春めいてきました

昨夜の皆既月食は、どんよりした雲に隠されて残念だった。
春の長雨、菜種梅雨というわけだが、4月に入って、気温はめっきり高くなって、一気に春の陽気である。

20150404tulip1.jpg
まず庭の花。

チューリップやムスカリといった園芸品種。
ムスカリは、わざわざ球根とかを買わなくても、毎年出てくる。
また、ツルハナナスという草が勝手に生えて花をつける。実は私はこの草のほうが好きである。
紫色で、5~6cmぐらいの径で、シンプルな花である。下の梅の写真で根元に見えている。

本当は春というと、子供のころの記憶のせいだろう、ツクシ、タンポポ、オオイヌノフグリというような草が春らしいと思うのだが、なかなかこれらが自生してくれない。近所にもあまり見かけない。

名前のわからない草もある。家人は雑草は抜けとうるさい。私が育てているわけではないけれど。

昭和天皇は「雑草という名前の草はありません」とおっしゃったそうである。

20150404bougashi.jpg
次に庭木。これはボウガシ。

この季節になると若葉が大量に出てくる。夏になるとこれが全部、大きな緑の葉になる。
緑陰といえばそのとおりだが、密になって風通しが悪くなると病気になりやすいということもあって、毎年剪定する。
秋にはドングリの実をつける。そのドングリから、新しい芽がでて幼木もちょこちょこ出る。かわいそうな気がするけれど、これも適当に抜かないといけない。

植物というのは、ほうっておくと随分と繁る。刈らざるをえないのだけれど、生き物を傷つけるようでなかなか気乗りしない。

20150404ume.jpg
最後に、前に花を報告した梅。

葉が出てきたが、これがいっぱいになって、本来なら、6月には実がなるはずだが、前に書いたように、多分、受粉がうまくできていないから、あまり期待できない。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん