四国・香川県というところ

kobodaishi.jpgもともと四国とは縁も因もなかったのだけれど、ちょっとした人生のイタズラで四国にリンクされるようになった。

四国の英雄と言えば、弘法大師(長宗我部は土佐だけだろう)。
何といっても、四国に人を集める最大のポイントは八十八か所巡りであり、これはひとえに弘法大師の功績である。
最近は「年明けうどん」でも有名になりつつある善通寺など、四国の大寺も結局は弘法大師に帰せられる。

私の前の職場の人も、思うところがあって早期退職して八十八か所巡りをされていたし、やはり前の職場の近所の煙草屋さんのご主人も、とっくになくなられているそうだが、八十八か所巡りをされたという。
意外に身近なところに、そういう信仰の方がいる。

この三連休は法事のため、四国香川へ行っていた。
で、件の法事も真言宗。
そのお墓があるお寺が写真、真言宗大覚寺派総寺院。境内には当然のごとく、弘法大師像も複数おかれている。
sojiin.jpg
四国といっても真言宗だけではないのだけれど、おそらく他地域に比べ、真言宗の割合が高いのではないだろうか。

前記のお寺は、八十八か所の六十八番、六十九番の2つのお寺(同じ境内にある)の麓にある。こちらも真言宗大覚寺派である。

そして、以前テレビドラマ「銭形平次」のタイトルバックで使われていた砂地に掘られた大きな銭形の傍でもある。
ここには、遠浅の海がひろがっている。



kotohikihama1.jpgkotohikihama2.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん