病院でも携帯電話を使っていいんだ

keitaikinshi.jpg 家人の入院時に、看護師さんから、病室で携帯電話は使わないでくださいと言われた。
すぐに「それは通話はダメということで、メールはOKですよね?」と聞き返した。答えはOKである。

数年前だったと思うが、やはり身内に入院者が出たときは、携帯電話は一切禁止だった。
理由は、携帯電話が発する電波が医療機器に悪影響を与えるからというもの。ただ、当時既に、実際に医療機器に影響を与えるのは、機器に密着させて置くような場合など、かなり限られた状況であることが報告されていたと思う。
病院の医療機器だけでなく、ペースメーカーへの影響もとりあげられていたが、これもかなり接近しないと影響しないことが報告されていたと思う。
そういうことだから、一人ぼっちになる患者の支えとして、携帯電話が使えるほうが医療的には好ましいのではないか、電子的な医療機器がそばにない場所なのに、そんなに杓子定規に考えるのは、むしろ有害だろうと反発したものだ。

携帯電話の電波問題については昔、調べさせられたことがある。
携帯電話のせいで飛行機が墜落したとか、まことしやかに伝えられていた。が、調べると決定的かどうかはもう一つ良くわからなかった。CDプレイヤーを起動して飛行機が墜落したというような話もある(今でも離着陸時は電子機器の使用は禁止だと思う)。前述の医療機器への影響は、そうやって調べているうちに知ったもの。
人体への影響についても調べられているが、電磁波をエネルギー波として考えているもので、携帯電話で通話中は脳の温度が何度上がるみたいな話で、そういう話で良いのだろうかとも思った。

携帯の電磁波に限らず、低周波の問題もいろいろ言われている。曰く、高圧線直下の住人にはガンが多いなど。これも疫学調査ではっきりクロというのはないようだった。

しかしはっきり安全と言うのはすごく勇気のいることである。いろんな災害が起こるたびに、こうなることを警告していたという人はたくさん出てくる。危険を警告することと、安全を保障することは、非平衡である。

だから、専門家でもない私は、携帯電話の電波が安全であるなどと言う勇気はない。脅かしても良くないのだけど。


keitainoshinshishin.jpg 近年は電車内での携帯電話の使用も、優先席付近電源オフから、混雑時にはオフに変わったようで、少し、冷静さをとりもどしたように思う。

今、病院での携帯電話は「解禁」されている。2014年8月に新しい指針が出ているそうだ。
電波については特に注意を要するICUなどを除いて問題視されておらず、むしろ通話マナーが重視されているようだ。冒頭に書いたように、病室での携帯電話禁止は、通話がマナー違反ということのようだ。(家人は個室だから制限なし)

私が入院するときは、病室でWiFiが使えるようになっていてほしい。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん