旅に行ったいきさつ

6月6日から8日の三日間、「旅先ナウ」ということで、随時、旅先からの写真をアップした。
私は出不精で、こんな大ネタはめったにないので、繰り返し利用するつもり。

nagasakiJTBs.png そもそも、今回、こういう贅沢旅行をしたのは、娘が親孝行と称して、旅行券をプレゼントしてくれたのが契機。
「期限もあるからさっさと使って」というのだけれど、遠国へ行けるほどの額でもない。いくつか考えたけれど、バラ祭をやっているというので、ハウステンボスに行くことにした。111万本のバラって!?

もっとも6月8日まではバラ祭りだが、6月6日からはあじさい祭り。たまたま私の旅程はその重なる期間ということになった。


ハウステンボスは随分前に職場の旅行(忘年会を兼ねたもの)で行ったことがある。長崎市内観光、夜の宴会、そして翌日の朝移動してハウステンボスというコースだったけれど、帰りの飛行機の時間もあって、滞在はせいぜい2~3時間だったように思う。

実は職場で旅行先を決めるとき、破綻しそうなテーマパーク(とりわけ役所がからんでるやつ)に行こうということで、ハウステンボスを選んでいる。他には宮崎シーガイア、倉敷チボリ公園、志摩スペイン村(これはまだ残ってるし、もともと役所がらみでない)に行っている。
ハウステンボスは一時、経営危機だったから(役所的運営、中途半端な投資・広告宣伝など)選ばれたわけで、今なら選ばれることはなかっただろう。


ということで1日は休みをとって、ゆったり・贅沢の旅をすることにしたが、旅行社のツアーを調べていたけれど、職場の福利厚生サービスを利用すれば、旅行代金5%割引、一泊一人2,500円の宿泊補助が出る。残念ながら娘のギフト旅行券が使えないのだけれど、こういうギフトがなければ贅沢旅行などしなかっただろうから、娘のギフトは十分効果があった。旅行券はまた別の機会に使うことにしよう。

メインはハウステンボスだけれど、せっかくだから長崎市内観光もしておこうと思って、定期観光バスに乗れそうな早めのフライトを選んだのだけれど・・・

私は、なじみのない土地で効率的に観光するには定期観光バスが一番と思っている。
定期観光バスは、名所をはずさず効率的に回るコースが設定されている。各スポットの入場料は団体割引適用が普通。それに特に一人旅の場合、良いガイドに当たれば話もはずみ、現地の事情もいろいろ聴ける。
今まで、鹿児島、山口、岩手などで、それを実行してきたが、海外にも定期観光バスはある。ニューヨークに行った時は、朝起きて部屋に配布されているガイドを見ていたら、現地のJTBがバスツアーをやっていることが分かったので、すぐにJTBに電話して乗せてもらった覚えがある(このツアーで今はなきWTCビルに登った)。アトランタに行ったときは、遠来の客に土地のことを知ってもらうためだろう、訪問先からまず定期観光バスに案内されたこともある(南北戦争がメイン)。


ということで長崎もそのつもりだったのだけれど、連れは市内観光はチャンポンとグラバー園ぐらいにして、さっさとハウステンボスへ行きたいということで、あっさり却下。
まぁ、結局、ハウステンボス1.5dayパスポートが有効利用できることにはなったけれど。

nagasakiitinerary-crop.png
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん