カサブランカが咲きました(4)

昨日は時事話題を優先、そして本来なら今日は台風の記事または台風来襲中にもかかわらず強行された飲み会の話を書くべきところだけれど、例によって飲み会の写真を撮り忘れた(幹事はたくさん撮ってたようだけれど)。ということで、しつこくカサブランカの記事。

さて、前の記事で、開きかけ状態と見えたのは、そのまま萎れゆくものだったと訂正を入れ、未だ咲いていないカサブランカの蕾が開くところを観察したいと書いたけれど、残念ながら、やはり「開きかけ」とか「半開き」というところを捉えることはできなかった。

IMG_20150714_184246.jpg IMG_20150715_065724.jpg


前回記事で「2つ(実際には4つだった)の青い蕾が確認できる。この子たちに期待しよう。」としたその蕾に注意していた。
・・・・・・そして3日後

写真左は夕方に撮ったもの。微妙に蕾の先端が開きかけているようにも見える。この後、夜にも見てみたが様子は変わらなかった。
写真右はその翌朝、つまり12時間後に撮ったもの。既に「ほとばしる青春」状態。

前々回記事の「くっついている花弁に隙間ができたら、そこから一気に、ばね仕掛けのように開くのかもしれない」というのが案外、当たっていたのかもしれない。

写真にも写っているように、同じ株に未だ3つ蕾があるのだけれど、これらの「半開き」状態の撮影もまた難しそう。
早起きして観察すれば見られるのだろうか。

コマ撮り機能を備えた定点カメラ(前にいた職場にはあったけど)があったらいいけど。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん