骨付鶏

先日、丸亀にある「骨付鶏一鶴」で昼食をとったことを”ナウ”投稿したところ、珍之助さまから”いいなぁ~”のコメントをいただき、あらためて記事にしますとお約束したので。

同じ写真だけれど、高解像度阪で再アップ。
IMG_20150809_120751hd.jpg

スマホからの投稿(”ナウ”版)では、画像の小細工がやりにくいので、ブログ・アプリが持っている画像縮小機能でアップ、レイアウト調整も何もない。PCで記事を書くにあたっては、高精細(といっても2MB以下)の写真をアップできる(画像をクリックすれば拡大)。

写真は、前の記事にも書いたように、画面左側の端っこの肉を一口齧りとったところ。(ブログ写真を撮り忘れてあわてて撮った次第)
これは親鳥、1008円である。この他にはひな鳥がもう少し廉価で供される。私はいつも親鳥を注文する。堅い肉だが、地鶏の味わいがあるから。ひな鳥ももちろん食べたことはあるが、こちらも味付けは、大量の香辛料を使っており、普通の骨付き足のグリルとは味わいは全く違う。ただし、肉の深いところはひな鳥では普通のグリルチキンに近い。その点、親鳥は、徹底的に地鶏である。

写真でわかるように、大量の油が皿に溜まっている。鶏から出る油だけではなく、油をかけて焼いているのだと思う。
親鳥は、あまりに肉が固いので、適当な大きさに切り目を入れてあり、手で骨を持って、歯でかみちぎって食べる。このため、まずは紙ナプキンを長細くたたんで、骨に巻き付けて手が汚れないようにする。そして齧り付く。
しかし、齧り付いても、絶対に、手で引きちぎるようなことをしてはいけない。そんなことをすると、肉が引きちぎられるときに、肉にたっぷりかかっている油が飛散して、悲惨なことになる。自分だけであればまだしも、へたをすると周囲の他人に思いっきり油をかけることになる(そしてニンニクを含んだ香辛料たっぷり油はそう簡単には落ちない)。十分注意して、慎重に噛み切らなければならない。

一鶴は、店のポリシーとして、ナイフ、フォークは頼んでも出さない。必ず手づかみ。なお、お箸は置いてある。これはサイドメニュー(おにぎりがおすすめ。油ぎって、塩、香辛料をたっぷり含んだ鶏の口直しには白ごはんが良い)のためであろう。
なお、生キャベツは鶏についてくる(写真にはそのキャベツを齧ったのが写ってる)。おにぎりがなくても、このキャベツが油・塩・香辛料の強さを弱め、次の一口を新鮮なものにしてくれる。

珍之助さまはケンミンSHOWで見たとのことであるが、私が骨付鶏を知ったのは、今から、20~30年ぐらい前、丸亀(自宅は財田)の知り合い(四国人にはめずらしいグルメ、本物志向)が、送ってくれてから。一鶴自体の創業は、同社のホームページによると1952年となっているが、今のような骨付鶏だったのかはよくわからない。ブレークしたのは、だから、20年ぐらい前のことではないだろうか。

一鶴は大阪心斎橋にも出店している。今までに3度くらい、お世話になった方との食事などで使ったが、「初めて食べた、これはいける」、と好評であった。
心斎橋の店の味も丸亀とほぼ同じだと思う。というか、香辛料が強いから、レシピどおりに香辛料・油を配合し、同じ肉を使えば、微妙な味の差というようなもの出ないと思う。

一鶴の評判が知れ渡るようになると、あちこちで骨付鶏を供する店ができてくる。
家人の実家のすぐそばには「味鶴」という店があるし、半径500mぐらいに広げれば、味鶴を含め3店ぐらいある。先日行った琴平の街中にも数店あった。

で、一鶴以外の味はどうなのか、ということになるが、味鶴については、一鶴とあまり違わない。一鶴で修業したという噂も聞こえてくるからそれも不思議でないというか、それ以前に料理自体が、強い味のものだから、微妙な差はないと考えてよい。
ただし、店によっては、塩を控えめにして、塩気が足りない人は自分で塩を足すという方針のところもあるという情報もある。

で、私は20~30年前に初めて食べてから、ファン(といっても絶対に毎日食べられるようなものではないが)になっていて、ひそかな名物と思っていたのだが、7~8年前に、高松で全国の同業者が集まる会議があったとき、主催者から香川県の観光パンフレットなどが用意されていて、なんと、この中に骨付鶏がうどんに並ぶ讃岐名物として紹介され、数多くの骨付鶏の店が案内されていたのにはびっくりした。

「骨付鶏」は一鶴の登録商標となっている。一鶴のHPでも、持ち帰り用の折箱にもそう書いてある。
他店が剽窃するということではなく、観光パンフレットにまで、堂々と「骨付鶏」と表示して、他店の紹介もしているというのは、どういうことなのだろう。一鶴さんが、大変な太っ腹なのか、商標使用料をとっているのか。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

つばが…

出てきそうです。画像から匂いと温度を感じる珍です。
ケンミンSHOWでも地元じゃ親鳥が当たり前のように伝えていました。
六二郎さまがご指摘のとおり、やはり肉は固めで、油と香辛料の地鶏を堪能できないとあきませんな。
でもって、口直しにはごはんもいいですけど、キャベツでしょ、酒飲みには。

確かに食べるときに気をつけないと油が思い切り飛びそうですな。
そんなリスクがあったとしても是非とも食べてみたいです。

骨付鶏の薀蓄も幅広くしかも深いです。いやぁ、さすがタメになるブログですね。

Re: つばが…

ひな鳥はブロイラーではないかと思います。普通の肉料理であれば柔らかい方が高級になるのでしょうが、鶏に関しては、地鶏の方が希少性がある分、堅い肉でも、高い値付けになっているのだと推測します。

> でもって、口直しにはごはんもいいですけど、キャベツでしょ、酒飲みには。
はい、おっしゃる通りです。
お箸がおかれているという記事の流れで、「おにぎり」と書きました。メニューには「とりめし」(炊き込み)もありますが、これでは口直しにはなりそうにありません。
口直しというわけではありませんが、また、どちらが主であるか議論のあるところですが、合うのは勿論ビールです。

一鶴はオンライン・ショッピングもやってます。本文に書いたように、強い味ですから、通販商品でも結構おいしくいただけます。(家で食べる場合、ナイフ、フォークで切り刻んでも文句を言われないというメリットがあります。歯が悪くなったら家でしか食べられないかも。T中のO岡さんにはそれでも無理かも。)


No title

珍之助さまから追加のコメントをいただき、私もそれにリコメントしたのだが、何故か記事のコメント欄に反映しない。
本コメントは、ちゃんとfc2が動いているかチェックのため。

手動入力

前のチェックのためのコメントは記事に反映したが、その前のコメントはあいかわらずなので、ここでまとめて、いただいたコメントと、私のリコメントを入れておく。

------------------------------------------------
珍之助:
No title
やっぱり、若鶏より親鳥ですよね。

------------------------------------------------
六二郎。:
Re: No title
> やっぱり、若鶏より親鳥ですよね。
珍之助さまも、JKよりJuKu ですか。
手羽先も同じレシピで調理したらどうなるんでしょうね。

------------------------------------------------

以上。しっかりしてよFC2さん。

コメント投稿動作不良

昨日からコメントを投稿していただいても記事に反映しない状況が頻繁に起っている。
コメントは即公開にしているつもりだし、コメント管理でもすべて承認済みになっている。

このコメントはテストを兼ねて、スマホから投稿。

スマホからなら即反映のよう

前のコメントの続き。
スマホから投稿すると即反映するようなので、今、表示されてないコメントを再掲。

----------------------Re: たぶん

> そのコメントは珍ではないですね…。
> どなたか純粋に骨付鶏もしくは鶏肉をお好きな方の素敵コメントかと。
あらためてコメント管理画面を見ると、たしかに投稿者名が入っていませんでした。
てっきり、いつもコメントをいただく珍さまと思い込みました。
(いかにも珍さまの言いそうなことだったし)

どちらさまかわかりませんが、コメントありがとうございました。
そして失礼をお詫びします。

> それは「手羽先」に思い切り香辛料をまぶしてみたい…というアブナイ願望なのでしょうか。
油とね。

-----------------------
以上。
ということで、コメントが反映されなくても私が止めてるわけではなく、FC2の問題とご理解賜りますようお願いします。

こちらからは

今のところ(というかここんところ)すんなりコメントが掲載されています。
NGワードだけではない、何かシステム的に投稿を止めるようなことがあるのでしょうか。
讃岐の呪い?(笑)

Re: こちらからは

現在は正常に動作しているようです。
> NGワードだけではない、何かシステム的に投稿を止めるようなことがあるのでしょうか。
それはないと思います。スマホでは即反映でしたし、端末環境が変わっているわけではありませんから。
なお、コメント自体は受け付けており、表示されていないだけです。

> NGワードだけではない、何かシステム的に投稿を止めるようなことがあるのでしょうか。
この「障害」を機に、あらためてコメント管理の設定を見直したところ、NGワードのフィルターがONになっていたことに気がつきましたので、OFFにしました。これで薔薇族も百合族も通ると思います。

お騒がせしました。

コメントが表示されないと騒ぎましたが、なんのことはない、別の記事についたコメントを勘違いしていただけで、普通に表示されていました。
要するに骨付鶏の記事が2つあったので、一方のコメントをもう一方へのコメントと錯覚して、そちらの記事を見ていただけでした。

ま、これを奇禍として、NGワードフィルタリングに気づいたので宜しとしましょう。

テストです。

あー、あー、ただいまコメント試験中。
NGワードフィルタリングが外れたというストレスのない状況にあって、あくまで試験中ですのでコメントに意味はありません。

薔薇族
百合族
ホモ、レズ
熟女
淫乱
変態
ポルノ
無修正
手羽先
アホ、ボケ、カス

失礼しました。
OKであることを祈って発射します。

素晴らしい

完璧ですな。
これでストレスフリーですな(笑)
って、読まされるほうはストレスフルでしょうけども…。

Re: 素晴らしい

ストレスフル勃起ですな。
Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 Audio/Visual マイナンバー 

現在の閲覧者数
聞いたもん