アガパンサスが咲きました

珍之助さまにご心配いただいた我が家のアガパンサスがようやく咲きました。
昨日の朝に気が付いたもので、写真をアップしておきます。

h27agapanthus1.jpg h27agapanthus2.jpg



珍之助さまの記事にあった桔梗も咲いています。

そして次はカサブランカがひかえています。
大きな球根から、大きな花を咲かせることでしょう。

H27kikyo.jpg h27casablancabud.jpg



もう少しすると、オキザリスが咲くと思います。
これはご近所の「私、野草が好きなのよ」という奥様からいただいたものです。

それにしても、桔梗以外は、カタカナ名の品種ばかりですね。
アガパンサス、カサブランカは和名(日本語名)が見当たりませんが、オキザリスはムラサキカタバミという名前ですね。(桔梗の学名はプラティコドンです。)

昭和天皇は、「雑草という名前の草はない」とおっしゃっていたそうですが、カタカナ名ばかりになったらどうお感じになられたことでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

夏の花

咲きましたね、アガパンサス。美しいです。
桔梗は青色が濃いいい花ですよね。
六二郎さま宅の庭先は年中花が咲いて羨ましいですな。しかも…
「私、野草が好きなのよ」という妖艶な熟女まで咲いておられるようで(笑)

カサブランカは見かけないですが(百合と間違っているかもしれませんが)オキザリスはN市でも見かけます。(たぶん合ってると思いますが)

それにしても…プラティコドン…恐竜みたいですな(笑)

Re: 夏の花

> 六二郎さま宅の庭先は年中花が咲いて羨ましいですな。
別に私の趣味ではないですが。
私が植えた唯一の花は在来種のスミレ(産業教育フェアで園芸高校が販売していた)です。
あと、オオイヌノフグリとかツクシとかがあればいいですね(待っててもなかなか来てくれません。どこかで拾ってこないと)。

> 「私、野草が好きなのよ」という妖艶な熟女
とのことなのですが、こちらのお宅は豪華なバラがいっぱいです。
また、月下美人も良く咲かせておられます。

いやはや

オオイヌノフグリですか…あえて確信的に出されたと珍は解釈してしまいましたが(笑)花の名にふさわしくないというか、かわいそうな花ですな。
白百合のような深窓のお嬢様による「私、オオイヌノフグリが好きなのよ」は聞いてみたいですが…。
であれば、「私、野草が好きなのよ」というのもワイルドにエロいのですが…。

珍は「野草」の定義がよくわかりませんが、
花き>果樹>野菜>薬草>野草>雑草
見た目、実用性から考えたらこんなイメージ?
てゆーかこんな階級的分類自体が意味ないですな(苦笑)
野に咲く花はいずれも美しい。

Re: いやはや

 What's in a name? that which we call a rose
 By any other name would smell as sweet;
 So Romeo would, were he not Romeo call'd,
 Retain that dear perfection which he owes
 Without that title.

 名が何なんぢゃ? 薔薇の花は、
 他の名で呼んでも、同じやうに善い香がする。
 ロミオとても其通り、ロミオでなうても、
 名は棄てゝも、
 其持前のいみじい、貴い徳は殘らう。
          (訳:坪内逍遥)

その名は知らずとも、あの小さな青い、丈低く地面に居る、その花です。
(北杜夫も、好きな花として何かのエッセイに書いていました、もちろんその可哀そうな名前の由来とともに)

いや、こいつらなら世話しなくても大丈夫かなという、単なるものぐさです。

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん