哀しいカサブランカ

るりひめさまから「ブログ向きではない」というご意見をいただきながら、それでも、コメント返信で予告したとおり、萎れ逝くカサブランカの画像。
(昨日アップしようと思っていたのだけれど、ギリシアのほうが気になって一日遅れでお届け)

IMG_20150712_110614.jpg IMG_20150712_110646.jpg


前回の「カサブランカが咲きました(2)」と比較していただけるように、同じ株の写真を同じ順に並べた。
まず写真左、茶色く変色し、萎びた花弁が垂れ下がっているのが2輪確認できると思う。このうち左は今にも花弁全体が落下しそうである(写真撮影の半日後には落下)。落下してしまえば株全体としては、「ほとばしる青春」がよみがえるような印象が戻ってくる。

問題は写真右である。右側に既に変色している花があるが、注目は左にある開いていない花。前回、これから咲くことを期待して口を開いているのだと書いたのだけれど、ずっとこの形のままで、そして少し茶色く変色が始まっている。
つまり、大輪の花を咲かせることなく、このまま萎れていくようである。

前回、「ある程度の開きかけの状態」が確認できたと書いたのだけれど、そうではなかった。るりひめさまのご意見にもかかわらず写真をアップしたのはこのことを報告するため。

本当の開きかけの蕾を見ることはできるのだろうか。
写真右には、右の株に2つの青い蕾が確認できる。この子たちに期待しよう。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

終わり逝く命、引き継がれていく命

カサブランカのその後、アップしていただきありがとうございます。
「ブログ向きではない」とご指摘していながら、ひめは今回の投稿を楽しみにしておりました。(笑)
…というのも、六二郎さまのブログを読みつつ「そういえば私、カサブランカがどういうふうに散り逝くのか、きちんと見たことないなぁ」と思い、興味を惹かれたからです。

第一印象は、「思っていたより酷くはないな」でした。
確かに、「命が終わり逝く」という視点で眺めると、何だか物哀しい印象になってしまいますが、「この命があって、次の命に引き継がれる」という視点で眺めると、とても愛おしく感じます。

しかし、半開きのまま萎れる花があるのはオドロキですね!!
(ひめも六二郎さま同様、すべての花が大きく花弁を開いた後で萎れると思っていました。)

…ここんとこの異常なほどの暑さの影響だったりしないのでしょうか…?(>_<)

Re: 終わり逝く命、引き継がれていく命

> 第一印象は、「思っていたより酷くはないな」でした。
萎れて垂れ下がる赤茶けた元の花弁は、システィナ礼拝度の「最後の審判」の聖バルトロメオの皮みたいですけど。


> 確かに、「命が終わり逝く」という視点で眺めると、何だか物哀しい印象になってしまいますが、「この命があって、次の命に引き継がれる」という視点で眺めると、とても愛おしく感じます。
役割を終えて、という感じでしょうか。
聖バルトロメオの皮を剥かれた体の方はミラノのドゥオーモにある彫像が凄い迫力で、「命が終わり逝く」には程遠いですけど。

> しかし、半開きのまま萎れる花があるのはオドロキですね!!
> …ここんとこの異常なほどの暑さの影響だったりしないのでしょうか…?(>_<)
他の花は「ほとばしる青春」してますからね。10輪中1輪という程度ですし。

実はこの半開きのままの花を切り開いてみようかと思っていたのですが、残念なことに家人が元から切り落としていました。
見かねたんだろうと思います。

聖バルトロメオ

Google大先生に教えを乞うて、画像を見ました。
…笑ってしまいました…σ(^_^;)

「最後の審判」というまなざしが一度入ってしまうと、萎れた花弁が皮にしか見えません。
(笑)
そして、彫像は「終わり逝く」にはホント程遠すぎますね。
(笑)

Re: 聖バルトロメオ

笑っちゃいかんのでは。
システィナ礼拝堂で、ミケランジェロの大作を見物し、聖バルトロメオの皮を指差して、ケラケラ笑ってる観光客……
(そういう人は死後、画面向かって右側のルートへ行くに違いない)

すみません、変な連想を吹き込んでしまいました。今後、システィナ礼拝堂へ行かれても思い出し笑いしないよう。
(もっとも物凄い数の観光客がいますから、少々のことでは目立たないと思います)

ミラノのドゥオーモの方は、観光客が少々多くてもだだっ広いし、順路上、出口に近いところにあったように思いますから、問題ないでしょう。
Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん