実質的に他社端末を使うことはできないだろう。もちろん端末の機能によって結果的に制限を受ける(たとえばFDD-LTEには対応しているが、TD-LTEに対応していないなどは、そのサービスをしていないDocomo端末なら当然だろう)のは仕方がないし、インターネット・サービスで差別化する(今でもDocomo限定とかがある)のは、サービスを競う意味もあって悪くない。しかし、通信サービスというレベルではSoftBankのような制限が残るなら、他社端末はとても使えない。

ところで、マスコミ報道では、SIMロック解除でどこのキャリアでも使える分、端末価格が上がるのではないかと予測しているところがあるが、これについては、改正案中にも
端末の価格相当分が毎月の通信料から割り引かれることが一般的な状況においては、利用者にとって大きな問題にならないと考えられる
とあり、私もその通りだと思う。仮にすべての端末がSIMフリーだったとすると、キャリアを頻繁に渡り歩くことを抑制するために、2年継続利用ならその間、通信料金の割引で端末代を優遇するサービス(つまり現状の販売方式)がもっと早くから行われたのではないだろうか。

むしろ問題は、改正案中にもあるように、キャリアを変更する場合の異常な値引きが横行しており、私のようにキャリアを変更しない忠実なSoftBankユーザーからはすごく不公正な商売と感じること。長期継続顧客を優遇するのが本来の商売じゃないのか(有線インターネットのプロバイダはそういう料金制度にしているところがある)。実際、私の知り合いには、2年毎にキャリアと端末を更新している人がいる。番号ポータビリティで通話で困らないし、メールはGmailを使っているから問題ないそうだ。
商売敵の商品を解約したら優遇するというようなやりかたは、相手を潰すときにするもので、共存しつつ競争したいときにはどうかと思う。

1年11ヶ月前に今のスマホにしたとき、レスポンスは良いし、バッテリーは良くもつし、と大変満足したのだが、なぜかこの頃はすごくレスポンスが悪くなり、バッテリーのもちもだんだん悪くなっている。
知り合いにも、同じような感想を持っている人が多く、スマホの寿命は2年だなぁ、と妙に納得している。

前にも書いたし、改正案でも書かれているように、SIMロック解除がありがたいのは海外でプリペイドSIMを使う場合である。そうそう海外旅行をするわけではないけれど、旅行の時に海外で使えないスマホを持っていくのは馬鹿らしい(空港までは国内スマホを持っていくだろう)。
ということでキャリアを変える気はないのだが、SIMロック解除大歓迎である。ただ、キャリアの販売戦略はどうなるのだろう。

SIMsize.png5月以降も今と同じように売られるのか、それともマスコミの無責任な予測が正しくて値段が上がるのか、つまり、年季が開けたらすぐ機種変更するか、それともあと半年待つか、私にとっては結構悩ましいところなのだ。
(あるいは買い控えが出て、それまで端末価格が下がるとか。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん