大阪市解体構想

公明党の協力により、大阪維新の会の看板・大阪都構想の住民投票が行われる見通しになっている。
橋下代表は、都構想が否決されたら、政界を引退すると言っている。事実上の不信任投票というわけだ。

都構想のウリは「府・市二重行政のムダをなくす」なのだが、前にも書いたように、私が不勉強なせいか、二重行政がそこらへんにごろごろ転がっているとは思えないので、二重行政というなら、それがどの程度不効率の原因となっているのか、具体的にあげてもらいたいと思っている。
聞こえてくる指摘は、似たようなことをしているから二重というものが多いようだが、実際はサービスの対象や目的が違っているものも多いし、そもそも府民・市民の需要に応えるには、府・市両方がやっても足りないぐらい(市民には市が、それ以外は府がでおかしくない)のものもあるのではないだろうか。
また、府民サービス施設が大阪市域にあるからといって二重というわけではなく、大阪市民以外の府民にとって一番便利な立地が大阪市ということにすぎない。鹿児島の複数の離島で構成する村には、村役場を鹿児島市内においているところもある。そこが各島民にとって一番便利だからだ。

東京中心の交通体系整備に大量の国費を投入しておいて、東京が日本で一番便利な場所と言われるのは盗人猛々しいものがあると思うけど。北陸新幹線開業でますますそうなるだろうなぁ。


それはそれとして、これも前に書いたが、今まで大阪市のためにつかわれてきた富が、大阪市を解体することで、固定資産税が主になると思うが、これが他の府域に配分されるようになれば、それはそれで意義はあるかもしれない。
ただ、大阪市を解体して区にすると、行政コストは相当(1000億オーダー?)増加するだろうと思う。特別区になれば、当然それに必要な体制、特に必置施設・機関が増えるはずだし、事務体制も増える。

osakadiv.jpgそれならいっそ、大阪市に接する衛星都市で、大阪市を分割してしまったらどうか。たとえば

西淀川区・淀川区・福島区・西区⇒豊中市に編入
北区・東淀川区⇒吹田市に編入
中央区・都島区・旭区・城東区・鶴見区⇒守口市に編入
浪速区・天王寺区・東成区・生野区⇒東大阪市に編入
西成区・阿倍野区・東住吉区・平野区⇒八尾市に編入
此花区・港区・大正区・住之江区・住吉区⇒堺市に編入

わぁーい、戦国乱世、国盗りゲームだい!

これなら、議会は定員微増で済むし、行政委員会の多くはそのままでOK。事務体制も従来の区の踏襲でだいたいOK。なお、大阪市交通局は民営化するとおっしゃってるわけだから、そもそも問題ない。
ただ、これだと現行法上、固定資産税は各市の収入になって、さらに外縁にある市町村にはメリットがないかもしれない。
(まあ、この分割の絵を見て、これが永続的な大阪の姿と思える人は皆無だろう)

大阪市がムダな施策を実施したとか、高コスト体質であるという指摘は、そういう面があるだろうと私も思うが、それは、変に富をもっていたからやってこれたことだと思う。
都構想は、その体質・体制を変革する荒療治にはなるだろうが、都構想の理念とは別の問題だろう。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん