ハウステンボスこぼれ話

花、食事、アトラクション、とテーマ別にハウステンボス・レポートを書いてきたが、今回は「こぼれ話」として、雑多な感想。

HTBcanal.jpg

カナルは海水
HTBeuropetai.jpg

ハウステンボスは大村湾に面し、場内のカナルは大村湾の海水をひきこんでいる。したがって、水は塩からい(舐めてみた)。カナルの何カ所かに閘門が設けられていて、潮位とシンクロして開閉するようだ。こうしてカナルの水は湾と出入りして、1か月(?)で入れ替わるという。だからカナルの水は、透明な水ではないけれど、腐臭とは無縁であり、海の魚が泳ぐ。ホテル・ヨーロッパの内側にある船着場には、鯛が泳いでいたが、これはおそらく釣ってきて放したものだろう(写真右)。

ハウステンボスはいうまでもなくオランダを再現しようというわけだが、こういうところは、そして気候の面でも、むしろベネチアのように思う。実際、アムステルダム広場では仮面舞踏会が行われるが、仮面舞踏会といえばベネチアを連想する。
(一番下にベネチアで買った仮面と今回ホテル宿泊者特典でもらった仮面の写真)


HTBwindwheel.jpg 風車は電動か

風で回っているのかどうか確認しようと思って、建屋に電線が来てないかなど見ていたが確認できなかった。しかし、大して風は吹いていないのに、アレグレットぐらいで回っていたから、おそらく電動で、電線は地下埋設なのだろう。

風車の一つは建屋に入れるようになっている。中を見ると、螺旋ポンプが回っていて、実際に水を汲み上げていた。ここでもモーターがないか見ていたが、確認できなかった。モーター音も歯車などが音を立てているから、これも聞こえなかった。


HTBponcho.jpg 雨の日だったので、レイン・ポンチョがもらえた

今回は雨が心配だったが、雨は最終日だけで、それも弱いもので済んだ。
チェックアウトして最後の見物に出かけようとすると、フロントで1日分の場内パスポートが特典として渡される(それまでの使い終わったパスポートと引き換え)のだが、雨が降っているということで、さらに、レイン・ポンチョの引換券も渡された。レイン・ポンチョは入場口と「チーズの城」という土産物店で配られる。
帰る日であるから、ポンチョを濡らすと持ち運びが面倒になるだろうから、着ることはなかったが、旅の記念になる。
後でホームページを確認すると、6~8月のサービスのようだ。売られてもいるようだ(500円?)


HTBmasque.jpg 土産物10%引き(ホテル宿泊者特典)

ホテル・ヨーロッパの正面玄関を出たところにある「Sea breeze」という土産物店では、朝8:00から9:00までの間、ホテル宿泊客の買物は10%割引(一部除外商品あり)になっていた。いつもやっているのかどうかわからない。最終日、その時間中に土産物を買い込んだことは言うまでもない。


※写真右: 仮面舞踏会用マスク        
公式ホテル宿泊者特典のもの(上2つ)と
以前、ベネチアで購入したもの(下の1つ)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

風車は…

風車は六二郎さまのお見立てでは電動ではないかということですが、確証を探しておられる姿を想像すると(失礼ながら)それだけでネタになりそうです(笑)
オフィシャル情報はわかりませんが、ネット情報では電動風車とのことですね。

仮面、使えますな(ナニに?!)(笑)

ベネチアの仮面

とてもステキですね☆
洗練されたデザインだと思います。

…ベネチアと聞いたから、そう思うだけでしょうか??σ(^_^;)

Re: 風車は…

思い出しました。
風車の写真では、羽根の部分が「田」の字を連ねたようになっていますが、風を受けるためにはここに布などを張らなければなりません(でなければ、風が通り抜けてしまいます)。
布を張ってない以上、風を受けて回っているはずはありませんね。

Re: ベネチアの仮面

ベネチアの仮面舞踏会は中世から続くものだそうです。とくに独立国だったころのベネチアでは1年の大半がカーニバル・シーズンで、毎晩のように仮面舞踏会が開かれていたというようなことが塩野七生さんの本にありました。
前にも書きましたが、そんなベネチアでは売春婦という商売が成立しなかったという話も、塩野七生さんの本に書かれていたことです。
(珍之助さまが「使えますな」とおっしゃるのは、そういう意味でしょうか)

ロメオとジュリエットの出会いの舞踏会は仮面舞踏会だったように思います。また、ドン・ジョバンニの舞踏会(3種の舞曲が同時に演奏されることで有名な)で、ドン・ジョバンニに復讐するために舞踏会に来る、ドンナ・アンナ、ドンナ・エルヴィラ、ドン・オッターヴィオの3人も仮面を付けて登場し、ドン・ジョバンニを追求する場面で仮面を脱ぎます。
仮面舞踏会は、西洋古典で、劇的シチュエーションを生み出す場として使われますね。
(珍之助さまが「使えますな」とおっしゃるのは、こういう意味でしょうか)

仮面舞踏会

仮面舞踏会自体、岸和田のだんじり祭り後の状況に通じるインモラルな匂いがプンプンしますけど、元から知っている者同士があの仮面をつけてもバレバレのような気がしますね。まあそれはそれで知っててしらばっくれるのがいいのかも…って何の話でしたっけ(笑)

Re: 仮面舞踏会

> 元から知っている者同士があの仮面をつけてもバレバレ
Sの小道具なのかも(ドロンジョさまの仮面姿を思い出して)。

見知らぬ者同士の場合、仮面で顔を、仮装で体型を隠したら、何をよすがに相手を選ぶのか、
外形に惑わされることなく、会話や身のこなしに現れる内面の美を評価するのだ、なんてことありますかね?

もっとも仮面で顔を隠さなくても、化粧で完全に化けているのはどうなんでしょう。
ネットにいろいろアップされている化粧する・化粧を落とす動画を見ると、我が目を疑います。
特殊メークやんけ!

Re: 仮面舞踏会【補足】

> ネットにいろいろアップされている化粧する・化粧を落とす動画
例えば、"The Power of MAKEUP!"、"メイク落し" で検索
Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん