偏向してますよ、池上さん

「池上彰が大阪を考える2時間」(テレビ大阪)という番組を見た。
いつもの調子でなるほどと思わせるところも多かった。しかし、番組のスタート、大阪都構想をとりあげた部分は完全に偏向していた。

特定の政党や主義にとらわれない池上氏にしては、一方の意見=大阪都構想推進だけをとりあげたという感じがする。たしかに反対についても触れたが、そのとりあげかたがさらに疑問。
曰く、反対意見もある、良いところも悪いところもあると一般的な前置きをしているが、反対している自民党も元は府市二重行政を批判していたのに、維新の会との政争の経緯から反対している、という。

そして二重行政として批判的にとりあげた具体例というのがまたひどい。
WTCビルとりんくうゲートタワービル、どちらも超高層ビルだが、250mと250.1mと高さを競ったのを二重行政としてとりあげている。こういうのは二重行政とは言わない。鞘当てという言葉が適当である。近所に同じような機能のビルを建てて供給過多となったとしたら二重行政と言えるかもしれないが、この2つのビルは場所は全く離れているし、目的も違う。

結局、どちらも破綻したことは周知の事実。しかも、挙句の果てにWTCは大阪府が橋下知事の突然の思いつきで買い取り、府庁舎にして、防災拠点にするつもりが、逆に防災上問題ビルということで、安全なビルにするには削って高さを低くするしかないという状況。おまけに橋下市長は、大阪市の失敗の代表としてWTCをあげているんだが……


    20110513-wtc.jpg      Rinku_Gate_Tower_Building.jpg

次にとりあげたのが地下鉄。大阪市営だから大阪府域に延伸できない、府営だったらもっと広域的に便利になっているかもしれないと言う。これは前にも書いたが、まず大阪市長は民営化を言っている(市会で否決、ただし賛成されるまで何回でも民営化案を出すらしい)。民営化すれば府営でもなんでもない。延伸するかどうかは営業上の問題である。市外延伸に経営上のメリットが小さければやらないし、それでもやるとしたら、市税を投入せずにやらなければ市民の理解は得られにくい。民鉄との相互乗り入れ、府の補助金というような方法をとることになるが、民営化すればできるという理屈はない。

そして大阪都のモデルとして大ロンドンを大きく持ち上げる。
大ロンドンと大阪府の面積・人口が同等という事実をとりあげて、これと同様と言うのだが、大ロンドンは都市開発・交通政策中心(他、警察、消防)の行政機構である。行政部門としては600名程度の職員しかいないはずである。(大阪府には9000人の行政職員がいる。役割、権能が同様に語れないのは明らかであろう。)

私は、大阪都にメリットがあるとすれば、やはりこの都市政策・交通政策だろうと思っている。消防にも統合のメリットはあるかもしれないが、それは消防署・消防員の配置と高度な消防技術の開発・普及といったもので、集中化すれば良いわけではない。なお、警察は現状でも府警である。
だとすれば、この分野での将来像を描き、それを実現する方法を真面目に考えるべきではないだろうか。
そんなことを言っていたら、阪神間の交通政策も重要だから、兵庫県も大阪都に入れるつもりか。

建設的なことを言おう。府市統合本部を、府市を調整する部門と、都市交通政策部門にして、後者には事業主体としての権能を持たせれば良いのである。これなら行政機構の変更にともなう市民生活・行政執行の混乱は避けられるし、特別区設置にともなう多大の経費も不要となる。さらに府・市の土木・都市政策部門の人員減もできるかもしれない。
【追記】 短い時間だったので書き忘れたのであわてて追記。大阪の都市・交通政策の役者(所)はもう一人いる。国土交通省近畿地方建設局である。淀川や高規格道路の多くは地建の政策である。これを入れずにはけっきょく「田舎自治体が何を言ってる」で済まされてしまう。大阪都構想では地建のことはどう扱っているのだろう。

結局のところ、池上氏をもってしても、本当の二重行政の弊害というものを具体的に指摘することはできなかったことを証明したようなものだ。

しかし、「大阪都で二重行政がなくなる」という実態のあやふやなスローガンだけは視聴者に伝わっただろう。氏の影響力は甚大なものがあると思う。住民投票までに、きちんと検証する番組を制作すべきだと思うがどうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん