こんなところにも高速バス

先日書いたように、パスポートの切替で、半日休暇をとり、職場のあるO府Y市から、K府の旅券事務所がある京都駅まで行った。
で、せっかくなので、まず乗ることはないと思っていた、K鉄Y駅から、京都駅への直行バス、料金900円なるものを使った。

IMG_20150803_121754.jpg こういうバス路線が出来たことは、数年前に今の職場の社長から聞いていたのだけれど、どのぐらいニーズがあるのだろう、一日何本ぐらい往復するのだろう、せいぜい数往復じゃないかと思っていた。
そして、Y市で働くようになってから、街中を歩いていると、ときどき件のバスを見かけるのだが、乗客はせいぜい数名というところである。
ところがあらためて調べると、このバスは1日12往復(休日は+1)、1時間に1本走っている。
今回、K鉄Y駅12:20発のバスに乗ったのだが、始発は久宝寺のはずだけれど乗客ゼロでやってきて、Y駅から乗ったのは私を入れて5人。親娘連れと、若い娘二人組。

私は自宅から京都へはやはりバスを使う。K阪直Qバス、30分、500円。
このバス路線が設定される前に、近隣住民にアンケートが行われた。曰く、M井山手から京都への直行バスが運行されたら利用するか、利用するとしたら料金はいくらが適当か、というような内容であった。
その頃、私は京都から東京へ出張することがたびたびあったので、これは便利だと思って、運行してもらいたい、その料金は、鉄道で行く場合より若干安くなる500円(そりゃ安ければ安いほど良いが、安すぎる料金の希望者ばかりだと、そもそも運行されないおそれがある)と回答した覚えがある。

K鉄Y駅から京都へのバスも、K阪直Qバスも、第二京阪⇒阪神高速京都線という同じルートを使い、M井山手はその途中である。

最後の京都でのルートが少し違う。K阪のバスは烏丸へ入り、いくつか停車して八条口のK阪ホテル前へ行くが、K鉄のバスは阪神高速京都線を山科方面へ少し進んで鴨川西で降り、河原町へ入る。途中停車はなく、都ホテル前へ行く。

バスは、K鉄Y駅を出て、35分でM井山手を通り過ぎる(速っ!)
もし、M井山手が停車場になり、そして運行時間が合えば、通勤にこのバスを使いたい。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん