統一地方選後半戦

touitsu2015.png 昨日は統一地方選の後半戦。
関心のある選挙がいくつかあった。

まずは居住市の市長選。前回は無投票だった。今回、市議選は無投票だったが、市長選は3人の候補者がいて、現職、新人2人。新人の1人はK府議から鞍替えで、K府会の民主党議員団の幹事長らしいのだが、何故か連合は現職を推薦している。なんで?というか、どうしてそうなったのか、事情に疎い私には理解できない。もう1人の新人は共産党。
結果は、現職の再選だった。しかし、意外なことに、大変な僅差だった。
kyotanabe2015.png
次に関心があったのは、勤務地の市長選。ここの市長は反維新の会、都構想反対であるから、連日、維新の会の宣伝カーが市内を走り回って、大阪の将来を考えるなら対立候補へという訴えを繰り返していた。大阪維新の会幹事長の府知事の地元でもあり、注目された選挙だったと思う。
結果は、大方の予想通り、現職の再選である。6:4で現職というのが下馬評と聞いたことがあるが、当たっている。
yaoshicho2015.png
もう一つは、このブログでとりあげた東京都北区議選あの筆談ホステスである。
結果は、私も予想していたとおり、トップ当選である。
kitaku2015.jpg

ということで、いずれも番狂わせということはなかった。
さて、次は5月17日の大阪都構想の住民投票である。残念ながら大阪市民だけの投票。
一部には賛成多数という予想もあるが、大阪府議・大阪市議選挙ではどっちつかずという結果のように見える。
そして今回の大阪での首長選挙では、S市、N市でも維新vs反維新の対決だったが反維新候補が勝った。
都構想の先行きはあいかわらずはっきりしない。

住民投票の告示は今日行われるらしい。 住民説明会の記事も新聞に載っていたが、これは説明会であって反対意見を聴く場ではないそうである。既に決まったことについて、運用上・事務的なことを説明するだけということらしい。
ということなら、住民投票で否決されれば、都構想推進者は公職を退くべきかもしれない。

やれやれ、また選挙か?



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん