長崎ちゃんぽん

nagasakichukagai.jpg 長崎といえば「長崎ちゃんぽん」を食べなければ。

ということで、今回、旅に出るにあたって、長崎市内のおすすめのちゃんぽんをネットで調べたが、多くの人が上位にランキングしている江山楼中華街本店で(江山楼以外はおいしいという書込みもあったけど)へ。
土曜日のお昼時(入店11:50頃)にもかかわらず、待ち時間もなく2階の広間へ通された。5~6人掛けの円卓が8つほど並んでいた。団体観光客にも対応できるようになっているのだろう。実際、団体ツアー客らしいワッペンを付けた客を見かける。

私は、のちゃんぽん(800円)、連れはちゃんぽん(1000円)を注文。
特上ちゃんぽんもあるのだけれど、あまりにごちゃごちゃたくさんの具が入っているのは好みでない。第一、小食だから麺の量が同じでも、「草」がいっぱい入っていたら食べきれないおそれもあるから、敬遠した。

先に(下の写真)がきたので、はじめにを少し分けてもらった。魚介スープとメニューに書かれていたが、通常のスープに加えて魚介スープを加えているらしい。まろやかで上品な味に仕上がっている。
次にのちゃんぽん。見た目ではつみれだんごだけの違いだが、スープも違っていた。スープは同じで具だけが違うのだろうと思っていたが、そうではない。先にのスープを味わってしまうと、のスープには深みがなく、貧相なスープだと感じる。原材料費なら200円も違わないと思うが、出来上がりの味の差は200円以上あると思う。
難を言えば、ゲソとか、豚とかの具材はもう少し大きいほうが良いのでは。切れ端のような大きさでは、歯ごたえの点で物足りない。

jouchampon.jpg


長崎人らしい人のブログか何かに、ちゃんぽんというのはあちこちにあるけれど長崎のものはあまりない、「リンガーハット」は長崎の味だ、というようなことが書いてあったのを覚えている。
私もリンガーハットのちゃんぽんは何度か食べた覚えがあるし、冷凍食品でゆでれば出来上がるチャンポンというのも時々食べる。これらは、いわゆる長崎ちゃんぽんである。

ハウステンボスへ行く道中、リンガーハットは何軒か見たけれど、中に、ドライブスルーの店があった。まさかちゃんぽんを食べながらは運転しないと思うのだが。

昔、学生食堂のメニューに「チャンポン」があって、こちらは、あんかけの中華めんで、醤油ベースで少しの肉とキャベツらしき野菜ぐらいが入っていた。ラーメンより少し高かったが、腹持ちがよさそうで良く食べた覚えがある。そして、チャンポンというのはこういうものだと思っていたから、長崎ちゃんぽんを初めて食べたときはこんなに違うのかと思った。
「ちゃんぽん」という言葉は、複数のものを混ぜるという意味で使われるが、これは料理からの連想らしい。混ぜるといっても、良く考えて混ぜる(ブレンド)という感じではない。とすると、この言葉は長崎ちゃんぽん由来なのだろうか。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん