再来年の大河ドラマは井伊直虎

気が付いたら、再来年のNHK大河ドラマは「おんな城主 直虎」になったと報道されていた。
主人公 井伊直虎を演じるのは柴咲コオということである。

iinaotorakaou.jpg 井伊直虎は、以前「歴史秘話ヒストリア」でとりあげられている。
「それでも、私は前を向く~おんな城主・井伊直虎 愛と悲劇のヒロイン~」というタイトルだった。

正直、この番組でとりあげられるまでこの歴史上の人物については知らなかった。
決して、男をおしのけて城主になったわけではなく、男に人材を欠いた井伊家にあって、そういう役回りをしなければならなかったというものだが、その役を期待以上にこなし、後の井伊家の礎となったという理解。
田舎城主であり、派手さはないけれど、戦国を着実に生き抜いたというところだろう。

Wikipediaによれば、直虎を主人公とした小説も2つばかりあるようだ。
なかなか興味深い話なのだが、やはり戦といっても田舎のそれで、天下を左右するような大戦ではないと思う。
どう、視聴者の興味を惹き、維持するか、それがやはり課題だと思う。

田舎の小領主、国人が、家の存続のために働き、戦った話はたくさんあったに違いない。歴史秘話はそれぞれにあった。直虎が関心の的となるのは、やはり女性であること、加えて井伊家という、徳川四天王から幕末の大老までという圧倒的な家系の始まりであること。

「花燃ゆ」により、女性を主人公にして、イケメンを揃えるような安易な企画では、視聴率はとれないことが実証されている。(別に視聴率などとれなくても良いけれど。)
この不人気の一因は、史実から離れすぎているということではないかと思う。今度は、戦国専門の小和田哲男先生が考証するのじゃないかと勝手に想像しているが、歴史ファンに応えられる、考証のゆきとどいたストーリー、情景描写で、視聴者をうならせるような、辛口のサポートを期待したい。
さて、どうなるだろう。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ひめは…

私は、井伊直虎なる人物の存在をゲームで初めて知りました…σ(^_^;)

Google大先生に「戦国無双 井伊直虎」で尋ねてみてください。
画像がいっぱいヒットするハズです。
胸のホクロがエロいです。(←初めて見た時に、「こんなキャラ設定をするのか!」と、ひめは感動しました。笑)
なお、見た目の年齢的には六二郎さまのお好みではないかもしれません。
(笑)

Re: ひめは…

珍之助さまかと疑うようなコメント、ありがとうございます。

早速、Google大先生に教えを乞い、画像検索もしてみました。
同じキャラに見えない画像もあるようですが、どれがホンモノなんでしょう。

> なお、見た目の年齢的には六二郎さまのお好みではないかもしれません。
ハイ。
ですので「胸のホクロ」にのみ注目しました。
見える画像もありますが、確認できないのが多いですね。
胸のホクロに感動するためには、やはりゲームをやらないとだめでしょうか。

私は、PC98時代の「信長の野望」が最後で、今どきのゲームにはついていけそうにありませんが、若い女性がはまって、ゲームをきっかけに歴女になったという話もよく耳にします。
コーエーはこのシリーズをずっと追求し続けているようで、歴女の要請、戦国観光の振興、歴女目当ての野郎どもの消費刺激と、かなり我が国経済に貢献してそうですね。







> 私は、井伊直虎なる人物の存在をゲームで初めて知りました…σ(^_^;)
>
> Google大先生に「戦国無双 井伊直虎」で尋ねてみてください。
> 画像がいっぱいヒットするハズです。
> 胸のホクロがエロいです。(←初めて見た時に、「こんなキャラ設定をするのか!」と、ひめは感動しました。笑)
> なお、見た目の年齢的には六二郎さまのお好みではないかもしれません。
> (笑)

えっとぉ…

珍はかようにエロくはございませんが…(苦笑)

珍も画像検索しました。左胸の麓にほくろがございました。
確かにエロいです。ちなみにバスタオルを巻いた「特別衣装」はもはや戦国武将ではございませぬが…。

井伊直虎に関しては珍も名前しか知らず(女性であることは存じてましたが)六二郎さま同様NHK『歴史秘話ヒストリア』で詳細を知ったしだいです。あれは大河ドラマへの伏線だったわけですね。

直虎の人間ドラマはそれなりに起伏に富んでそうですが、戦としては知名度の低い地方戦なのでクライマックスをどう持ってくるかが難しそうですな。そうなるとNHK大河ドラマ史上屈指のエロ路線に一番槍をつけるしかないのでは?
柴咲コウにはやはり胸のほくろを再現してもらいたいと思います。

って、やっぱりそこに食いつきよった…と思われたでしょうね(笑)
珍も消費行動で経済貢献を果たしている一人です。

Re: えっとぉ…

> 珍はかようにエロくはございませんが…(苦笑)
師匠、そこ、るりひめさまにおしつけるつもりですか。

> 柴咲コウにはやはり胸のほくろを再現してもらいたいと思います。
るりひめさまのコメントのせいで、胸のホクロにばかり気がいきますな。
柴咲コウは武将っぽい表情もつくれて良さそうに思っていたのですが、
深田恭子あたりのふくよかな胸のほうがホクロが映えるのにと思うようになってしまいました。

追い詰めますな(笑)

>> 珍はかようにエロくはございませんが…(苦笑)
> 師匠、そこ、るりひめさまにおしつけるつもりですか。

大谷刑部好きのひめは性格、生き様ともにまさに戦国武将そのもののお方なので、オッサン的エロにも何ら動じられることはございませぬ。
そう思うと、ひめと井伊直虎のイメージがダブりますな。
真田昌幸を門前払いした真田信幸(信之)正室の小松夫人より井伊直虎、
吉野で義経と別れた静御前より、木曽義仲とともに戦った巴御前…
ってのが、るりひめ様のイメージですが、何か?

深キョンですかー。直虎のイメージがどんどん変化していっていますが(笑)珍もぜひ見たいと思いましたー。戦から帰ってきて甲冑を脱ぐシーン(実際は近習が外すのでそれがまた…)や傷・疲れを癒す温泉入浴シーンも確実に挿んでほしいですな。

v(^_^)v

思った以上の喰いつき具合、入れ食い状態、釣果に「してやったりv(^_^)v」と大満足なひめでございます。

特別衣装は笑いました。
(私も画像で確認したのみで、実際に購入はしておりません。念のため。)
どんなに激しいプレイをしても、落ちそうにないバスタオルと頭のアヒル。(笑)
「あるミッションをクリアをしたら、バスタオルが落ちます」とか「何時間プレイしたら、バスタオルが落ちます」という売り文句でストアに出したら、購入するプレイヤーが増えるかも…なんて思いました。(笑)
(あの特別衣装を発案した人とひめは仲良くなれそうな気がします。)

Re: v(^_^)v

解っていても釣られるのが男の性。
頻繁に入る怪しげなメールを「ひょっとしたら、まさかね」と名残惜しさを感じながら削除。

小松夫人は来年の「真田丸」で登場ですね。実父・義父があれですから、真田親子も頭が上がらなかったことでしょう。
「真田丸」では吉田羊が演じるとか。「ちっ」と舌打ちしながら嫁ぎ先の義父・夫をいじめる姿が見たいです。

このコメントを書きながら世界陸上の女子やり投げを見ています。
たくましく、美しい選手たちですねぇ。ぐっさ。
Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん