オーディオ・フォーマット変換中!

ハイレゾの話が続いたが、今日はハイレゾに限らずディジタル・オーディオのこと。

我が家には2つオーディオ・セットがある。一つは1階のリビング(TANNOY Arundelが置いてある)で、もう一つは2階のオーディオ部屋(先日書いたPMA-50はここに設置)。それとベッドサイドに置いてあるタブレットでもたまに音楽を聴く。

ということで、CDの多くをリッピングしてNASに置いて、どのセットでもCDを使わず再生できるようにしている。
モーツァルト全集(全190CD)は全部リッピングしてある(50GB余)。

全集と銘打つものはたいてい大層な箱に入っていて出し入れが面倒であるから、全集を置いてあるオーディオ部屋でも、CDを出して聴いたりせず、もっぱらNAS上のデータをPCで再生している。

PCで他の作業さえしなければ、ごくまれに音が跳ぶこともあるが、まずまず安定して再生する。(音が跳ぶのはおそらくNAS側の問題だと思う。)

で、今まではリッピングのフォーマットはWMA losslessにしていたのだけれど、ただいま順次、flacに変換中である。
機器互換性からいえば、mp3が良いのだろうが、可逆圧縮(ロスレス)でないと保存フォーマットとしては不適格であろう。

私がCDをリッピングしはじめたころは、あまり考えずに可逆圧縮なら良いだろうと、Windows media playerでロスレスフォーマットでとっていた。Microsoft標準という安心感もあったし、他のロスレス・フォーマットの存在は知らなかった。自分でディジタル化したデータ(24bit/96kHz)も、保存時にはWMA lossless(24bit/96kHz)にしていた。
今では、Apple losslessやflacがあるわけだが、iTunesのような面倒くさいソフトを使う気にはなれないのでAppleは使わないし、flacはフリーというのが気にかかり、このフォーマットが今後もサポートされるのかもわからないので、敬遠してきた。

なので、逆に再生環境―機器やソフトを選ぶときにWMA lossless対応かどうかをいつも気にしていた。
世間にはWMA対応のプレイヤーというのは良くあるのだけれど、多くのそれはlosslessには対応していない。新しいスマホXperia Z3の標準プレイヤー(Walkman)もWMA対応と言っているが、losslessには対応していない。おそらくWMA用のコーデックは著作権料とかが発生するのだろうと思う、廉価版の機器はまず対応していないようだ。

一方、flac対応機器、ソフトは随分増えてきたように思う。Xperia Z3もflacに対応している。
flacは、以前はマニア向けフォーマットのような印象だったが、今はそうでもなくなっている。Xperia Z3の標準プレイヤーWalkmanもflac 24bit/96kHzはきちんと再生する(192kHzは音源がないのでテストしていない)。
flacの場合、もちろん名前のとおりロスレスだから、その品質で再生できる。WMA対応をうたっている機器の場合のようにlosslessはダメでがっかりするというようなことはない。
そして、今回、ハイレゾ配信を調べてわかったことだが、以前のWMAからflacに配信フォーマットが変わっている(もちろん他にwav、DSDもあるが)。そして、24bit/192kHzで配信されるのものが増えてきている。今のところWMAでサポートされているレゾリューションは24bit/96kHzどまりらしく、他のフォーマットから192kHzのWMAに変換するソフトも今のところ出ていないようだ。なら、やっぱりflacがいいんじゃないだろうか。

機器にあわせていろんなフォーマットを用意するなんてのはやりたくないわけで、元ネタの統一フォーマットとして、この際、flacに統一することにした。
可逆圧縮だから、mp3と違って、ビットレートを気にする必要はないし、手間を無視すればいつでもwav、wmaにできる。
実は、Windows PC、iPod touch、スマートフォンといういろんな機器があって、今までも面倒だと思っていたわけだが、既に結構な量がWMA losslessで溜っているわけで、統一したいと思いつつ、そのままにしてきた。パソコンも高速になったし、ハイレゾ対応もしはじめたから、ここらで思い切って、全曲flac化を思い立った。

フォルダーごと、一気に変換できれば良いのだが、そういうソフトはないから、1フォルダーごとに変換を行う。

まず、変換元楽曲のフォルダー構造をそっくりそのまま別の場所に構築する。このためのフリーソフトはいろいろある。「フォルダ構成コピー」で検索すればいろいろ出てくる。

フォーマット変換には、今は"fre:ac"というフリーソフトを使っている。
freac.png

パソコンが高速になったので、WMA losslessでリッピングしてあるCD1枚分の楽曲をflacに変換する時間は1.5~2分である。
(パソコンが遅いととてもやる気にはならなかっただろう)

1日CD20枚分ぐらいやっていけば、そう遠くない日に、WMAのライブラリーをflacのライブラリーにできるだろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん