敬老の日

本日は「敬老の日」。
敬老の日にちなんで、総務省が高齢化の統計をとりまとめている
  • 高齢者人口は3384万人、総人口に占める割合は26.7%と共に過去最高
  • 80歳以上人口が初めて1000万人を超える
  • 高齢者の人口移動で、東京都や大阪府などで転出超過
  • 携帯電話の普及率は高齢者世帯の方が高い
携帯電話の普及率が高いのは一見意外に思うが、スマートフォンを除くということで納得。


国民の祝日に関する法律によれば、「敬老の日 九月の第三月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。」とされる。

敬老の日が設定されたのは、昭和40年らしいが(実施は翌年)、そのときは9月15日と日付が固定されていた。その後、ハッピーマンデーということで、平成15年から今の9月の第三月曜日となった。

kishiwadadanjiri.jpg 9月15日のときは、岸和田だんじり祭が毎年この日で、岸和田市民に言わせれば、「だんじりが先や、向こうがだんじりに合せよってん」であったのだが、今の9月の第三月曜日になってからは、だんじり祭の方が敬老の日の直前の土日と日を変えてしまった。

ところでハッピーマンデーの導入については、学校関係者は結構困ったらしい。週間の時間割でカリキュラムが組まれていて、祝日はくじ引きにあたるようなものだったのが、優先的に月曜が休みになってしまうから、特定教科の授業時間数が不足するおそれが出てくる。年間を通じて授業計画を立てるのは当然だが面倒なことには違いない。

私はまだ、多くの社会制度や統計などでの高齢者の定義(65歳以上)にはあてはまらないのだけれど、何といっても定年退職者の再就職であるから、今の職場では最高齢である。老いてますます元気、ということにしておこう。

のび盛り生意気盛り花盛り 老い盛りとぞ言はせたきもの

築地正子 「みどりなりけり」


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん