秋の蝶

IMG_20151019_070311-crop.jpg 家人が入院しているので、草木への朝の水やりが連日の日課になっている。

昨日、秋の寒い朝に庭に出ると、季節外れと言ってよいだろう、小さな蝶を見かけた。
自生しているイヌタデの花の上にちょこんととまっている。シジミチョウの仲間だろうか。

夏、あるいは昼間の活発な蝶とは異なり、そばへ寄ってもじっとしたまま。
デジカメの遅いシャッターでも一応、撮影可能。フォーカスがかなりあまいけれどご容赦。

何かの本で読んだ覚えがあるが、寒い朝に蝶がじっとしているのは、彼らの筋肉が低温では十分働かないためで、生理的なものだという。陽が体にあたれば温まって、本来の活発な動きを取り戻す。

「フリーズ!」と言わなくても、フリーズしている。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん