虫歯治療

4週間前の歯科定期健診で、虫歯が発見された。

以前、虫歯になって、かぶせをしていた歯なのだが、そのかぶせの境目あたりがまた虫歯になっているという。前にかぶせたものを取り除いて、新しくかぶせることになった。
2週間前に、前のかぶせの除去と、新しいかぶせのために型とりをしてもらい、昨日、無事、新しいかぶせをしてもらった。
DSC_0064-crop.jpg写真の奥の方の歯が今回治療したところ。

そもそも6年ぐらい前にかかりつけの歯医者が廃業したので、調子が悪くても2年ぐらい放置していたのだが、ひどくなってから行った歯医者で歯肉炎の診断。応急的な治療だけにしていたところ、また2年ぐらいして調子が悪くなった。
定年退職が近かったので、それまでは職場に近い歯医者にしていたのだが、家に近い歯医者に通うことにして、今の歯医者をかかりつけにした。

その後、6か月ごとに定期健診に行くようにしているのだが、そのかいあって、今回、未だ自覚症状が全くない段階での虫歯の早期発見に至った次第。
虫歯を放置して、そこで黴菌が繁殖して、敗血症で死んだ例もあるそうだから、侮ってはいけないのだ。

歯医者に好んで通う人はまれで、だいたいは酷くなってからになるようだ。はじめにいった歯医者で「ここまで酷くなってから来るのは恥ずかしいんですが」というと、やさしい歯医者さんは「みなさんそうですよ」となぐさめてくれたのを憶えている。

ところで、今の歯医者さんは、ニコニコしながら「親しらず、抜きませんか?」とおっしゃるのだけれど、どうしよう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん